内容詳細

お気持ちに寄り添った
自由な散骨を

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 海洋散骨ナビ
  4. 自分で行う際に押さえおきたい散骨の方法と注意点
海の中にある石

自分で行う際に押さえおきたい散骨の方法と注意点

近年、家族形態やライフスタイルの多様化に伴って、お墓を持つ以外の方法で故人様を供養する方が増えています。そのなかで、「死後は自然に還りたい」「お墓の維持・管理が大変だから必要ない」などと考える方に注目されるのが散骨です。

「散骨を検討しているけれど、自分でできるかどうかを知りたい」「散骨をする場合の注意点やルールが分からない」という方は多いはずです。故人様の大切なご遺骨を扱う以上、トラブルを避けたいと考えるのは当然のこと。

そこで今回は、自分で散骨できる場所や方法、注意点、さらにシーセレモニーの海洋記念葬について詳しく解説します。

散骨は自分で行うこともできる

大きな岩と青い海

散骨に興味を抱きながらも、周りに散骨を経験した人が見当たらず、「どのように散骨を執り行えばよいのか分からない」と悩む方も多いのではないでしょうか。

散骨には法律で定められた規定がないため、特別な届け出や手続きをせずに自分で行うことが可能です。故人様が好きだった場所や故人様との思い出の場所、海や山といった自然で行う方が多く、なかでも一般的なのが海洋散骨です。

また、散骨には大きく分けて、自分たちで行う方法と専門業者に依頼して行う方法の2種類があります。

山へ散骨する際の注意点

高い山と広大な土地

山で散骨する場合、自分が所有する山であれば問題はありません。

一方で、国や個人が所有する土地で散骨をするためには、土地の所有者または管理者と交渉して許可をもらわなければなりません。許可が出れば散骨はできますが、観光地や水源地は避ける必要があります。市区町村単位で独自条例を設けて規制しているところもありますので、地域条例の確認も行いましょう。

そのほか、土の中に埋葬しない、線香やローソクの使用を控えるなど、注意点について事前に調べておくことが重要です。

海へ散骨する際の注意点

都心と海と橋

誰の所有物でもない海では、基本的にどなたでも散骨が可能です。しかし、海洋散骨には注意しなければならないポイントも存在します。

それが漁業権に基づく制限です。漁業が行われる海上には漁業権が存在します。漁業権を侵害しないためには漁場や養殖場付近での散骨は避けるようにしましょう。反対に、海の散骨場所としておすすめなのは、岸からかなり離れた沖合です。

また、海での散骨についてガイドラインや指針といった形で方針を示している自治体があります。これは、近隣住民とのトラブルの回避や観光地としてのイメージを守るためという理由によるものです。不要なトラブルを避けるためにも、散骨する地域のガイドラインや指針について必ず確認し、それらに沿って散骨を行いましょう。

専門家へ相談してトラブルを防ごう

スーツを着た人

散骨においては、ご遺骨をどのような状態で自然へ還すかという点も重要なポイントです。散骨するご遺骨は粉骨しなければならず、一見してご遺骨であることが分からないよう、1〜2ミリ以下の大きさのパウダー状にするというルールがあります。

粉骨は自分で行うことも可能ですが、故人様の骨を砕くことに対する精神的な負担や時間がかかることなどから、専門業者へ依頼するのが一般的です。

また、散骨場所の選択も正しく行わなければトラブルにつながることがあります。所有者のいない海だからといって自由に好きな場所で散骨を行えるわけではありません。法律的に問題はなくても、漁場や養殖場、観光地の海や海水浴場などは避けることをおすすめします。

他人に迷惑がかからないような場所選びはもちろん、環境に対する配慮も大切です。各自治体のルールやマナーについて個人で調べる自信がない方は専門家や専門業者へ相談・依頼しましょう。

シーセレモニーが海洋散骨をお手伝い

船が行きかう海

シーセレモニーでは、東京と横浜で海洋散骨を行っています。

貸切クルーザーで散骨を行うファミリー散骨、複数のご遺族様が乗船して一組ずつ散骨を行う合同乗船散骨、弊社のスタッフがご遺族に代わって散骨を行う代理散骨の3つのプランをご用意しており、故人様の希望やご遺族様のご意向に沿ってお選びいただけます。

散骨の際に必須となる遺骨の粉骨サービスも33,000円(税込)から承っています。

希望に沿った散骨プランを選びましょう

男性と夫婦が話を聞く

シーセレモニーのファミリー散骨は、クルーザーを1隻丸ごと貸切でご利用いただくプランです。

船の定員まででしたら何名様のご利用でも金額は変わりません。ご家族やご親戚、故人様と親しかったご友人など、多くの方々で故人様のお見送りをしていただけます。貸切のプランでは、故人様やご遺族様の希望をできるだけ取り入れた散骨を実現できます。

たとえば、故人様が好きだったお酒や花を用意し、献酒と献花を行うオプションや、複数名のご遺骨を一緒に散骨するオプションを付けることも可能です。また、中型以上のクルーザーであればビュッフェやBBQ形式の食事、生花の祭壇をご用意できます。

食事オプション

守ってほしいマナーと注意点

プランナーが男性二人に説明している

海洋散骨を行う際に守ってほしいマナーの一つに服装があります。乗船場には結婚式や観光を目的とした一般のお客様もいます。喪服のグループがいると不審に思ってしまう方もいるため、当日は喪服ではなく平服でお越しください。

また、散骨の際にご遺骨と一緒に海へまけるのはお酒や花、故人様が生前に好きだった食べ物など、自然へ還るもののみとなっています。お酒やお飲み物をお持ち込みいただく場合は、環境への配慮のため350ml程度までの分量でお願いいたします。

さらに、乗船中の船酔いが不安な方は事前に酔い止めの薬を服用しておくことをおすすめします。

一生心に残る大切な儀式、散骨に関することはシーセレモニーへおまかせください

笑顔の高齢女性

散骨は故人様の新たな旅立ちとしてご遺族様の心に一生残る大切な儀式です。

シーセレモニーでは、知識のあるスタッフがお客様の疑問に丁寧にお答えし、ご遺族様が安心かつ納得して行える海洋散骨を実現いたします。

シーセレモニーでは、海洋散骨がご遺族様の思い出に残る記念日となるよう、心を込めてお手伝いいたします。プランについての疑問や船についての質問など、気になる点があればお気軽にご相談ください。

関連記事