内容詳細

お気持ちに寄り添った
自由な散骨を

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 海洋散骨ナビ
  4. 意外と知らない?散骨後の供養はどのようにするの?
供養前の準備

意外と知らない?散骨後の供養はどのようにするの?

納骨や散骨が終わってから故人様をどのように供養するかお決まりですか。供養の方法は故人様の生前の意向やご遺族様の希望によりさまざまです。今回は、複数の供養の方法とおすすめの法要クルーズについて解説します。ぜひ参考にしてみてください。

散骨後の供養の形はさまざま

散骨の方法がいろいろとあるように、散骨後の供養の方法も人それぞれ。一方で、なかには「何に手を合わせれば良いか分からない」と感じている方も多いようです。供養の方法に決まりはないので、ご遺族様の気持ちやライフスタイルに寄り添った方法を選択することが最適といえるでしょう。

海に向かって手を合わせる

海洋散骨で全ての遺骨を散骨した場合、海全体が故人様の眠るお墓だと考える方もいらっしゃるようです。

そのため、散骨を行った場所まで行ってお参りもできますが、近くの海へ足を運んで手を合わせることも供養の形とされています。

複数年に分けて散骨供養をする

散骨は必ずしも1回で終えなければならないといった決まりはありません。そのため、複数年に分けて散骨を行うこともひとつの方法です。

例えば、はじめに遺骨を分骨しておき、節目節目で散骨供養を行うといったことも可能です。複数回に分けて散骨を行う予定である場合は、遺骨を小分けにする際、多めに分けておきましょう。

遺骨の一部を手元供養として残す

遺骨を全て散骨、納骨するのではなく、一部を残しておき手元供養するという方法もあります。

手元供養では、小さな骨壷やペンダントに粉骨した遺骨を入れて手元に残します。それにより、ご遺族様のタイミングでいつでも故人様を供養でき、また身近に感じることができます。

法要クルーズで供養する

海洋散骨を行ったあとの供養として、法要クルーズに参加するというのもおすすめです。

クルーザーで散骨したエリアまで行って故人様を供養できます。もし、散骨を行った場所の緯度や経度が記された散骨証明書があれば、散骨から何年経っても同じ場所で故人様を供養することが可能です。

シーセレモニーの年忌法要クルーズ

レインボーブリッジ

シーセレモニーでは、海洋散骨だけでなく、年忌法要クルーズのプランもご用意しています。

穏やかな海の上で故人様の思い出話に花を咲かせれば、親族の方同士の親睦もより深めることができるでしょう。クルーザーによっては会食を行うことも可能です。乗船する方の人数や予算に合わせて選んでいただけます。

シーセレモニーの手元供養品

手元供養品

シーセレモニーでは、手元供養をしたい方に向けて、手元供養品もご用意しています。

一口に手元供養品といっても、その種類はさまざま。例えば、プチポットと呼ばれる骨壷は、シンプルなデザインのものから、丸みのある小ぶりなフォルムが愛らしいもの、スマートフォンよりも小さなサイズで持ち運びに便利なタイプのものなど、豊富な種類からお選びいえただけます。

また、故人様の遺骨や遺灰を収めて身につけられるソウルジュエリーもそろえています。

できるだけいつも故人様を身近に感じたいという方は、海洋散骨や法要クルーズと一緒に、手元供養品のオプションも検討してみてはいかがですか。

故人様を思う気持ちこそが一番の供養

お供えした線香

ご家族が10組いれば、供養の仕方も10通り。故人様をどのように見送り供養するかはご遺族様次第です。

散骨や納骨、供養など故人様を見送る形にかかわらず、供養の際に大切なのは故人様を思う気持ちです。形にこだわるのではなく、ご遺族様が故人様を思い気持ちを込めることこそが供養において最も大切なことでしょう。

大切な故人様を見送るひとつの手段として、シーセレモニーの海洋散骨や年忌法要クルーズをご検討中の方は、お気軽にお問い合わせください。

関連記事