内容詳細

お気持ちに寄り添った
自由な散骨を

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 海洋散骨ナビ
  4. 新たな葬送の形として海や山への散骨が注目される理由
夕暮れ時の海

新たな葬送の形として海や山への散骨が注目される理由

大切な方を供養するために、ご遺骨を埋葬するのはお墓の中だけだと思っている方もいるのではないでしょうか。たしかに、これまでの時代は家族で一家のお墓を守り続けることが一般的でした。しかし近年では、時代の変化に伴って葬送の形にさまざまな方法が生まれています。

海や山へご遺骨をまいて供養する散骨も、近年注目を集める葬送方法の一つです。お墓に埋葬するという従来の方法から、なぜ今散骨が注目されているのでしょうか。今回は、散骨が注目される理由、そしてシーセレモニーが提供する海洋記念葬についてご紹介します。

海や山への散骨が注目されている理由

スカイツリーと都心と海

近年、新たな遺骨の埋葬方法として需要が高まっているのが、海や山などの自然環境に粉末化した遺骨をまいて供養する散骨です。

そもそも、現在のように散骨が葬送方法の一つとして広がる前は、散骨は違法行為なのではないかと思われることが多く、一般的に認知された葬送方法ではありませんでした。

しかし、1991年に総務省が「節度を持って散骨を行う場合に限り違法性はない」との見解を示したことで、新しい葬送方法として散骨が注目を浴びることになったと考えられます。現在では主に、“ライフスタイルの変化”と“故人様の希望”という2つの大きな理由によって散骨の需要が高まっているようです。

ライフスタイルの変化

公園で遊ぶ家族

今、海や山への散骨が注目されている理由は主に2つあります。

1つ目は、ライフスタイルの変化です。少子高齢化や核家族化によって、将来お墓を維持・管理していく後継者がいないという方が増加し、お墓を必要としない葬送方法が注目されるようになりました。また、新しく墓地を購入しようとする場合でも、価格が高騰していることで経済的にお墓を建てることが厳しいという理由も挙げられます。

代々受け継がれてきたお墓があっても、ご家族やご親戚がお墓から遠い場所に住んでいたり、身内がほかにいなかったりする場合、高齢者だけでお墓の管理・維持にかかる費用の支払いを続けなければならず、お墓の維持が難しくなります。そのため、墓地の購入や維持・管理が不要な散骨を選択する方が増えつつあると考えられます。

故人様のご希望

お父さん

2つ目は、故人様が生前に散骨を希望されていた場合です。

海や山に行くことが好きだった方や開放感のある自然に戻りたいと考える方など、お墓に入るよりも自分らしいという理由で散骨を選ぶ方も少なくありません。

後継者がいないという問題と関連しますが、故人様が亡くなった後に「家族に迷惑をかけたくない」「将来無縁墓地になってしまうかもしれない」など、心配の気持ちから散骨を希望される場合もあります。

山が好きなら山への散骨という選択肢も

ハイキングを楽しむ夫婦

山登りが趣味という方や故郷に思い出深い山があるという方は、自然と山への散骨に憧れを抱くのではないでしょうか。雄大な山で自然に還るイメージにロマンを感じるという方もいるかもしれません。

山への散骨を検討する場合、原則としてその土地の所有者の許可を取らなくてはなりません。散骨を行う場合は、必ずご遺骨を細かいパウダー状にしたうえで節度のある行動をすることが重要です。水源のあるところや建物の周辺では行わないなど、マナーを守って散骨を行います。

なお、山への散骨を請け負っている専門業者というのは現時点ではあまり一般的ではないようです。

海への散骨ならシーセレモニーの海洋記念葬

広い海の上に船が浮かぶ

シーセレモニーでは、ご遺族様のみの貸切で行う「ファミリー散骨」とスタッフがご遺族様の代わりに散骨を行う「代理散骨」の2つのプランをご用意しています。

さらに、貸切の船ではなく、ほかのご遺族さまと合同乗船して散骨を行う「合同乗船散骨」にも対応可能です。ここでは、ファミリー散骨と代理散骨のプランについて、それぞれのプランの特徴や違いをご紹介します。

ファミリー散骨の特徴

海へ花びらをまく人

ファミリー散骨プランでは、ご遺族様の人数に合わせてクルーザーを貸切にできます。

ご家族だけでなく、ご親戚やご友人など、より多くの方に来ていただくことで、故人様もきっと喜ばれるはずです。もちろん、ご家族のみで故人様とのお別れの時間を大切に過ごすのも一つの方法です。

シーセレモニーでは、オプションを複数ご用意していますので、理想のお見送りができるように組み合わせてみてはいかがでしょうか。散骨の際に故人様が生前好んでいたお酒やお花などを一緒にまいたり、故人様がお好きだった曲を流したりできます。

ファミリー散骨プラン

代理散骨の特徴

砂浜にまかれた花びら

シーセレモニーでは、「クルーザーに乗船できない」「遠方で現場まで足を運べない」など、さまざまな理由で散骨に立ち会うことができない方に向け、スタッフが代理で散骨を行うプランもご用意しています。

ファミリー散骨と比べると費用を抑えられるため、経済的な理由から貸切クルーザーでの散骨の選択が難しいという方もお気軽にご相談ください。

また、当日はクルーザーには乗船できませんが、乗船場所までお見送りにお越しいただけます。散骨後は、当日の様子や散骨した海域の緯度経度などを記載し、散骨証明書としてお送りいたします。

代理散骨プラン

故人様とご遺族様のお気持ちを大切に

海を眺める親子

海洋散骨をする場合、全てのご遺骨を海へまくことになるかというとそうではありません。粉骨したご遺骨の一部を手元供養にする、お墓へ埋葬した残りを散骨する、などの方法があります。

大切なことは、ご家族やご親戚が話し合い、みんなが納得したうえで散骨を行うことです。話し合いによって、どの供養方法がよいのかを事前にしっかりと決めておきましょう。

シーセレモニーの海洋記念葬では、経験豊富なコンシェルジュがご遺族様のご希望に合わせたプランを作成いたします。使用する船の種類やプランについてなど、気になる点があれば、お気軽にお問い合わせください。

海洋記念葬

関連記事