内容詳細

お気持ちに寄り添った
自由な散骨を

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 海洋散骨ナビ
  4. 海洋散骨を検討しているなら知っておきたいメリット・デメリット
満開の桜

海洋散骨を検討しているなら知っておきたいメリット・デメリット

近年の少子高齢化や核家族化により葬儀のスタイルに変化がみられるようになりました。お墓を維持継承する人がいないことや自然に還りたいというご希望から「お墓を持たないこと」が選択肢のひとつになり自然葬を選ばれる方もいます。

自然葬のなかでも、よく知られている散骨とはどのようなものでどういった理由で人気となっているでしょうか。今回は、海洋散骨のメリットとデメリットをあげ、さらにデメリットをカバーする方法についても解説します。ぜひ参考にしてみてください。

散骨は供養方法のひとつ

女性がお墓で供養している

散骨とは故人様を供養する方法のひとつで近年人気が高まっています。

お墓への埋葬ではなく、山や海へ散骨することを自然散骨と呼びます。その自然散骨のうちの1つが「海洋散骨」で、海へ砕いた遺骨をまく方法です。故人様のご意思を尊重してご遺族様の手で故人様を自然に還してあげることができる点が特徴です。

海洋散骨のメリット・デメリット

快晴の東京湾

生前より希望されている方はもちろん、さまざまな事情で散骨を検討しているご遺族様も海洋散骨のメリットやデメリットを理解しておく必要があります。それぞれの特徴を確認し、ご家族で相談してみてはいかがでしょうか。

メリット

子どもと女性が手を合わせて黙祷

お墓を持たずに海洋散骨を行うメリットは、お墓の維持や管理をしなくて済むことです。近年は少子化により、子どもが一人の場合は負担が大きくなります。しかし、お墓を持たずに供養できる自然散骨は、継承者がいなくて困るということがなくなります。ほかにも、新しくお墓を購入するといったコストも削減できる可能性があります。

一般的なお墓のコストは、お墓を建てるとなると土地の用意や墓石の購入費用など、約200万円のコストがかかるとされていますが、海洋散骨はお墓の10分の1ほどのコストで故人様を供養できるため、ご遺族様の負担が減ります。

また、宗教や宗派を問わずに供養でき、海や自然が好きな故人様の希望を尊重できるといったメリットもあります。

デメリット

お寺の階段

お墓を持たないことでさまざまなメリットがありますが、海洋散骨を選択することによりデメリットもあります。たとえば、ご遺骨を全て散骨してしまった場合、故人様のご遺骨を残すことができないことです。

また、遺骨をめぐり遺族間でトラブルになることもあります。ほかにも、天候に左右されやすいのも海洋散骨のデメリットとして挙げられます。

散骨の際のマナーや注意点

子どもがスマホでゲームしていることに注意している母親

メリット・デメリットと同様に確認しておきたいのが、散骨のマナーと注意点です。

散骨自体が違法とされていないため個人でおこなう場合はきちんと調査・確認したうえで実地しなければなりません。特に慎重に選ぶ必要があるのが散骨エリアです。

たとえば、海洋散骨の場合は海水浴場のように人の多い場所や養殖場、漁場などは避ける必要性があります。散骨をする際には、骨を分からないように遺骨を2mm以下に粉砕しなければならない厳密な規定があります。遺族が個人の骨を砕くことについて心理的負担も大きいので、信頼できる業者に依頼することもよいかと思います。

手元供養や年忌法要クルーズでデメリットを補う

数珠と活けてあるある花

いくつかのデメリットもある海洋散骨ですが、それらのデメリットを補う方法もあります。

たとえば、散骨の際、故人様のご遺骨を全て散骨せず一部を分骨して小さな骨壺に入れて自宅で保管する方法やペンダントに入れ身につけたりすることにより、手元供養としていつでも故人様を身近に感じることができます。

お墓のように定期的にお参りをして、故人を偲び感謝を伝えたいという方は、散骨を行った海域で年忌法要を行うことも可能です。思い出の海域をご親族やご友人と訪れることは貴重な供養となることでしょう。

ご遺族様のお気持ちに寄り添う海洋記念葬

満開の桜と川

シーセレモニーでは、海洋散骨のメリットを十分に生かしたうえで、デメリットを補いながらご遺族の皆様の思いを大切にしたプランをご用意しています。

コストを抑えて散骨を行いたい

色とりどりの美しい花が撒かれた海岸

散骨プランはご遺族で散骨を行うファミリー散骨のほか、さまざまな理由により海洋散骨ができないご遺族に代わりスタッフが散骨を行う代理散骨プランもあります。代理散骨プランはご利用しやすい価格設定になっております。

年忌法要クルーズも検討に

ミッドブルー、献花、お食事プランと集合写真

年忌法要クルーズのプランでは、一般的には法事とよばれているものでご遺族やご親戚など故人とゆかりの深い方々がクルーザーで会食し故人を偲びながら散骨エリアの海域を巡るといったプランです。故人様が眠る海域に着きましたら献酒や献花をまくことも可能です。

お料理のプランはコチラ

手元供養品も準備

シーセレモニーの手元供養品 たなごころ

故人様を身近に感じながら供養したいというご遺族の方々に手元供養品も準備しています。

ご自宅で保管できるさまざまな種類の骨壺やソウルジュエリーなどがそろっていますので、大きさやデザイン、予算に合わせてお選びください。

故人様の気持ちを尊重させる散骨クルーズ

空と海が広がる

海洋散骨を行うにあたって準備すべきものや予算、クルージングのスケジュールや会食の内容、オプションについてなど、少しでも気になることがあれば、ぜひお気軽にお尋ねください。

海洋散骨のメリットを十分に生かしご遺族様の思いに少しでも近づけるプランをご提案させていただきます。

関連記事