内容詳細

お気持ちに寄り添った
自由な散骨を

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 海洋散骨ナビ
  4. 笑顔でお別れできる海洋散骨、事前に許可は必要?
東京湾から見るレインボーブリッジやお台場

笑顔でお別れできる海洋散骨、事前に許可は必要?

お墓を持たずに散骨を希望する方が増えているなか、気になるのは「許可が必要なのか、」「どのような注意点があるのか」ということではないでしょうか。故人様との最後のお別れを一生穏やかな思い出として残すためにも、海洋散骨について知っておくと良いでしょう。

散骨前に知っておきたい許可や手続き

「自然に還りたい」、「家族に負担をかけたくない」との思いで、生前から海洋散骨を希望される方が増えてきました。お墓の管理が必要ないことから将来的な出費を抑えることもでき、今後も人気は高まると言われています。

とはいえ、まだまだ一般的な供養方法ではありません。トラブルに巻き込まれないためにも、許可や手続きについて知っておくことが大切です。

散骨に許可は不要

日本には葬儀や埋葬、お墓の建立に対して「墓地埋葬等に関する法律(墓埋法)」があります。墓埋法で遺骨の取り扱いについて記載があるものの、散骨に関して明確な記述はありません。

法律上、許可は必要ないということになります。

ただし、マナーや周囲への配慮を忘れてはいけません。例えば、ご遺骨を一片あたり2ミリメートル以下まで粉骨しておくことや、漁業権の存在しない沖合で散骨することなどです。粉骨されていないご遺骨を海にまいてしまうと、思わぬトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。

条例を設けている自治体もある

自治体によっては事前に許可や手続きが必要だったり、散骨自体を禁止していたりする場合があります。

規制の背景として、近隣住民が散骨を嫌がる、観光地としてのイメージ低下を危惧するといったことが挙げられます。条例に違反すると、懲役や罰金が科される場合もあるので注意が必要です。

全国的に見ると散骨の規制を実施している自治体はわずかですが、散骨をするにあたって事前にきちんとチェックしておきましょう。

シーセレモニーの海洋記念葬

船のデッキから海を眺める人たち

海洋散骨を検討しているものの、分からない点が多く、不安に思っている方もいらっしゃるでしょう。

そのようなときには、ぜひシーセレモニーへご相談ください。経験豊富なコンシェルジュが不安や疑問点などをお聞きし、散骨プランについても丁寧にご説明いたします。

選べるファミリー散骨プラン

ファミリー散骨プランは、クルーザー一隻を貸切にしてクルージングをしながら散骨するプランです。

クルーザーは人数やご予算に応じて選べます。通常の葬送セレモニーですと、出港から帰港まで約2時間です。
献酒や献花、写真撮影、お茶のおもてなしなどは基本プランに含まれているのでご安心ください。

全てのセレモニーが終わった後は、散骨した場所をゆっくりと周ります。そこで故人様と最後のお別れをしましょう。

オプションもご用意

オプションとして、クルーザー上でビュッフェや本格バーベキューのご用意ができます。親族が集まる貴重な機会でもありますので、みなさんでお食事を楽しんでみてはいかがでしょうか。

また、必要に応じて献酒や献花の追加が可能です。生前故人様が好きだったお花やお酒を準備してあげると良いですね。

このようなオプションの利用で、故人様を笑顔で送る葬送セレモニーができるでしょう。

注意したいポイント

海へ散骨するためにはご遺骨をパウダー状にし、水溶性の袋に納めておく必要があります。業者に粉骨を依頼する場合は、「海洋散骨をする予定」と伝えるとスムーズです。また、シーセレモニーでは、粉骨サービスを3万円からお受けすることが可能です。

笑顔で見送る海洋記念葬にしよう

微笑む親子

シーセレモニーでは、ご遺族様の気持ちに寄り添い、笑顔の海洋記念葬ができるようサポートいたします。東京湾や横浜の美しい景色を眺めながら故人様を思い、いつまでも心に残るようなセレモニーになると良いですね。

散骨プランについてはもちろんのこと、事前の許可や手続きについて、ご不明・ご不安な点などありましたら、お気軽にご相談ください。

関連記事