内容詳細

お気持ちに寄り添った
自由な散骨を

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 海洋散骨ナビ
  4. 「墓じまい」したあとに行う供養の方法とは? 海洋散骨・永代供養・納骨堂について
小さなお墓

「墓じまい」したあとに行う供養の方法とは? 海洋散骨・永代供養・納骨堂について

人生において、墓じまいは何度も経験することではないため、そのあとの遺骨をどのように扱えばよいかわからない方も多いのではないでしょうか。
今回は墓じまいやそのあとの供養方法についてご紹介します。

「墓じまい」とは?

墓じまいとは、墓石を片付けてお寺や墓地の管理者に敷地を返してお墓をなくすことです。
墓じまいを行う際はお墓から取り出した遺骨をどこへ、どのように納めるのかを考える必要があります。先祖代々守られてきたお墓のことですので、ご親族様と事前に話し合うことが大切です。

墓じまいを検討する方が増えている時代の背景

遠くまで続いている空と海

少子高齢化が進む近年では、さまざまな事情で墓じまいを検討する方が増えています。
例えば、「お墓を継いでいく人や墓守りがいない」、「墓石が遠方にあり、頻繁な管理が難しい」、「高齢になりお墓参りに行くのが大変になった」などが墓じまいをする理由として多くみられます。

墓じまいあとの遺骨はどのように供養するのか

墓じまいあとも供養し続ける方法は複数あるため、ご親族様一同で話し合いを行い、納得できる方法を選ぶと良いでしょう。
ここでは墓じまいのあとに供養する3つの方法について触れます。

どのような選択をするにしても、お墓から遺骨を取り出す際には市区町村の役所にて改葬許可証の交付を受ける必要がありますので、遺骨を取り出す前に行政で手続きを行いましょう。

永代供養(合葬・合祀)について

お墓の管理から供養までをお寺に任せることのできる永代供養。将来的に管理の手間がかからないことから選択する方の多い供養方法です。

管理や供養に関する費用を最初に支払うことで、そのあとの費用がかからないため負担を抑えることが可能です。しかし、ほかの方の遺骨と一緒に埋葬を行う合葬・合祀の場合は、遺骨を取り出すことができないので注意が必要です。

納骨堂、手元供養について

ほかの方の遺骨と一緒するということに抵抗がある方や、身近なところで供養したいという場合に選ばれる方が多い方法が納骨堂・手元供養です。

納骨堂は骨壷のまま収蔵する供養方法で、永代供養費のほかに維持管理費を定期的に支払い続ける必要があります。納骨堂はロッカー型や仏壇型などさまざまなタイプがあります。
手元供養は供養品を作る際にかかる費用のみなので、費用を抑えることが可能です。

海や山への散骨について

多様化する葬送方法のなかでも近年注目されている自然散骨。自然と一体化することを願い、海や山へ遺骨を散骨して供養する方法です。

永代供養と同様に将来的に金銭面での負担はありませんが、散骨できる場所が限られているため、業者に散骨を依頼する場合はその費用がかかります。また、散骨を行う際は粉骨を必ず行う必要があるので、粉骨費用もかかります。シーセレモニーでは、海洋散骨を行っております。

シーセレモニーで執り行う海洋記念葬

シーセレモニーではご遺族様のみで散骨を行うファミリー散骨と、スタッフが代行して散骨を行う代理散骨のふたつのプランをご用意しています。どちらのプランも粉骨する必要があり、粉骨費用は30,000円(税別)です。

ただし、遺骨の状態によっては粉骨前に洗浄や乾燥を行うことがありますので別途料金がかかる場合がありますので、お引き取りの際に遺骨の状態を確認させていただきます。

シーレモニーでは散骨のほかにも手元供養品のご準備もいたします。ご自宅の仏壇に置いておけるような小さな骨壷タイプ、身につけるソウルジュエリーなど多数ご用意していますので、ご希望の場合はお気軽にご相談ください。

海洋記念葬についてはこちら

ご遺族様が安心できる選択を

切り花と数珠

墓じまいのあと、故人様をどのようにご供養していくのかは、将来的な費用や供養をしていく方のこともふまえてきちんとご親族様みなさまで話していく必要があります。故人様を安心してお任せでき、ご親族様が納得できる供養方法をお選びください。

関連記事