内容詳細

お気持ちに寄り添った
自由な散骨を

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 海洋散骨ナビ
  4. 海へ散骨するには?知っておくべき散骨時の注意点や散骨の流れ・価格相場について
チェックリストやカレンダーなど

海へ散骨するには?知っておくべき散骨時の注意点や散骨の流れ・価格相場について

「家族のお墓を先祖代々守っていく」これまではそのような生活が当たり前でした。しかし、最近では新しい埋葬方法として海や山への散骨を選択する方も多くいます。

そのなかでも増えているのが、自然を愛していた故人様が「死んだら海に還りたい」と生前に希望し、ご遺族様が海洋散骨を執り行うケースです。そこで今回は故人様の願いを叶え、ご遺族様にとって納得できる海洋散骨をするにはどのように進めたらよいのか、費用の目安や散骨の流れなどをご紹介します。

海洋散骨とは

富士山と海

海洋散骨とは、ご遺骨をお墓に埋葬するのではなく、海にご遺骨をまいて供養する方法です。故人様の火葬を終えた後、ご遺骨を細かい粉状にしたうえで海へまき、献花や献酒などを行い供養します。

海洋散骨は故人様の新しい旅立ちです。故人様が海に還る日がご遺族にとっての新しい記念日となるように願い、シーセレモニーでは海洋散骨のことを「海洋記念葬」と名付け、心に残る葬送セレモニーをサポートしています。

海洋散骨は法律で認められている?

献花

散骨自体は違法ではありませんが、いつどこででも自由に行えるわけではなく、節度を持って散骨することが求められています。

そのため、ご遺骨を粉砕しパウダー状にしてから行うことが前提で周りの人の迷惑にならない場所で行うのがマナーとされています。法律で細かい規定が定められていないとはいえ、散骨を行う際はさまざまな点に配慮することが重要です。

海洋散骨の特徴やおすすめポイント

夕日に照らされた海と街並み

海洋散骨は自然に還りたいという願いを叶えられることから、生前より希望される方も少なくありません。また、お墓の購入や維持を必要としないため、以下のように方におすすめです。

  • ・後継者のいない方
  • ・子どもや孫に将来的な負担をかけたくないという方
  • ・宗教やしきたりにこだわらず、自由な葬送や供養を考える方

「海に還りたい」「海が大好きだから遺骨を撒いてほしい」など、人の想いはさまざまです。

その想いをつなぐために海洋散骨を行います。ほかにも、いろいろな事情によってお墓がない方の供養方法としても活用されています。

海洋散骨の主な流れ

浅瀬の海と山

海洋散骨を行うまでの一般的な流れは以下のとおりです。

  1. 1.ご遺骨を散骨
  2. 2.花びらを献花
  3. 3.お酒を献酒
  4. 4.海域を3周して最後のお別れ
  5. 5.その後、定期的に供養を行う

まずは故人様のご遺骨をご用意いただき、海洋散骨業者に依頼して散骨できる海域まで連れて行ってもらいます。次に散骨しても問題ない場所でご遺骨を散骨します。

献酒しているお父さん

その後、お花とお酒で献花・献酒を行い、黙祷。最後に海域を3周して故人様とお別れを行います。海洋散骨では、故人様が安らかに眠れるように願い、お別れのセレモニーとして一つひとつを丁寧に執り行います。

海洋散骨の進め方

白い花と骨壺

海洋散骨は自分でも行えますが、一般的には海洋散骨業者へ依頼し行います。自分自身で船・クルーザーを用意して運転できるのであれば問題ありませんが、大抵の場合は海洋散骨業者へ依頼したほうが早く行えます。ここでは基本的な海洋散骨の進め方を紹介します。

  1. 1.海洋散骨業者選定
  2. 2.プラン・オプションを選定
  3. 3.お見積り
  4. 4.契約締結
  5. 5.散骨日

最近では海洋散骨を専門的に扱う業者も増え、どこへ依頼したらよいか迷う方もいます。住んでいる地域によって海洋散骨業者は変わりますが、選定ポイントの一つが散骨場所です。故人様が希望する散骨場所がある場合は、その海域で散骨を行う業者を候補として検討するのも良いでしょう。

また、シーセレモニーでも海洋散骨サービスを展開しております。上記に紹介したとおり、プラン・オプションを選んでいただき、お見積り後に海洋散骨が行えます。

海洋散骨の種類と費用

夫婦が男性に相談

海洋散骨の費用は散骨方法によって大きく異なります。

海洋散骨の種類 費用相場
個人散骨/貸切散骨 150,000〜400,000円程度
合同散骨 100,000~200,000円程度
委託散骨/代理散骨 35,000~100,000円程度

できるかぎり費用を抑えたいならご遺族様に代わって海洋散骨業者に散骨をしてもらう『委託散骨/代理散骨』がリーズナブルです。選ぶプランによって異なりますが相場は3.5~10万円程度です。

複数の家族と一緒に船に乗り合わせて行う『合同散骨』では、10~20万円程度。1家族のみで船を貸切って行う『個人散骨/貸切散骨』の場合は、15〜40万円程度かかります。個別散骨の相場の幅が大きいのは、貸切にする船の大きさにより費用が変わるためです。

シーセレモニーでは、委託散骨が38,500円(税込)とリーズナブルな価格設定です。個別散骨でも平日9万9000円(税込)からご案内しています。

▼シーセレモニーのサービス価格例

サービス名 費用
ファミリー散骨(個人散骨/貸切散骨) 99,000円~(税込)
合同乗船散骨(合同散骨) 132,000円(税込)/1組様
委託散骨/代理散骨 38,500円(税込)
年忌法要クルーズ(個人散骨/貸切散骨) お見積りが必要
生前予約 代理散骨プラン
66,000円(税込・粉骨代含む)ファミリー散骨プラン
132,000円(税込・粉骨代含む)
ペット散骨 飼い主の故人様と同時に散骨する場合(ご乗船)
22,000円(税込)飼い主の故人様と同時に散骨する場合(代理)
+16,500円(税込)ペットのご遺骨を単独で散骨する場合(ご乗船)
88,000円~(税込)ペットのご遺骨を単独で散骨する場合(代理)
38,500円(税込)

※サービス価格はプラン・オプション、クルーザー等によって変動します

海洋散骨に必要な手続きや注意点

若い女性、受付、フロント

実は海洋散骨には必要な許可や手続きはありません。海洋散骨業者へお見積りを取り、ご契約後締結後はそのまま散骨できます。

ただし、すでにお墓に埋葬しているご遺骨を取り出して散骨する場合や散骨を専門業者に依頼する場合は「火葬許可証」「埋葬許可証」「改葬許可証」などが必要になります。ほかにも以下のようにいくつかの注意点がありますので、併せて押さえておきましょう。

散骨前には粉骨作業が必要

粉骨前にご遺骨に黙とうを捧げるスタッフ

散骨するには、必ず粉骨しなければなりません。ご遺骨を約2ミリ以下になるように粉骨するのが一般的なマナー。

作業自体は簡単そうですが、全てをパウダー状にするのは大変ですので専門業者に依頼するのがスムーズで確実な方法です。

桐箱に収められた粉骨済のご遺骨

シーセレモニーでは33,000円(税込)から粉骨サービスを行っております。ご遺骨が水分を含んで、洗浄や乾燥を行う場合は別途16,500円(税込)がかかります。

専用機器で粉骨したあと、海洋散骨に適した水溶性の紙袋に個包装いたしますのでご遺族様の負担も少なくて済みます。

散骨を避けたほうが良い場所

海

散骨する際に避けておきたい場所が3つあります。海洋散骨業者に依頼する場合は問題ありませんが、個人で行う際は注意しておきましょう。

(1)所有者がいる土地
海に所有者はいませんのでお好きな海域で散骨できますが、特に山に散骨する場合、国や県、個人などそれぞれ所有者がいます。

自己判断で実施せずに事前に確認して許可を得るようにしましょう。

(2)影響を与えてしまう可能性がある場所
漁場や養殖場として使われていたり、生活用水として使われていたりする水源のある場所での散骨は、利用者や住民に不快な思いを与えてしまうことがありますので適していません。

また、散骨では思い出の品や手向ける品を一緒にまくことができますが、必ず自然に還るものを選びましょう。

(3)自治体が禁止している地域
トラブル防止や観光地のイメージを保つために、条例や規制を設けていたり、指針を制定していたりする自治体があります。

また、岸から遠ければ良いという考えから自分でボートをこいで行くのも事故につながる危険性がありますので注意が必要です。

シーセレモニーでは日本海洋散骨協会のガイドライン に合わせて、海洋散骨サービスを提供しております。これらのガイドラインには参加者の安全義務や自然環境への配慮などのルールがあり、それらに則って運営しています。

最も安心できる方法は海洋散骨業者へ依頼すること

若い夫婦が女性プランナーに相談しているシーン

ここまで海洋散骨業者・個人問わず解説しましたが、散骨を希望する人のなかには「大切な人の供養は業者に頼むことなく自分で散骨したい」と考える人もいるのではないでしょうか。

個人で行う散骨はややハードルが高い

老夫婦が女性に相談

個人で散骨をするには準備や知識が必要です。周囲の目が気にならないような散骨場所を選んだり、ご自身で沖まで出かけたり、さまざまな問題をクリアしなければなりません。

昨今ではさまざまな海洋散骨のサービスが充実してきています。豊富な情報と経験を持った海洋散骨業者に依頼する方法は手間がかからず、安心して散骨できる方法といっても良いでしょう。

海洋散骨プランの人気も高くなってきている

青い海

多くの海洋散骨プランでは、海に散骨を行うだけではなく、故人様とのお別れの時が思い出深いものになるようなセレモニーを執り行なっています。

散骨の後の献花や献酒、食事などをオプションで追加できる場合もあります。

ビュッフェ形式の会食プラン

また、散骨した海域の緯度・経度を記した散骨証明書が発行されることもあります。

散骨場所の記録があれば、年忌法要の際にその海域を訪れて故人様を偲ぶこともできます。初めてで不安を感じるような散骨の場合でもご遺族様の負担を軽減できて、当日も安心して散骨できます。

海洋散骨を専門とするシーセレモニー

船のデッキにいる人と夕日

シーセレモニーでは、全国海洋散骨協会が定める所定のエリアで散骨を執り行っています。場所は東京・横浜・湘南の3つのエリアです。

どのエリアにおいても岸から遠く、周囲に迷惑をかける心配もありません。ゆっくりと故人様との最後の時間をお過ごしいただけます。

エリア詳細はこちら

クルーザー・散骨シーン・献花

散骨を選ぶ理由は人によってさまざまです。それぞれのご意向に合わせ「ファミリー散骨プラン」「合同乗船散骨プラン」「代理散骨プラン」の3つの散骨プランよりお選びいただけます。

ファミリー散骨プランでは、乗船人数や理想の散骨のイメージに合わせてクルーザーを選ぶことも可能です。大人数での散骨を希望される場合でも最適なクルーザーをご用意します。また、オプションを利用すれば、散骨の後の献花や献酒、食事などの追加はもちろん、生花で作成された祭壇の用意も可能です。

経験豊富なコンシェルジュがご遺族様のご意向をお伺いし、丁寧にプランを作成いたします。プランや費用など、気になることがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事