LINEでご相談 お問い合わせ・お申し込み
03-6809-644724時間営業( 年中無休対応 )
海洋散骨ナビ
海洋散骨ホーム 海洋散骨ナビ 手元供養とは?知っておきたいメリットや方法について

手元供養とは?知っておきたいメリットや方法について

2022.03.09
手元供養
骨つぼとフォトフレーム

ライフスタイルの多様化に伴って、供養のかたちもさまざまな選択が可能になってきました。遺骨をお墓に納めず、一部あるいはすべてを手元に置く「手元供養」と呼ばれる方法を選ぶ方も少なくありません。

手元供養は供養のかたちとしては新しく、「どのような方法で行ったらよいのかわからない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは手元供養のメリットや方法、種類について紹介します。ぜひ参考にしてください。

手元供養とは

手元供養とは、自宅や身近なところに遺骨の全部または一部を保管して供養する方法です。

古くから遺骨はお墓に入れるのが当たり前と考えられてきました。ところが最近では、少子高齢化の影響や未婚率の増加など、お墓を継承したり、新たに建立したりすることをためらう方も増えています。

また、大切な人を亡くし、遺骨のすべてをお墓に入れず、いつもそばで感じていられるよう一部を身近に置いておきたいという方も少なくありません。そのような社会環境の変化やしきたりにこだわらない方が増えたことで、注目されているのが手元供養です。

手元供養のメリット

親子が手を合わせる

手元供養のメリットは、故人をいつも身近に感じられることです。定期的にお墓参りに行けないという方でも自宅でお参りができれば、そばで見守ってくれているという安心感を得られます。

また、お墓を購入する場合の費用や管理コストを抑えることも可能です。手元供養は広いスペースを必要としないので、将来、高齢者施設で生活したり、引っ越したりすることがあっても持って行くことができます。

手元供養の注意点

親子3人でお墓参り

年配者のなかには「遺骨はお墓に納めるもの」という従来のしきたりに沿った供養にこだわる方も多くいらっしゃいます。手元供養を行う場合は家族や親族と話し合い、理解してもらうことが大切です。

法律上、遺骨は必ずしも墓地に埋葬しなければならないものではありません。自宅や仏壇に安置して供養するは可能ですが、勝手に埋葬したり、処分したりはできません。手元供養をされる方が亡くなった際、その遺骨をどうするのかも考えておく必要があるでしょう。

手元供養の方法

手元供養にはさまざまな方法があります。一般的には手元供養品と呼ばれる遺骨の入れ物を用意して、ご遺族の暮らしにあった方法で供養します。

たとえば、手元に置ける骨壷や遺骨を入れて身に付けられるアクセサリーなど、それぞれの気持ちが一番落ち着く方法を選んで供養することが可能です。

骨壺

kanata

遺骨や遺灰を収める骨壺は、さまざまなデザイン・素材・大きさがあり、種類も豊富です。

アクセサリー

ペンダント

どこにいても常に故人を身近に感じたい方に人気です。デザイン性も高く、気に入ったものを身に着けられます。

インテリア商品

手元供養品ころん 海洋散骨

骨壺だと気づかれたくない方のためには、見えない場所に収められる仏壇やミニ骨壺を収められるフォトスタンドなどもあります。

シーセレモニーの手元供養品

大都会と海

シーセレモニーでも遺骨の一部を手元に残しておける、ミニ骨壺やソウルジュエリーなど、ご遺族の気持ちに寄り添う、おしゃれな手元供養品を多数取り揃えています。

お墓を建立せず供養したい方は、手元供養で故人を偲び、残った遺骨の散骨を検討されてはいかがでしょうか。また、最終的に遺骨を処分する場合でも散骨は適切な方法としておすすめします。海洋散骨に興味のある方は、ぜひシーセレモニーへご相談ください。


この記事が気に入ったら
「いいね!」
お問い合わせ・お申し込み
ご料金のことやご日程など、お客様のご要望に沿って海洋散骨の詳細を決めていきます。
ご不明点やご相談も弊社のコンシェルジュが丁寧に対応させていただきますので、お気軽にお問合せ下さい。
お電話でのお問い合わせ
03-6809-644724時間営業( 年中無休対応 )
LINEでのご相談
お問い合わせ・お申し込み