内容詳細

お気持ちに寄り添った
自由な散骨を

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 海洋散骨ナビ
  4. 自然に還す葬送として注目される散骨と樹木葬、違いや特徴を紹介
海に鳥がいる景色

自然に還す葬送として注目される散骨と樹木葬、違いや特徴を紹介

これまで日本では、家族が亡くなったらお墓を建てて供養するという方法が一般的でした。しかし、最近では故人様のご遺骨を自然に還す方法が注目されています。
ここでは、散骨と樹木葬について詳しくご紹介します。

お墓を持たない葬送の形

近年、お墓を持たない供養の形として注目が高まっているのが自然葬。そしてその代表が「散骨」と「樹木葬」です。
これらの葬送方法はお墓を建てる土地の購入やお墓の管理代が発生しないため、費用の面でメリットが大きく、希望する方が増えてきているといわれています。

散骨と樹木葬の違い

広い野原に大きな木が1本立っている

散骨と樹木葬は、故人様のご遺骨を自然に還すという点では同じように感じますが、大きく異なる点もいくつかあります。
散骨と樹木葬の違いを詳しくみてみましょう。

散骨は「まく」に対して、樹木葬は「埋める」

散骨と樹木葬の最も大きな違いは、散骨では粉骨したご遺骨を海や山へまくのに対して、樹木葬では樹木や植物を墓標の代わりにして土中に埋めるという点です。

散骨では、必ずご遺骨を砕いてパウダー状にしなければなりませんが、樹木葬ではご遺骨の形に関する決まりは特にありません。

手続きの有無

次に、手続きに関してチェックしてみましょう。

樹木葬には一般的なお墓に埋葬するのと同じ手続きや許可が必要です。そのため、どこでも自由にご遺骨を埋葬できるわけではなく、法律で許可された墓地を選んで使用しなければなりません。また、樹木葬を行う場合、埋葬許可証も必要です。

一方、散骨に関しては法律で定められた決まりがないため、手続きは必要ありません。ただし、先に説明した通り、ご遺骨の粉砕や散骨エリアの選択への配慮は必須です。

墓標の違い

最後は墓標の違いです。
散骨は海や山にご遺骨をまくため、墓標が経つことはありませんが、樹木葬の場合は樹木や草花が墓標代わりとなります。そのため、お墓を建てなくても定期的にお参りに足を運ぶことが可能です。

散骨や樹木葬の費用について

植物園

散骨と樹木葬では必要となる費用も異なります。

散骨の場合、海や山といった場所や散骨方法によって差はありますが、およそ5~30万円が相場だといわれています。また、粉骨作業を専門業者に依頼する場合には別途3万円ほどが必要です。

それに対して樹木葬の場合、費用相場は10~70万円ほど、場合によっては100万円近くかかることもあります。ただし、お墓を建てることを考えれば費用を抑えられるでしょう。

将来的な負担を軽減できる自然葬

夕暮れの海をクルージング

今回は注目の自然葬について解説しました。少子高齢化によってお墓の後継者がいないことや、将来子どもたちにお墓の管理・維持で迷惑をかけたくないという理由で自然葬を選択される方も増えてきています。

希望に合わせた散骨プラン

シーセレモニーではファミリー散骨プランで東京・横浜・湘南と3つのエリアでの散骨クルージングを行っています。
写真撮影や献花・献酒、故人様のお好きだった音楽を流すといったサービスに加え、オプションで船上でのビュッフェ、BBQなども実現可能です。

シーセレモニーのファミリー散骨プラン

船を貸切にしたクルージングプランや代理散骨まで

大人数でわいわいとにぎやかに故人様を送り出したいという場合には中型・大型のクルーザーを貸切っての会食、さらには年忌法要クルーズもおすすめです。また、ご遺族様が遠方に住んでいる場合や、どうしても都合がつかない場合、弊社スタッフによる代理散骨プランもご利用いただけます。

シーセレモニーの代理散骨プラン

 

散骨を行った海域の緯度経度を記載した散骨証明書をお送りするため、年忌法要で故人様をお送りした海域付近へお参りしていただくことも可能です。
「お墓を建てるには手間や費用がかかりすぎる」「コストを抑えつつ、笑顔で故人を送り出したい」というご遺族様は、ぜひ自然葬、そしてシーセレモニーの海洋散骨をご検討してみてください。

関連記事