内容詳細

お気持ちに寄り添った
自由な散骨を

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 海洋散骨ナビ
  4. 墓じまいのトラブルを回避!だれに・なにを相談する?
お墓と造花

墓じまいのトラブルを回避!だれに・なにを相談する?

近年、少子化や核家族化が進み、お墓の後継者問題を抱えている人は少なくありません。そういったなかで、墓じまいを検討している人も多いのではないでしょうか。

しかし、墓じまいをすることで思わぬトラブルを招くケースもあります。さまざまなトラブルを回避するためにも、どういったタイミングでだれに・なにを相談すればよいのか見ていきましょう。

墓じまいで起こり得るトラブル

親族で話し合うシーン

墓じまいを検討する際に、まず注意しなければならないのが親族間のトラブルです。

先祖代々が眠るお墓はあらゆる親族が関係してきます。そのため、墓じまいを拒否する方がいたり、負担する費用についてもめたりするケースも少なくありません。

それぞれお墓に対しての思いは違うため、今後お墓をどうしていきたいかという点に関して意見が食い違ってしまうことは仕方のないことです。親族の間で合意ができていないことが要因で起こるトラブルも多いようです。

関連記事:墓じまいのトラブル例と後悔しないための対策

墓じまいを決心したらまずは家族・親族に相談

親子で話し合う

墓じまいは、名義人の承諾があれば手続きができます。しかし、ほかの親族に知られずに墓じまいをすることは難しいものです。

また、事後に発覚し、より深刻なトラブルに発展することも考えられます。そういった事態にならないためにも、近しい人だけで決定せず、まずは関わるすべての親族に必ず相談するようにしましょう。

ただし、墓じまいをしたい旨を伝えるだけでなく、経緯やご自身の意向をしっかりと伝えることも大切です。また、承諾が得られた場合には、その後のトラブルを避けるためにも親族の意見を書面にまとめて署名をしてもらうのもよいでしょう。

関連記事:墓じまいは大変?手順と必要な手続きを解説

費用や改葬先も事前に相談

女性が電卓を見せているシーン

墓じまいについて相談する際に、話し合っておかなければならないのが費用についてです。墓じまいをする際、費用に関するトラブルも多く発生しています。まずは発生する費用についてしっかりと把握しておくようにしましょう。

墓じまいにはお寺への離檀料や墓石の解体費、閉眼供養費などさまざまな費用が発生します。継承人だけでは負担できない額になるケースもあるため、費用の負担をお願いできる家族や親族には事前に相談しておきましょう。

また、墓じまい後の改葬先についても、永代供養墓や納骨堂、樹木葬など、さまざまな種類があるため話し合っておく必要があります。

お寺への相談も忘れずに

お寺の入り口

家族や親族への相談が済み承諾が得られたら、次に相談すべきなのがお墓のある墓苑の管理者です。

寺院墓地、民営墓地、公営墓地などがありますが、お寺の場合は先祖代々関係を築いてきたケースも多いため、しっかりと理由や事情を伝えるようにしましょう。

一方的に話を進めると、お寺との思わぬトラブルを招いてしまう場合もあります。今までお世話になったことへのあいさつも兼ね、できるだけ早く相談することが望ましいです。

また、墓じまいの際に発生する離檀料をめぐり、お寺とのトラブルのもととなった事例もあるため、事前に管理者へ確認しておくとよいでしょう。

墓じまい後は海洋散骨という方法

朝日

墓じまいのあとには、お墓の遺骨を別の場所に移します。納骨堂や永代供養墓などさまざまな方法がありますが、近年増加しているのが自然葬のひとつである海洋散骨です。

海洋散骨は、広大な海へ粉骨した遺骨をまき自然に還すという方法。お墓がなくなってしまっても、ひとつにつながった海を眺めれば大切なご先祖をいつでも偲ぶことができるのも魅力です。

シーセレモニーでは、親族で散骨を行うプランや乗船できない方に代わりセレモニーを行う代理散骨プランなど、ご希望やご予算に合わせてお選びいただけます。墓じまいをお考えの方は、ぜひ散骨もあわせて検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事