内容詳細

お気持ちに寄り添った
自由な散骨を

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 海洋散骨ナビ
  4. 献酒とは? 正しい作法を知って故人を供養
献酒用の酒棚

献酒とは? 正しい作法を知って故人を供養

献酒(けんしゅ)とは何か知っていますか。慶弔(けいちょう)の行事とお酒は古代より深い縁があります。特にお酒は神事(しんじ)に欠かせません。

たとえば、慶事(けいじ)では結婚式や祭りなど、神様に関わるにぎやかな行事にお酒が利用され、弔事(ちょうじ)では葬儀や法事などにお酒がふるまわれます。

しかし、なぜ慶弔の行事でお酒が用いられているのでしょうか。今回は慶事、弔事の場で使われる献酒について、どのような意味があるのかご紹介します。

献酒とは

献酒された酒樽

献酒とは、神前、仏前、霊前などにお酒を供えることです。日本では古来より、お酒は宗教儀式や祝事・慶事などで大きな役割を果たしてきました。

お酒を神に供えることで豊かな収穫や無病息災を祈り、お供えしたお酒をいただくことで厄を払います。また、お酒は神と人々を結びつけるという大切な役割を担う神聖なものでした。そのため、現在でも神社にお酒を納める際は「献酒」として納めます。

意味を知らずとも、神社やお寺などに足を運び、献酒をされた方も多いではないでしょうか。献酒には神様にまつわる多くの意味があります。

献酒の種類

神社にある献酒された酒樽

神仏にお供えを納めることを奉納(ほうのう)や奉献(ほうけん)といいます。

納める品はさまざまですが、お酒の場合は「献酒」、それ以外のものは奉納を使うのが一般的です。また、献酒は用途によって呼び方が変わることがあります。主に地鎮祭、起工式などで自分の土地の神様に供えるお酒を奉献酒(ほうけんしゅ)と呼びます。

神様へお酒を納める意味では同じですが、シーンに応じて呼び方が異なります。

献酒の仕方

献酒用のお酒と熨斗がかけられた酒瓶

神社にお酒や食物などをお供えするときは熨斗(のし)を掛けます。熨斗紙に「奉納」「奉献」と書くのが一般的です。

祈願や厄払いのために自分で神社に物品を納めに行く場合は奉納と書き、厄除けのお礼に行く場合は奉献と書きます。慶事の場合は、従来角樽を納めるのが一般的でしたが、近年では一升瓶2本が一般的です。地域によっては1本でする場合もあります。

故人を供養する海洋散骨と献酒

うっすらと見える都会と広大な海

献酒は神様に納めるだけに留まらず、故人に対しても供養方法として活用されています。

海洋散骨では海に故人の遺骨をまき、亡くなった方を供養しますが、その儀式のなかにはお酒をまく、つまり「献酒」も行っております。

かつてより日本酒は神様にお供えしたり、お清めしたりする際に使われている神聖なものです。海洋散骨でも海を「清める」という意味合いで献酒を行っています。

献酒しているお父さん

シーセレモニーの海洋散骨ではクルーザーで沖まで行き、散骨ポイントでご遺骨をまきます。併せて、献花・献酒を行い、故人を見送ります。その後、散骨した海域の周囲を3周旋回し、最後に汽笛を鳴らしてお別れします。

儀式の一つひとつが故人様への供養となり、ご遺族様の悲しみが癒やされるよう心を込めてお手伝いさせていただきます。法要で故人を供養したい方には「年忌法要クルーズ」を案内いたします。海洋散骨で故人を供養したいとお考えの方は、シーセレモニーへお問い合わせください。

関連記事