内容詳細

お気持ちに寄り添った
自由な散骨を

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 海洋散骨ナビ
  4. 海洋散骨を執り行う際に知っておきたいマナー
紫と白の切り花

海洋散骨を執り行う際に知っておきたいマナー

海へ還ることを願う新しい葬送方法の「海洋散骨」。しかし、一般的な埋葬方法と違うため、常識やマナーなど知らない方も多いはず。海洋散骨を耳にしたことはあるが詳しくは知らない方や、興味はあるがマナーが心配といった悩みを持っている方向けに「海洋散骨のマナー」をご紹介します。

海で散骨するマナーとは?

東京の街並みが見える海

一般的な葬送もそうですが海洋散骨も節度をもち、マナーを守ることが大切です。

海洋散骨では、周囲の施設や住民、環境に迷惑をかけないようさまざまなことに配慮する必要があります。環境への配慮のほかにも参列する際の服装についても従来のお葬式と同様に海洋散骨式のマナーがあります。

散骨は決められた海域で行う

総務省から「マナーを守った葬祭のひとつとして行われる限りは違法しない」と示されているため、散骨する場所には十分な配慮が必要です。許可のない私有地や公共施設、自治体で禁止している場所もあります。また、沿岸や養殖場、漁場、船舶航路などから離れている場所で行うことが海洋散骨のマナーです。

シーセレモニーでは自然環境や周辺施設、ご遺族様の心情にも配慮し、上述マナーを守った全国海洋散骨船協会が定める東京・横浜エリアの海域にて海洋散骨を行っております。

ご遺骨はパウダー状に

海洋散骨を行う場合、自然に還りやすいようご遺骨を2ミリ以下に細かくパウダー化する必要があります。

シーセレモニーでは粉骨サービスを行っておりますので、お気軽にご相談ください。そのほかの業者に粉骨を依頼される際は、その旨もご相談いただけるとスムーズです。

海洋散骨の当日は喪服を避けて動きやすい服装を

船のデッキから見える景色

海洋散骨の当日は動きやすい服装をすすめております。

乗船場所は公共施設のため、さまざまな目的で乗船場所をご利用になるお客様がいます。なかには観光や結婚式での利用もありますので、周囲の方々への配慮として平服が良いでしょう。

シーセレモニーでも喪服は避け、平服でのお越しを呼びかけております。また、お履きものに関しましても乗船場所は段差があるところもありますので、ハイヒールは避け、ローヒールのパンプスや動きやすい靴でのお越しを案内しています。

当日の天候によっては船が大きく揺れる、衣服が濡れる、雨で足元が不安定になり転倒のリスクがあるなど、ご乗船いただくご遺族様の安全を守るためでもあります。

故人様へ向けて海に捧げる供養

海洋散骨では故人様への供養として献花と献酒を海へ捧げます。

お花を流す際、海をきれいに保つために花の部分だけを散らし、茎や葉、包み紙は流さないようにします。貴金属やプラスチック、ビニール類など自然へ還ることのないものをまくのは禁止されています。

シーセレモニーでは片手に持ってまくのに充分な量のお花を花びらの状態でご用意をしており、献酒は四合瓶の日本酒を使用しております。故人様の思い出のお花や好んだお酒を追加でシーセレモニーがご用意することも可能です。お気軽にお申し付けください。

海洋散骨に関する疑問や不安は気軽にご相談ください

かわいらしい花

海で行う新しい葬送の海洋散骨は、従来の葬送方法よりも情報が少ないため疑問や不安も多いかと思います。
シーセレモニーでは事前の打ち合わせで散骨とクルーズの両方を熟知したコンシェルジュがそのような疑問や不安を解消いたします。

打ち合わせにはご遺族みなさまでお越しいただくことも可能です。ご遺族様の疑問や不安に丁寧にお答えしますので、どんなにささいなことでもお気軽にご相談ください。

事前の打ち合わせのみでなく当日のセレモニーを行う際も、シーセレモニースタッフ一同が心を込めてお手伝いさせていただきます。

マナーを守って快い笑顔で故人様をお見送り・・・

従来のお葬式とは異なる面の多い海洋散骨ですが、マナーを守って執り行うことでご遺族様も安心して笑顔で故人様の新たな旅立ちをお送りすることができます。

関連記事