内容詳細

お気持ちに寄り添った
自由な散骨を

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 海洋散骨ナビ
  4. 海へ散骨するには?知っておくべき散骨時の注意点や手続きについて
チェックリストやカレンダーなど

海へ散骨するには?知っておくべき散骨時の注意点や手続きについて

新しい埋葬方法として、海への散骨を選択する方も多くいらっしゃいます。散骨するには手続きが必要なのか、事前に確認しておきたいところ。今回は、散骨を行う際の注意点を解説するとともに、シーセレモニーの海洋散骨プランについてもご紹介します。

散骨は法律で認められている?

散骨とは、ご遺骨をお墓に埋葬するのではなく、海や山などにご遺骨をまいて供養する方法です。

散骨自体は違法ではありませんが、節度を持って散骨することが求められています。そのため、ご遺骨を粉砕しパウダー状にしてから行うことが前提で、周りの人の迷惑にならない場所で行うのがマナーとされています。

法で定められていないとはいえ、散骨を行う際はさまざまな点に配慮することが重要です。

散骨を避けたほうが良い場所

夕日に照らされた海と街並み

散骨する際に気をつけたい場所や避けておきたい場所が主に3つあります。

1、所有者がいる土地
特に、山に散骨する場合、国や県、個人などそれぞれ所有者がいますので、自己判断で実施せずに事前に確認して許可を得るようにしましょう。

2、影響を与えてしまう可能性がある場所
漁場や養殖場として使われていたり、生活用水として使われていたりする水源のある場所での散骨は、利用者や住民に不快な思いを与えてしまうことがありますので適していません。

3、自治体が禁止している地域
トラブル防止や観光地のイメージを保つために、条例や規制を設けていたり、指針を制定していたりする自治体があります。

気持ちよく故人様をお送りできるよう、ルールはしっかり守りましょう。

海へ散骨する場合の注意点

散骨場所として、多く利用されているのが海です。海であれば所有地という考えを気にする必要はありません。

しかし、海水浴場や多くの人が訪れる海辺、漁場、養殖場などでの散骨はトラブルの原因になりますので、よく考えてから場所を決めましょう。また、岸から遠ければ良いという考えから自分でボートをこいで行くのも事故につながる危険性がありますので注意が必要です。

業者を利用すれば、クルーザーで人目につかない場所に行って散骨できるため安全面でもおすすめです。また、思い出の品や手向ける品を一緒にまくことができますが、必ず自然に還るものを選びましょう。

散骨前には粉骨作業が必要となる

骨壺と花

散骨するには、必ず粉骨しなければなりません。ご遺骨を約2ミリ以下になるように粉骨するのが一般的なマナー。作業自体は簡単そうですが、全てをパウダー状にするのは大変ですので、専門の業者に依頼するのがスムーズで確実な方法です。

シーセレモニーでは30,000円(税別)から粉骨サービスを行っております。

ご遺骨が水分を含んで、洗浄や乾燥を行う場合は別途15,000円(税別)かかります。専用機器で粉骨したあと、海洋散骨に適した水溶性の紙袋に個包装いたしますので、ご遺族様の負担も少なくて済みます。

散骨するために必要な手続きとは

散骨前に何を準備すれば良いか気になるところですが、実は散骨に関して必要な許可や手続きはありません。

ただし、すでにお墓に埋葬しているご遺骨を取り出して散骨する場合や、散骨を専門業者に依頼する場合は、「火葬許可証」「埋葬許可証」「改葬許可証」などが必要になることがあります。

自治体から許可証を発行してもらうのに時間がかかる可能性も考えて早めに動きましょう。

業者へ依頼することが最も安心できる方法

個人での散骨は可能ですが、やはり業者に依頼するのが良いでしょう。ご遺族様の負担を軽減できて、当日も安心して散骨できます。

シーセレモニーでは、乗船人数に合わせてクルーザーを選ぶことが可能です。大人数での散骨を希望される場合でも、最適なクルーザーをご用意できます。また、粉骨から散骨まで、ご遺族様が故人様とのお別れに専念できるようスタッフがお手伝いいたします。

東京・横浜・湘南の3つのエリアでの散骨が可能です。どのエリアにおいても岸から遠く、周囲に迷惑をかける心配もありません。ご遺族様もゆっくりと故人様との最後の時間をお過ごしいただけます。

詳しいエリアについては、シーセレモニーのホームページをご覧ください。

散骨エリアの詳細はこちら

海洋散骨を専門とするシーセレモニー

船のデッキにいる人と夕日

法で決められた規則もなく自由に行える散骨ですが、マナーを守り周りの人に配慮した場所で行うことが大切です。

故人様を温かな気持ちでお見送りできるように、しっかりと節度を持って適切な散骨の実施を心がけましょう。

関連記事