内容詳細

お気持ちに寄り添った
自由な散骨を

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 海洋散骨ナビ
  4. 散骨を行う際の注意点は?散骨禁止の地域も
クルージングしている2隻の船

散骨を行う際の注意点は?散骨禁止の地域も

海や山などで行う散骨はマナーを守って正しく行うことが大切です。日本国内の散骨禁止エリアや散骨当日の服装に関するマナーなど、散骨のイロハをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

海や山へ散骨する際の注意点

故人様の遺骨を海や山などの自然のなかで散骨したいと考える方もいらっしゃるでしょう。しかし、散骨は好きな場所に行って良いものではありません。

なかには散骨自体を禁止している、もしくは規制をかけている自治体もあります。いざ。散骨しようとしたら散骨禁止区域だった、なんていうことにならないためにも、散骨場所や散骨のマナーについて調べておくことが大切です。

規制が設けられている自治体

散骨許可に関して規制を設けているのは以下の自治体です。

・北海道長沼町
・北海道七飯町
・北海道岩見沢市
・長野県諏訪市
・埼玉県秩父市
・埼玉県本庄市
・静岡県御殿場市

なお、北海道長沼町と埼玉県秩父市のみ、個人で行う散骨を禁止しています。

散骨を禁止したり、条例を設けたりしている理由として、地元住民と散骨事業者とのトラブルが挙げられます。そのため、規制を設けている自治体の大半は散骨場を設置しようとする業者を対象としたものです。

散骨する際のマナー

散骨をするときには服装や遺骨と一緒にまけるものなど、心がけるべきマナーがあります。

服装

葬儀には喪服で出席するのがマナーですが、散骨の際は喪服を避け、なるべく動きやすい服装をするのがおすすめです。

これは、喪服を着ていることで、ひと目で散骨することが分かり、そのことで不快な思いをする方がいないとも言えないためです。シーセレモニーの海洋記念葬でも通常の平服でお越しいただくように案内しております。

粉骨

散骨を行う際、故人様の遺骨は必ず粉末状にしましょう。粉骨の作業は決して簡単ではないため、業者に依頼するのが良いでしょう。

遺骨と一緒にまけるもの

ピンク色のお花

散骨の際、故人様の大切にしていた私物や花などを一緒にまきたいというご遺族様もいらっしゃいます。

その際、セロファンやビニールといった素材のものをはじめ、自然に還らないものはまかないようにしましょう。また、花をまく際には、葉や茎はそのままで、花びらの部分のみをまくようにするのがマナーです。

シーセレモニーの散骨エリアは3か所

海を航海している船

シーセレモニーでは、自社保有のクルーザーで海洋散骨を行っています。ご遺族様がクルーザーを貸切にして行うプランや、スタッフがご遺族様に代わって散骨を行う代理散骨など、ご遺族様の都合や予算に合わせたプランをそろえています。

シーセレモニーの海洋散骨では、東京・横浜・湘南エリア3か所の全国海洋散骨船協会が定めるエリアで散骨を行います。

東京

東京エリアの散骨場所は羽田空港と東京ディズニーリゾートの沖合です。京浜運河を通り、波の影響を最小限に抑えたルートで散骨エリアへ向かいます。

横浜・湘南

横浜エリアの散骨場所へは、みなとみらいからベイブリッジを眺めながら進みます。ベイブリッジを超えた先にある大黒ふ頭の沖合で散骨を行います。湘南エリアでは、江の島の西側にある海域で散骨を行います。

代理散骨は東京エリアで

代理散骨プランでは、さまざまな理由で乗船が難しいというご遺族様に代わって、シーセレモニーのスタッフが心を込めて故人様の散骨を行います。

散骨は東京エリア、羽田空港沖で月1回のペースで実施しており、散骨のタイミングによってはほかの故人様の散骨と一緒に行う場合もあります。

その際、故人様の遺骨をパウダー状にしてお持ちいただく、もしくは郵送していただきます。シーセレモニーでも粉骨を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

シーセレモニーで節度をもった散骨を

子どもを連れた女性

シーセレモニーでは、海洋散骨を行うご遺族様に散骨の決まりや散骨当日の様子、散骨マナーなどをお伝えしています。

そのほか、クルーザー内の設備やルール、献花のためのお花や代理散骨についてなど、手続きや散骨当日について気になることがあれば、「よくあるご質問」のページをご覧ください。大切な故人様を、節度をもった葬送セレモニーで送り出してみてはいかがですか。

関連記事