内容詳細

お気持ちに寄り添った
自由な散骨を

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 海洋散骨ナビ
  4. 散骨にはどのような種類がある?散骨の方法とその特徴について解説
夕暮れ時の空と海

散骨にはどのような種類がある?散骨の方法とその特徴について解説

故人様を供養する新しい方法としてご遺骨をお墓に埋葬するのではなく“散骨”を希望される方が増えてきています。

散骨はお墓を必要としないため、お墓の後継者がいない方の選択肢の一つです。また、死後は自然に還りたいという願いを叶える葬送方法でもあります。しかし、散骨といっても「どこへまけばよいのか」「どのようなことに気をつけたらよいか」など、知らないことや不安に思うことが多いのではないでしょうか。

今回は、そのような疑問を解決するために散骨の種類と特徴、気をつけたいポイントについて解説します。

散骨の種類は大きく分けて2種類

崖の上から見る海と山

散骨の方法は、ご遺骨をまく場所によって「海洋散骨」と「山林散骨」の2つに分けられます。

海や山など自然にご遺骨をまくため自然葬の一つとして注目を集めている供養方法です。そのほかにも、少しずつ認知され始めている「宇宙散骨」があります。

海洋散骨

青い空と海

海へご遺骨をまく海洋散骨は、海へ還りたいという希望を叶える散骨方法です。地域によっては条例で散骨を禁止している自治体があります。

また、海水浴場や漁場など生活圏に近いところではなく、周りへ迷惑にならないようモラルと節度をもって行う必要があるため、船で沖から離れた場所まで行って散骨するのが一般的です。

ご遺族様自身が船を所有している、またはチャーターできる方を除き、海洋散骨は専門業者に依頼するのが主な方法です。専門業者に希望を伝えたり、分からないことを相談したりしながら準備できるため、安心して故人様とのお別れの日を迎えることができます。

多くの専門業者では、船を貸切って行う「個別散骨」と複数のご遺族様で乗船する「合同散骨」のプランを用意しています。

また、ご遺族様に代わって業者が行う「代行散骨」もあり、ご遺族様のご都合やご予算に合わせて選べます。シーセレモニーではファミリー散骨プラン、合同乗船散骨プラン、代理散骨プランをご用意しています。

シーセレモニーの「ファミリー散骨プラン」はこちら

シーセレモニーの「代理散骨プラン」はこちら

山林散骨

林道

山林散骨は、名前の通り山へご遺骨をまく方法です。登山が好きな方や山へ思い入れがある方は選ぶことが多いのではないでしょうか。

周囲の迷惑にならないように人がいない場所で散骨を行うことはもちろんですが、その場合にも注意が必要です。たとえば、山には所有者がいるため、その方の許可を得なければ散骨することができません。ご自身の所有地であれば問題ありませんが、まずは散骨したい山の所有者の許可を得るようにしましょう。

ご自身で所有者の許可を得たり、散骨できる場所かどうかを調べたりすることが難しいという方は、山への散骨を取り扱っている専門業者を見つけて依頼するのがトラブル防止にもなって安心です。

宇宙散骨

成層圏の空

特に新しい方法である宇宙散骨は、初めて知るという方も多いのではないでしょうか。現代の技術の進歩によって、さまざまな方法でご遺骨を宇宙へ飛ばすことが可能になりました。主にバルーンやロケットを利用した散骨が実施されています。

バルーン散骨は、環境に優しい特殊素材で作られたバルーンにご遺骨を入れて空に向けて飛ばします。バルーンが成層圏に達すると気圧の変化で破裂するため、そのときにご遺骨が成層圏へと飛びだして宇宙空間へ流れていく仕組みです。

ロケット散骨は、ご遺骨をカプセルに詰め地球の周回軌道上までロケットで打ち上げたり、人工衛星にご遺骨を乗せて宇宙空間まで運んだり、驚くような方法で行われます。

散骨で必ず必要となる粉骨作業

かもめに餌をあげる人

ご遺骨を埋葬せずに自然界へまくのは法律に触れないかと不安に思う方もいますが、現在散骨に関する法律や規則は存在していないため、違法ではありません。ただし、“節度を持って”行うことが求められているため、最低限のマナーは守りましょう。

粉骨前にご遺骨に黙とうを捧げるスタッフ

特に注意したいのがご遺骨をパウダー状まで粉砕することです。ご遺骨とわからないように2mm以下まで細かく粉骨します。

理由は海や山でまいたとき、万が一でもご遺骨とわかるものが発見されないようにするためです。事件を疑われたり、明らかにご遺骨と分かるものを目にした方が不快な気持ちになったり、トラブルを防ぐために粉骨する必要があります。

個人でも粉骨は可能ですが、時間がかかるうえに大切な故人様のご遺骨を粉砕するのは心理的な負担が大きいかもしれません。海洋散骨や山林散骨などの専門業者がサービスやオプションで対応していることもありますので利用も検討します。シーセレモニーでも粉骨サービスを行っておりますのでお気軽にご相談ください。

手元供養という選択肢もある

数珠と切り花

散骨を選んだ場合、お墓がなくても散骨した場所を訪れて供養することができます。海や宇宙はどこまでもつながっているので、どこにいても供養ができるという考え方もあります。

しかし、散骨した海や山に訪れるのが難しい方や毎日手を合わせたいという方には、手元供養という方法があります。

すべてのご遺骨をまくのではなく、分骨という形で一部のご遺骨を保管しておきます。その後、ペンダントなどジュエリー、小さな骨壷、フォトスタンドなどにご遺骨を納めることで、いつも傍で故人様を感じて供養できる方法です。故人様を失った悲しみや寂しさを和らげてくれるでしょう。

海洋散骨や粉骨のご相談はシーセレモニーへ

手のひらに乗せた花びら

シーセレモニーではクルーザーを貸切って散骨するファミリー散骨や複数のご遺族様で乗船する合同乗船散骨、ご遺族様の代わりに行う代理散骨などのプランをご用意しています。

近隣住民の方や事業者とのトラブルを避けるため、全国海洋散骨船協会が定める所定のエリアで散骨を行っていますので安心してお任せください。

必ず必要になる粉骨に関しても、別途33,000円(税込)から承っています。また、皆様の散骨をサポートするコンシェルジュが丁寧に対応いたしますので、ご相談やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

関連記事