内容詳細

お気持ちに寄り添った
自由な散骨を

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 海洋散骨ナビ
  4. 墓じまいで起こり得るトラブルと事前に知っておきたい対策
墓じまいで起こり得るトラブル、事前に知っておきたい対策

墓じまいで起こり得るトラブルと事前に知っておきたい対策

「お墓の後継者がいない」「お墓が遠方にあり管理が行き届いていない」などの理由で墓じまいをお考えの方は多いのではないでしょうか。

実際に墓じまいをするうえで、親族やお墓のある寺院・霊園、石材店とのやりとりは欠かせません。トラブルを起こさず、スムーズに墓じまいをするためにはトラブル例や対策について事前に少しでも知っておくことも大切です。

今回は、墓じまいで起こりがちなトラブルとその具体的な対策について詳しくお伝えします。考えられるトラブルとはどういったものでしょうか。

墓じまいでよくあるトラブルと対策

森林と墓場

墓じまいで最も起こりやすいトラブルは親族間の金銭的な問題やお墓に対する考え方の違いです。墓じまいは経済的な負担が軽くなるなどメリットもありますが、一方で親族や寺院とトラブルになることも多いと耳にしたことがある人もいるのではないでしょうか。

また、菩提寺と離檀料をめぐるトラブルもなりやすいといわれています。お寺や業者によって費用も異なり金額も大きいため、事前に話し合いが不可欠です。私たちはそのようなトラブルを未然に防ぎながら墓じまいを進めます。

親族間のトラブル

親族間のトラブル 海と山

親族間で起こりやすいトラブルは、親族の合意を得ないまま墓じまいをしてしまい、後から問題になってしまうというケースです。今後お墓をどのようにしていくのかという決定権はお墓の継承者にあるものの、親族の意見を無視することで思わぬトラブルを招く原因につながります。

お墓の継承者が決めた墓じまいであっても、親族にとっては大切な心のよりどころを失うことになってしまう可能性もあります。

また、墓じまいにはさまざまな費用が必要ですが、その負担も事前に明確にしなければなりません。親族間のトラブルを防ぐためには、墓じまいを検討している理由やこれからの供養方法、費用のことなどについて、あらかじめじっくりと話し合うことが欠かせません。

菩提寺(ぼだいじ)とのトラブル

菩提寺(ぼだいじ)とのトラブル お寺の階段

菩提寺とは、簡単にいえばお墓があるお寺のことをいいます。一般的に檀家(だんか)を辞める際は、長くお世話になった菩提寺に対して「離檀料(りだんりょう)」というお布施を払います。しかし、なかには菩提寺から法外な離檀料を請求されるなど、トラブルに発展してしまうケースもあります。

そのような事態を防ぐためには、菩提寺に対してこれまでの感謝を伝えつつ、誠意を持って墓じまいをすることを伝えます。また、高額な離檀料を求められた際には、第三者へ相談することも大切です。住んでいる、またはお墓がある地域の相場を確認も行います。

墓じまい後のご遺骨の行き先は決めておく

晴天の青空と大きな鳥居

お墓がなくなった後、ご遺骨の供養方法はさまざまな方法が増えました。

個人のお墓を持たずにご遺骨を供養する方法として、寺院や霊園による永代供養や自宅でご遺骨を管理する自宅供養または手元供養、海や山への散骨などがあります。いずれの供養方法はお墓の維持管理にかかる費用を軽減できることもあり、選択肢の一つとして検討する人が増えてきているようです。

シーセレモニーではご遺族のお気持ちに寄り添った海洋散骨を行っております。自然葬とも呼ばれる海洋散骨は「海が好き」「お墓を持たずに自然に還りたい」と考える人に選ばれています。

海洋記念葬とは

円滑に墓じまいをするために相談は必要不可欠

円滑に墓じまいをするために相談は必要不可欠

最後に、墓じまいは先祖代々からのつながりを絶ってしまう寂しさを感じる方も多いかもしれません。しかし、お墓というこれまで親しんだ形がなくなったとしても、さまざまな方法でご先祖様の供養は十分に可能です。

将来へ向けて円滑に墓じまいを行うためには、ご親戚や菩提寺との事前相談は欠かせません。皆さんでじっくりと話し合うことは、今の暮らしに合った供養の方法を見つめ直すまたとない機会になるかもしれません。

遺骨を東京湾に散骨する女性と見守る家族

シーセレモニーではご遺族の要望に寄り添う形で海洋散骨を行っております。

生前から「海が好きだった」「自然に還りたい」という思いも形にいたします。ファミリー散骨や代理散骨といったさまざまなプランがありますので、ご遺族に合わせて最適な散骨を提供します。

関連記事