内容詳細

お気持ちに寄り添った
自由な散骨を

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 海洋散骨ナビ
  4. 海洋散骨をする際なぜ粉骨が必要なのか、粉骨の費用はいくらかかる?
砂浜と海

海洋散骨をする際なぜ粉骨が必要なのか、粉骨の費用はいくらかかる?

海洋散骨を調べてみると、「粉骨」という文字をよく見るのではないでしょうか。散骨をするために必要な粉骨を知らない方のためになぜ必要なのか、気になる粉骨費用がどのくらいかかるかについてご紹介します。

粉骨とは、ご遺骨を粉末状にすること

海洋散骨は節度をもって執り行う必要があり、その節度をもつためのひとつの方法としてご遺骨を粉骨する必要があります。散骨を目的とした粉骨は、0.2mm以下の粒度が適しているとされています。日本では粒度に関する法的なルールはありませんが、欧米諸国では上述の粒度を守ることがルールとされています。

粉骨はご自身で行うことも可能ですが、粉骨はただ0.2mm以下にするのではなく洗浄や乾燥など工程も多く、ご遺族様に体力的・心理的な負担がかかる可能性も考えられるため、専門の企業に依頼する方法もあります。

なぜ?海洋散骨を行う際に、粉骨が必要な理由とは

山と海

粉骨する理由は、早く自然に還る・外洋へ流れていきやすいという考えや人の目に触れてもご遺骨とわからないようにするなど、故人様とご遺族様だけでなく周辺に住んでいる方々、周囲の環境への配慮のためです。

また、粉骨しておくことで分骨をして手元供養として小さな骨壺や身に着けるソウルジュエリーにすることも可能になります。

粉骨は法律的に問題ない?

「ご遺骨を砕く」ということから「粉骨は違法なのでは?」と不安になる方も多いのではないでしょうか。散骨や粉骨に関する明確な法律はなく、総務省から「節度をもって葬祭のひとつとして行われる限り違法ではない」との見解が示されています。

その節度をもつためのひとつとして、ご遺骨とわからないように粉骨する必要があります。散骨を目的として行われる粉骨に違法性はないので、粉骨を専門企業に任せることも可能です。

粉骨にはどのくらいの費用がかかる?

企業に依頼する場合の費用は骨壺の大きさ、ご遺骨を郵送するか持ち込みするかなどによって異なります。企業によって10,000~40,000円前後と価格差はあるようです。依頼する際は、散骨目的のためと伝えるとスムーズに進むでしょう。

ご自身で粉骨を検討する場合は、ご自宅にある道具を使うのも手段ですが労力が必要です。そのため、ご自宅で粉骨する際には粉骨する機械をレンタルすることが一般的とされています。1週間のレンタルで20,000円前後が相場です。

ご遺骨の状態によっても費用が異なる

お墓に納骨されていたご遺骨や長期間湿り気のある場所で保管されていたご遺骨は、粉骨を行う前に洗浄・乾燥が必要になる場合があります。洗浄・乾燥を行う際はほとんどの場合が別途料金となります。

シーセレモニーでも粉骨が可能、粉骨サービスについて

シーセレモニーでは30,000円(税別)から粉骨をお受けしています。費用のなかには、手元供養品への納骨や水溶性紙袋をご乗船予定のご人数に合わせて包装します。上記のふたつは費用に含まれているので追加の費用がかかりません。

ご遺骨の洗浄・乾燥させる必要がある場合は15,000円(税別)の追加費用がかかりますので、お引き取りの際にご遺骨の状態を確認させていただきます。

ご遺骨のお渡しはお打ち合わせの際にお持ち込みいただくことが多いですが、東京23区内でしたら出張料5,000円にてスタッフがご遺骨をお引取りに伺わせていただきます。遠方の場合はゆうパックの利用が可能です。遠方への出張お引取りを希望される場合は、スタッフにご相談ください。

粉骨についてはこちら

シーセレモニーで故人様の新たな旅立ちのご支度を

彼岸花

粉骨は自然へと還る故人様の最後のご支度です。シーセレモニーでは、その最後のご支度を真心込めて丁寧に行います。

海洋散骨を執り行ったあとも、シーセレモニーでは年忌法要クルーズをご用意しているため故人様を供養し続けることができ、散骨後も安心です。海洋散骨や粉骨に関しての些細な疑問や不安はお気軽にご相談ください。

関連記事