内容詳細

お気持ちに寄り添った
自由な散骨を

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 海洋散骨ナビ
  4. 違法ではない?散骨を行う際に注意しておきたいポイント
年配の夫婦が海を眺める

違法ではない?散骨を行う際に注意しておきたいポイント

ライフスタイルの多様化や少子化に伴って、お墓の維持や管理が必要ない散骨を希望する人が徐々に増えています。散骨は亡くなったらお墓に入るという従来の日本の慣習とは異なり、故人様のご遺骨を海や山などにまいて供養する葬送方法です。

散骨と聞いて、「遺骨をまくことは法律に違反しないの?」と気になっている方も多いのではないでしょうか。結論からいえば、散骨は違法ではありません。個人で行うこともできますが、周囲の環境や住民への配慮を怠るとトラブルになる恐れもありますので、正しい知識を持つことが大切です。

この記事では、散骨の際に覚えておきたいルールやマナー、注意しておきたいポイントについてお伝えします。

地域によってはガイドラインがある

年配のご夫婦

散骨には法的なルールがなく、実施者の判断で自由に行うことができるのが特徴です。一方で、自治体のなかにはガイドラインを設けて散骨できる場所を制限しているところもあります。

たとえば、北海道や埼玉県、静岡県では、漁業や農業への風評被害を防ぐため、または観光名所としてのイメージを壊さないようにするためにガイドラインが設定されています。これらの場所での散骨は、ガイドラインを違反すると罰則が科せられる場合もありますので注意が必要です。

個人で散骨を行う場合は、地域のガイドラインを必ず確認し、それに従いましょう。ガイドラインがない場所であっても周辺環境や地域住民への配慮は必要です。

散骨する際は粉骨が必要

骨壺

ご遺骨を自然へ還す散骨では、火葬後のご遺骨をそのままの状態で散骨することはできず、必ず粉骨しなければなりません。

粉骨は、遺骨をパウダー状になるまで砕くことを指します。散骨そのものは違法ではありませんが、ご遺骨をそのまま自然へ還すことは遺棄とみなされるため、法律で禁止されています。

粉骨の際は、一目見てご遺骨と分からないように、1~2mm程度のパウダー状に粉骨しなければなりません。自分で行うことも不可能ではありませんが、時間や精神的な負担がかかるため、業者に依頼するのが一般的です。

専門業者に頼めば場所の選定から粉骨まで手軽にできる!

資料を持つ女性

山で散骨を行う場合、所有者の許可が必要です。一方、海であれば許可をもらう必要はありません。海洋散骨では、沖合で漁業エリアを避けるように注意し、自治体で定められたガイドラインやルールを守ればトラブルになる心配はありません。ただし、沖に出るためには、船の手配が不可欠です。

個人で海洋散骨の手続きや実施を行うのは不安という方は、海洋散骨を専門にしている業者に依頼することをおすすめします。船の手配はもちろんのこと、粉骨から適切な場所の選定、散骨の儀式まで全てを担ってくれます。トラブルを避けて安心して散骨を行うためにも、専門業者への依頼を検討してみてください。

シーセレモニーの海洋記念葬

レインボーブリッジと海

シーセレモニーでは、海洋散骨を故人様の新しい旅立ち、また、ご遺族にとっての記念日になることを願い「海洋記念葬」と名付け、散骨のお手伝いをしています。

海洋記念葬にはさまざまなプランを用意しています。家族や親族で食事をしたり音楽をかけたりと、明るい雰囲気でお見送りできるファミリー散骨プラン、ご遺族の代わりに心を込めて海洋記念葬を執り行う代理散骨プランなど、故人様やご遺族の思いに応えるプランをお選びいただけます。もちろん、粉骨サービスもお受けしています。

海洋散骨に興味がある方、プランについて詳しく知りたいという方は、ぜひお気軽にシーセレモニーへお問い合わせください。

海洋記念葬

関連記事