内容詳細

お気持ちに寄り添った
自由な散骨を

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 海洋散骨ナビ
  4. 海や山への散骨が注目されている理由とは?新たな選択肢として覚えておこう
夕暮れ時の海

海や山への散骨が注目されている理由とは?新たな選択肢として覚えておこう

ご遺骨を埋葬するのはお墓の中だけだと思っている方も多いのではないでしょうか。実は、新たな埋葬方法として「散骨」を選ぶ方も増えてきています。
お墓に埋葬するという従来の方法から、なぜ散骨に注目が集まっているのでしょうか。その理由を解説したうえで、シーセレモニーが提供している海洋記念葬についてご紹介します。

注目を集める海や山の散骨方法

近年、新たな遺骨の埋葬方法として需要が高まっているのが、海や山などの自然に粉末化した遺骨をまく「散骨」です。

そもそも、散骨が広がる前は違法行為ではないかと思われていたため、あまり表にでることはありませんでした。しかし、1991年に総務省が「節度を持って散骨を行う場合に限り違法性はない」との見解を示したことで、新しい埋葬方法として散骨が注目を浴びることになったと考えられます。

その他に、ライフスタイルの変化や故人様の希望によって需要が高まっているようです。

ライフスタイルの変化

少子高齢化や核家族化によって将来お墓を管理して維持していく後継者がいないということも散骨が増えている理由の一つです。また、新しく墓地を購入しようとしても、価格が高騰していることで経済的に厳しいという理由も挙げられます。

代々受け継がれてきたお墓があっても、ご家族やご親戚が遠い場所に住んでいたり、身内が他にいなかったりする場合、高齢者だけでお墓の管理や維持費の支払いなどが難しくなってくるでしょう。そのため、墓地の購入や維持管理の必要のない散骨の利用が多くなっていると考えられます。

故人様のご希望で行う

2つ目は、故人様が生前に散骨を希望されていた場合です。

海や山に行くことが好きだった方や開放感のある自然に戻りたい方などお墓よりも散骨のほうが自分らしいという理由で選ばれる方も多くいらっしゃいます。

後継者がいないという問題と関連しますが、故人様が亡くなった後に家族に迷惑をかけたくない、将来無縁墓地になってしまうかもしれないなど、心配の気持ちから散骨を希望される場合もあります。

海への散骨ならシーセレモニーの海洋記念葬

広い海の上に船が浮かぶ

シーセレモニーでは、ご遺族様のみの貸切で行う「ファミリー散骨」とスタッフがご遺族様の代わりに散骨を行う「代理散骨」の2つのプランをご用意しております。
どのような違いがあるのか、それぞれのプランの特徴をご紹介します。

ファミリー散骨の特徴

海へ花びらをまく人

ファミリー散骨プランは、ご遺族様の人数に合わせてクルーザーを貸切ることができます。
ご家族だけでなく、ご親戚やご友人など多くの方に来ていただくと故人様もきっと喜ばれることでしょう。もちろん、ご家族のみで故人様とのお別れの時間を大切に過ごすのもひとつの方法です。

オプションをいくつかご用意していますので、理想のお見送りができるように組み合わせてみてはいかがでしょうか。散骨の際には、お酒やお花などを一緒にまいたり、故人様がお好きだった曲を流したりできます。

代理散骨の特徴

砂浜にまかれた花びら

クルーザーに乗船できない、遠方で現場まで来ることができないなどさまざまな理由で散骨に立ち会うことができない場合、シーセレモニーのスタッフが代理で散骨を行うプランをご用意しています。
ファミリー散骨と比べたら費用を抑えることができますので、経済的な理由でお悩みの方もお気軽にご相談ください。

また、当日はクルーザーには乗船できませんが乗船場所まではお見送りしていただけます。
散骨後は、当日の様子や散骨した海域の緯度経度などを記載して、「散骨証明書」としてお送りいたしますので、ご安心ください。

故人様とご遺族様のお気持ちを大切に

海を眺める親子

散骨となればすべてのご遺骨をまくことになるというと、そうではありません。粉骨したご遺骨を一部手元供養にしたり、一部をお墓へ埋葬して残りを散骨したり、さまざまな方法があります。

一番大切なことは、ご家族やご親戚と話し合って全員が散骨することに納得したかということです。たくさん話し合ってどの供養方法がよいのか事前にしっかり決めておきましょう。

シーセレモニーの海洋記念葬であれば、経験豊富なコンシェルジュがご遺族様のご希望に合ったプランを作成いたします。お気軽にお問い合わせください。

関連記事