内容詳細

お気持ちに寄り添った
自由な散骨を

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 海洋散骨ナビ
  4. 散骨をするために必要!遺骨のパウダー化
砂浜と青い海

散骨をするために必要!遺骨のパウダー化

近年、注目度が高まっている「散骨」ですが、散骨を行う際に守らなければならない決まりがあります。ここでは、海洋散骨で必ず行わなければならない遺骨のパウダー化についてご紹介します。

遺骨のパウダー化とは

遺骨のパウダー化とは、粉骨ともいわれる作業のことで、文字通り故人様のご遺骨を粉末状にすることを指します。

大抵は専門の業者が機械を使って行いますが、ご遺骨に刃物を当てることが故人様を尊ぶ意志に反するとし、刃物を使わない機械でパウダー化を行う業者もあるようです。

粉骨のメリットと粉骨が必要な場面

小さな骨壺とお供え物

一般的に、火葬したあとはご遺骨を骨壺に入れて納骨を行います。しかし、粉骨を行うことで供養の選択肢を広げることが可能です。

供養方法別に、粉骨の必要性やメリットを確認してみましょう。

散骨を行う場合

行政の見解によると、散骨は「節度を持った葬送」として行う場合に限って違法行為には当たらないとされています。

「節度を持った葬送」の定義として焼骨と分からないよう、ご遺骨を一片2mm以下の細かいパウダー状に加工しなければなりません。

分骨や手元供養をする時

分骨を行う場合、粉骨を行うことでご遺骨を均等に分けることができるため、ご遺族間でトラブルになりづらいでしょう。また、手元供養をする場合も粉骨することで場所を取らず、アクセサリーや小さな骨壺にご遺骨を入れて供養することができるというメリットがあります。

合葬にする場合

ご先祖様の骨壺で納骨室が満杯になってしまった場合、ご遺骨を粉骨し、一つの骨壷にまとめて納める合葬にすれば、納骨スペースを確保することが可能です。

自分でパウダー化することは可能?

手を合わせる人たち

法的には、どなたが粉骨を行っても全く問題はありません。とはいえ、実際に自分で粉骨を行うとなると、専用の機械をレンタルしたり、事前の処理が必要だったり決して簡単な作業とはいえません。

また、粉骨の際に発生する音や作業場、ご遺骨の洗浄や乾燥、衛生上の問題、さらには不純物の除去やカビの予防対策などが必要となり、なかには精神的な負担を感じる方もいます。個人での粉骨は決して不可能ではありませんが、とても大変な作業です。

ご遺骨のパウダー化は専門業者へお願いするのが望ましい

海と山

ご遺骨のパウダー化は、自然散骨を行う際に必要となるだけでなく、分骨や身元供養の際にもメリットとなる作業です。

シーセレモニーでは、故人様のご遺骨をパウダー化する粉骨作業を3万円(税別)より承っています。ご遺骨が湿っている場合や特別な処置が必要となる場合も別途費用で対応いたします。

海洋散骨プランやクルーザーの費用やオプションについて、気になる点がございましたら気軽にご相談ください。

関連記事