内容詳細

お気持ちに寄り添った
自由な散骨を

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 海洋散骨ナビ
  4. お墓はいらないという方に向けた新しい供養の形
花が手向けられたお墓

お墓はいらないという方に向けた新しい供養の形

大切な人が亡くなった際、日本では遺骨をお墓に納骨して供養する方がほとんどです。お墓は先祖代々家族が受け継ぎ、守っていくことが当たり前とされてきました。

しかし、最近はさまざまな理由により「お墓はいらない」「お墓を持てない」と考える方が増えてきています。お墓はいらないと考えていても、供養をどうすれば良いかわからないという方も多いのではないでしょうか。

今回は、近年関心が高まっているお墓に代わる新しい供養の形についてご紹介します。

お墓はいらないという方が増えている背景

女性がソファの上で悩む

日本では先祖代々続くお墓での供養が一般的です。

しかし、家族構成やライフスタイルの変化により、お墓を継ぐ子どもや親族がいない、子どもに迷惑をかけたくない、お墓が遠方であるために維持や管理が難しいといった事情から、悩みを抱える方は少なくありません。このような背景から当たり前だと思っていたお墓での供養にも変化が表れています。

「お墓はいらない」、「墓じまいをしよう」と考える方が増え、お墓以外の供養方法に注目が集まっています。また、お墓を建てたり、管理したりするための経済的な負担や特定の宗教を持たない人の増加も近年のお墓離れの要因と考えられます。

お墓がない場合の供養方法

きれいに管理された墓地

お墓は故人様を供養するだけでなく、ご遺族様の心のよりどころとしての役割もあります。では、個別のお墓を持たない選択をした場合、どのような供養の方法があるのでしょうか。

納骨堂や合同墓による供養

納骨堂の門

よく耳にするのは、納骨堂や合同墓です。納骨堂は寺院の建物内にある納骨壇にご遺骨を安置し供養する方法です。いつでも行くことができ、室内にあるので天候にも左右されません。

墓標はありませんが、個別にご遺骨を納めているのでお墓を持たないことに不安や抵抗がある方にも受け入れやすいといえます。33回忌、または50回忌を迎えたら合同墓に移されるのが一般的です。

合同墓は、ひとつの大きいお墓にほかの方のご遺骨と一緒に納骨し供養する方法です。合祀(ごうし)墓や共同墓、集合墓とも呼ばれます。一度納骨するとご遺骨を取り出すことができませんが、納骨堂と同様にいつでも手を合わせに行くことができます。

自宅で供養する方法

女性が手を合わせて黙祷する

故人様をいつも近くに感じていたいという思いから、ご遺骨を自宅で供養する方は意外と多くいます。骨つぼに入れたご遺骨を自宅で保管することは、法律の上でも問題ありません。

ただし、ご遺骨をすべて自宅で衛生的に管理するのは難しいので納骨や散骨を行い、一部を手元に置くのが一般的です。自宅で供養する方のために、近年では手元供養品も多く販売されています。手のひらサイズのコンパクトな骨つぼは、色も形もバリエーションが豊富で部屋に飾っても違和感がありません。

また、ペンダントや指輪の中にご遺骨を納めて肌身離さず持ち歩く方も増えています。ご遺骨を手元に置くことで、いつも故人様がそばにいるように感じられることでしょう。

シーセレモニーの手元供養品

海へ散骨して供養する

岩場と海

納骨堂、合同墓も含めお墓にご遺骨を納めるのではなく、自然葬を希望する方も増えています。自然葬とはご遺骨を海や山へまいて供養する方法です。海洋散骨や海洋葬、樹木葬などと呼ばれます。自然に還る葬送方法です。

海や山などの自然を愛する方にも人気が高く、明るく前向きなイメージが特徴ともいえます。海に散骨する場合、ご遺骨をどこにまいてもいいというわけではありません。

海水浴場や生活圏から離れたところにまくなどマナーやルールを守り、条例によって定められた適切なエリアで行うことが大切です。海洋散骨をおこなったあとは、海に行けばいつでも故人様をしのぶことができます。故人様が眠っている海が身近に感じられるでしょう。

上記でご紹介した供養方法は、いずれも個人のお墓を建てたり、先祖代々のお墓を管理・維持したりすることより経済的な負担は軽くなります。

お墓がなくても供養の方法はいくつもある

切り花と数珠

お墓での供養が当たり前と思っている方は少なくありません。特に中高年の方はその意識が高いのではないでしょうか。しかし、近年では少子高齢化や未婚率の増加といったさまざまな暮らしの変化に伴って、お墓以外での供養を選ぶ方も増えています。

どのように供養していくのかは、ご家族の事情やライフスタイルに合わせて選べる時代です。大切なのは、どのような供養方法であっても、いつまでも故人様を思う気持ちではないでしょうか。海洋散骨については、シーセレモニーへぜひご相談ください。

関連記事