内容詳細

お気持ちに寄り添った
自由な散骨を

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 海洋散骨ナビ
  4. 海洋散骨後は『年忌法要クルーズ』で供養してみませんか
お線香や数珠、切り花

海洋散骨後は『年忌法要クルーズ』で供養してみませんか

散骨を無事に執り行った後、「故人様の眠る場所へ行くことができない」「どこに手を合わせて供養すればよいのか」悩む方も多いのではないでしょうか。

そのような悩みを解決できる方法として、散骨した海域の緯度経度をもとにクルーザーで目的地に行って供養することができる法要クルーズというサービスもあります。

今回はシーセレモニーが行っている「年忌法要クルーズ」について詳しくご紹介していきます。現在、故人様の供養方法と検討しているならぜひ年忌法要クルーズを考えてみてはいかがでしょうか。

押さえておきたい!法要と法事の違い

東京湾から見える都会の街並み

年忌法要クルーズといわれても、法要が具体的に何を指しているのか分からない方もいます。

こういった行事ごとでよく使われる言葉として「法要」や「法事」がありますが、それぞれの意味や違いについてご存じの方は少ないかもしれません。まず、ここでは法要と法事の意味を解説します。

法要とは

仏壇に線香をあげる

法要とは、ご遺族や親族、知人や友人などが参列して住職にお経をとなえてもらい、供養することをいいます。

「追善供養(ついぜんくよう)」とも呼ばれ、故人様の冥福を祈り供養すれば、故人様が霊界で報われて極楽浄土の世界へ往生できるとされており、残された者が執り行う儀式です。

法事とは

家族・親戚一同で集まる会食

一方、法事は法要とその後の食事会まで含めた供養の行事のことをいいます。会食をする供養は故人様が良い功徳を得られるとされ、さらに仏様の境地に近づけるとされています。

改めて「法要」と「法事」がどのようなものなのか、細かな違いを意識したことがないかもしれませんが、今回を機に正しい意味を覚えておき理解を深めるとよいでしょう。

シーセレモニーの年忌法要クルーズ

大きな船が海に浮かぶ

海洋記念葬を提供しているシーセレモニーでは、年忌法要クルーズのプランをご用意しています。散骨は、お墓という固定された埋葬場所がない分、日頃の管理やお墓の維持費など、費用の負担が少ないことがメリットです。

しかし、散骨は「ご遺骨をまいたら終わり」ではありません。一周忌や三回忌、七回忌など定期的に法要を行い、故人様を偲ぶ大切な機会を持つことができます。ご遺族とともに散骨した海域を巡りながら、お食事を行い、故人様との思い出話に花を咲かせて故人様への思いを馳せる一日にしましょう。

法要クルーズの当日の流れ

東京のビル群をバックに走るアニー号

年忌法要クルーズに参加される場合の基本的な流れについてご紹介します。ただし、状況によっては順番や所要時間が変更する場合がありますので、ご注意ください。

1.桟橋からクルーザーへ乗船

ぷかりさん橋

参列される人数やプランによって利用するクルーザーを選びます。

また、乗船場所、桟橋もいくつかありますので、参加される方に便利な場所を選ぶことをおすすめします。ご家族やご親戚、ご友人など多くの方に参列してもらえると、にぎやかで故人様も喜んでいただける法要になるのではないでしょうか。

2.散骨された場所を訪問する

散骨クルーズで女性が献花するシーン

ご遺骨を散骨した際に記録された、海域の緯度経度をもとにクルーザーで向かいます。

散骨したあの場所にもう一度いきたい、散骨した日に感じた海風にあたりたいとご遺族の思いはそれぞれです。目的地に着いたらスタッフがお知らせしますのでご安心ください。ご遺族様のそれぞれの思いに少しでも寄り添えるようスタッフ一同、対応いたします。

3.故人様へ献酒と献花

献酒しているお父さん

故人様がお好きだったお酒や思い出のあるお花など、持参したい場合は事前にスタッフまでご連絡いただく必要があります。

故人様のお好きなものを海にまくことで、ご遺族様の供養の思いが届くのではないでしょうか。

4.遊覧・ご会食

ミッドブルー

故人様へのお祈りが終わったら、波の落ち着いた場所で会食です。和やかな雰囲気のなか、故人様との思い出を語らう貴重なお時間を過ごせます。

5.記念撮影

遺骨を東京湾に散骨する女性と見守る家族

大切な日の思い出を写真に残しましょう。

スタッフが記念撮影をさせていただきます。故人様を偲び、故人様に想いを馳せることができるお写真をお撮りいたします。

会食メニューは3つから選べる

オードブルプラン

会食メニューはオプションで追加できます。ご利用人数が10名様以上でビュッフェ、BBQ、精進落としプランのいずれかを選べます。

  • シェフお勧めビュッフェ
  • アニバーサリービュッフェ
  • 本格船上BBQ
  • 精進落としプラン

お飲み物はオプションで飲み放題をつけることができます。

ソフトドリンク飲み放題とアルコール含む飲み放題をご用意しています。ご参列なさる人数や年齢などをお考えの上、選ばれるとよいかと思います。

会食できるおすすめクルーザー

小型クルーザーSC-30

シーセレモニーではさまざまなクルーザーで海洋記念葬のサービスを提供しております。

そのサービスのなかではクルーザーを選ぶことができます。ここでは実際に運用されているクルーザーを紹介します。

・ミッドブルー号

ミッドブルー号

定員20名の中型クルーザーでクルーズの目安時間は2時間です。船内はラウンジのような高級感のあるデザインになっています。

ミッドブルー号の後方デッキ

後方デッキには10名まで座れる特注ソファー席が設置されているため、外の風に当たりながらのお食事が可能です。ゆったりとした時間をお過ごしできるのではないでしょうか。

・ルナフェスタ号

ルナフェスタ号

定員18名の中型クルーザーで、クルーズの目安時間は2時間半~3時間。木の温もりを感じるレトロな雰囲気のクルーザーです。

ルナフェスタ号の船内に準備された花束と日本酒

向かい合わせになるようにソファーが設置されているため、参加者全員が同じ空間でお話しながらお食事を楽しんでいただけるでしょう。

・ルーカス号

ルーカス号

定員70名の大型クルーザーで、クルーズの目安時間は2時間半~3時間です。

ルーカス号の屋上デッキ

年忌法要を行う貴重な機会に、多くの方を集めて楽しくにぎやかに法要を行いたい場合にぴったりのクルーザーです。大人数でも楽しめる屋上デッキもございますので、集合写真の場所としても最適です。

ご親族様一同で親睦を深める年忌法要クルーズ

横浜港の景色

法要には故人様の供養だけでなく、ご親族様やご友人様など皆様の親睦を深める意味合いもあります。

残された方々がいつまでも仲良く集まって供養してくれることが、故人様の一番の願いかもしれません。散骨後、法要をどうしようかとお悩みの方はお気軽にシーセレモニーにお問い合わせください。

年忌法要クルーズ

関連記事