内容詳細

お気持ちに寄り添った
自由な散骨を

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 海洋散骨ナビ
  4. 海洋散骨を代行してもらいたい場合、どこを確認して選ぶべき?
広い海の向こうに工場の煙突が見える

海洋散骨を代行してもらいたい場合、どこを確認して選ぶべき?

さまざまな事情がありご自身で散骨できない場合でも、海洋散骨を行える方法が「代理散骨」です。クルーザーをチャーターする必要がないので、個人的に散骨を行うよりも費用を抑えられます。
しかし、大切な故人様をお願いする代理散骨。費用だけを重視するのではなく、色々なことを見極めて慎重に選ぶことが重要です。そこで今回は、代理散骨を依頼する前に確認しておくポイントをご紹介します。

代理散骨を依頼するときに確認すること

リーズナブルに行えることが代理散骨の特徴ですが、「費用が安いから」という理由だけで良し悪しを決めるのはおすすめできません。では、どのようなことを確認すれば良いのか、依頼前に知っておきましょう。

散骨費用に含まれるサービス内容の確認

費用に含まれるサービスにはどのようなものがあるのか必ず確認してください。

基本的に、献花・献酒といった供養に必要なものは含まれている場合が多いのですが、ご遺骨をパウダー状にする粉骨は別料金というところがあります。

別で料金が発生するものの費用はどのくらいかかるのか、という点も確認しておくと良いでしょう。

周辺環境への配慮があるか

夕日に染まるレインボーブリッジと海

散骨は「節度を持って行われる場合は違法ではない」とされています。法律上問題はないとしても、自治体によって散骨自体が規制されている場所があったり、海水浴場や漁場近くでの散骨はマナー違反とされたりと、周辺環境へは十分な配慮が必要です。

そのため、散骨海域を明確に説明してくれる会社を選ぶことが大切です。散骨をする海域に詳しい知識を持つスタッフがいると安心でしょう。

代理散骨を行なっている会社の実績や口コミ

海洋散骨会社や業者の実績や規模を見ることも大切です。実績があるということは利用する方も多いということ。信頼できる会社かどうか確認する方法のひとつです。

また、口コミをチェックするのも良いでしょう。代理散骨を実際に依頼したお客様の口コミを見て、代理散骨を安心して任せられる会社・企業かをお客様の視点から見ることができます。

心を込めて供養してくれる業者

費用の安さや打ち合わせに行きやすいアクセスの良さなどは、もちろん依頼する際の大きなポイントになります。しかし、故人様にとって最後の旅立ちである散骨をご遺族様の代わりに行うのですから、使命としてまごころを込めて行ってくれる業者であるかも大切なポイントです。

費用やサービス内容からでは分からない部分ですが、実際に話を聞くことでスタッフの雰囲気から感じられることもあります。

シーセレモニーでは、直接お会いしてお打ち合わせができますので、ささいな疑問から海洋散骨についての不安などお気軽にご相談ください。その際に、シーセレモニーの海洋散骨への姿勢を見ていただければと思います。

シーセレモニーで心を込めた代理散骨

菊やかすみそうの向こうにろうそくが灯る

シーセレモニーでは、ご遺族様に安心していただけるよう費用やサービス内容を明確にし、心を込めた代理散骨を行っています。

代理散骨は、東京・羽田空港沖にて、月に1回の頻度で実施しています。当日、ご遺族様は乗船できませんが、乗船場所まで見送りに来ていただくことは可能です。

代理散骨プランの費用は35,000円(税別)、粉骨は30,000円(税別)から行っています。
(ご遺骨の状態によっては、洗浄や乾燥など追加費用がかかる場合があります。)

出航して定められた海域に到着しましたらご遺骨を散骨し、供養の気持ちを込めて献花と献酒、黙とうを捧げます。ご乗船できないご遺族様に代わり、スタッフが心を込めて行います。

後日、散骨の様子や海域周辺を撮影した写真とあわせて、散骨証明書を送付します。年忌法要でクルーズをされる際も場所が分かりやすいよう、散骨海域を正確に明記しますのでご安心ください。

ご遺族様に代わり、スタッフ一同まごころ込めて故人様をお送りします。
代理散骨をご検討中であれば、ぜひ一度お問い合わせください。

代理散骨プランの詳細はこちら

関連記事