内容詳細

お気持ちに寄り添った
自由な散骨を

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 海洋散骨ナビ
  4. 故人様を近くに感じられる手元供養とは?ご遺骨の粉骨はどうすれば良い?
桜とお墓

故人様を近くに感じられる手元供養とは?ご遺骨の粉骨はどうすれば良い?

先祖代々受け継がれてきたお墓でも、維持や管理が大変と感じている方は少なからずいらっしゃいます。
お墓の管理について悩んでいる方やお困りの方は手元供養の選択肢もあります。
今回は、手元供養とはなにか、また供養に必要な粉骨について解説します。手元供養品についてもご紹介しますので参考にしてください。

お墓を持たないという選択肢

これまでは、故人様のご遺骨を埋葬する場所としてお墓が一般的でした。
しかし最近では、維持費を払い続けるのが難しかったり、お墓を管理する後継者がいなかったりといったさまざまな理由で、お墓を持たない方が増えています。

また、後継者がいても住んでいる場所が遠ければ足を運ぶことも難しいでしょう。経済的な理由でお墓を持たないという方もいらっしゃいます。
そのような場合、お墓を持たずに供養できる方法として手元供養があります。

手元供養とはどのようなもの?

菊の花

手元供養とは、故人様のご遺骨を小さな骨壺やアクセサリーに入れ、身近な場所で供養する方法です。

手元供養の大きなメリットは、故人様をいつも近くに感じられるため、寂しさを和らげてくれること。宗教に関係なく供養できるのもポイントです。また、自宅に大きな仏壇を置くスペースがない方にもおすすめです。
「高齢になり、お墓を管理するのが難しくなってきた」と感じた方は、お墓供養から手元供養に切り替えるのも良いでしょう。

お墓に埋葬するご遺骨とは別に、身につける分だけ手元供養にしたいという場合は、分骨という形も可能です。

手元供養に必要な粉骨作業

ご遺骨を手元供養にする際は、粉骨作業が必要となります。しかし、自分の手で粉砕するのは、ためらいや申し訳なさを感じてしまう方もいるでしょう。そのため、粉骨を行っている専門業者に依頼するのが最善の方法です。

お墓に埋葬していたご遺骨は、湿気で水分を含んでいる、汚れているといったこともありますので、洗浄や乾燥まで行ってくれる業者だとなお良いでしょう。

依頼してから手元に戻るまで時間がかかったり、オプションで費用が高くなったりする場合もありますので、複数の業者を見てから選ぶことをおすすめします。費用を抑えたいのか、少しでも早く手元に欲しいのかなど、条件を絞ると選びやすくなります。

ご遺骨を入れるための手元供養品

粉骨されたご遺骨は、手元供養品へ移します。

手元供養品にはさまざまな大きさやデザインのものが豊富にあるため、置く場所を考えたサイズや身につけやすいものなど、自分の納得できる品を選びましょう。

自宅に置くタイプなら小さな骨壷が一般的です。
身につけるタイプは、ペンダントやリング、ブローチなどのアクセサリーが主流です。

手元供養だけでは不安を感じてしまう方へ

手元供養だけを考えていたけれど、故人様をお見送りする形でも供養したいという方は、海洋散骨がおすすめです。

シーセレモニーでは、貸切のクルーザーで散骨ができる「ファミリー散骨プラン」をご用意しています。ご遺族様の手で散骨したあと、献花や献酒、黙祷などを行う葬送セレモニーができ、故人様の旅立ちをみなさんでお見送りしていただけます。

30,000円(税別)から粉骨サービスも承ることができますので、散骨と手元供養とで粉骨も可能です。また、ミニ骨壷やアクセサリーなどの手元供養品もそろえております。

手元供養や散骨は現代に合った供養方法

少子高齢化が進む現代では、先祖代々受け継がれてきたお墓の維持や管理が困難になっている状況があります。そのような背景から、ご遺族様の負担を軽減しながら故人様を供養する方法として、手元供養が注目されています。

手元供養だけでは寂しいと感じるのであれば、海洋散骨も検討してみてください。

シーセレモニーではファミリー散骨プランだけでなく、ご遺族様の代わりに散骨を行う代理散骨プランもあります。遠方の方や船が苦手な方でも安心のプランです。

手元供養や海洋散骨をご検討の方は、ぜひ一度お問い合わせください。

関連記事