内容詳細

お気持ちに寄り添った
自由な散骨を

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 海洋散骨ナビ
  4. 大切な故人様をお見送りする海洋散骨はどのタイミングが良い?
透き通ったきれいな海と青空

大切な故人様をお見送りする海洋散骨はどのタイミングが良い?

近年、これまで一般的だったお墓への納骨に加えて、さまざまな納骨方法が増えてきました。なかでも、散骨は自然環境に優しい納骨方法として注目を浴び、特に「海洋散骨」の人気は高まり続けています。
しかし、お墓への納骨を行ってきた方には散骨の適切なタイミングがあまり周知されていません。
今回は、ご遺族様が笑顔で故人様をお見送りできるように、散骨に適したタイミングについてご紹介します。

散骨のタイミングは自由に決められる

お寺と桜

一般的にお墓へ納骨する場合は、四十九日法要と同じタイミングで行うことがほとんどです。散骨も特に決まりはないため、自由に行えます。

日程にはこだわらないという方は、お墓への納骨と同じように四十九日を迎えたときに散骨すると良いでしょう。また、分骨を考えていらっしゃる方は、四十九日にお墓へ納骨し、散骨はご遺族様のお好きなタイミングで行う方法もあります。

故人様の希望やご遺族様の心情に合わせたタイミングで見送る

散骨のタイミングが自由とはいえ、故人様が生前に希望の日付や季節を伝えていたのなら、希望に添って散骨することが一番の供養になるでしょう。希望がなかった場合は、ご遺族の皆様でしっかりと話し合ってどのタイミングで散骨するのかを考えることが大切です。

散骨のタイミングに悩んでいる方は、故人様との思い出の日やお誕生日などの特別な日、一周忌や三回忌などの節目を選ぶと良いでしょう。

四十九日を迎え、いまだ悲しみが癒えずにまだ手元へ置いておきたいというお考えの方もいらっしゃいます。そのような場合は、ご遺族様のお気持ちが落ち着いたときに散骨しましょう。1年後でも10年後であっても問題はありません。

時期や季節を考えて散骨する

年中、どの季節でも散骨は可能ですが、海洋散骨の場合はどうしても天候に左右されてしまいます。夏は、お盆の時期でもあるため散骨を考える人も多いですが、台風の影響を受けやすく、暑さも厳しくなります。さらに、花火大会や船上パーティーなどで船の利用が多いため混雑も予想されます。

冬は、場所によっては海が荒れやすく厳しい寒さのなかでの散骨になるため、避けるのが無難です。
よって、穏やかな気候になる春か秋が散骨に適した季節といえます。ただし、梅雨の時期は天候が変化しやすいため避けたほうが良いでしょう。

お墓へ納骨したあとの散骨も可能

白い花と数珠

ご遺骨をお墓へ埋葬したあと、さらに散骨したいと考えていらっしゃる方がいるかもしれません。その場合でも、しっかりと手続きを行えば納骨後の散骨は可能です。

お墓からご遺骨を取り出すためにはいくつか必要な手続きがあり、取り出したあとは散骨するための粉骨作業が必要です。複数の手続きが必要なため、散骨日に間に合うように余裕を持ってスケジュールを組むようにしましょう。

改葬に必要な手続きとは?

お墓に納骨してあるご遺骨を取り出す場合には、お墓のある地域の役所へ行き「改葬許可申請書」に必要事項を記入し、改葬許可の手続きを行います。
ただし、骨壷内のご遺骨を一部だけ取り出す場合は役所への届け出は不要です。骨壷に入っている全てのご遺骨を取り出す場合のみ、手続きが必要になりますのでご注意ください。

そして、お墓の管理者からは「埋蔵証明書」を発行してもらいましょう。納骨堂の場合は、「収蔵証明書」になります。

ご遺骨の状態に合わせた粉骨作業が必要

ご遺骨を取り出したあとは、散骨するための粉骨が必要です。粉骨は個人で行う方法と業者に依頼する方法があります。

しかし、細かく粉砕しなければならなかったり、ご遺骨が水分を含んでいる場合は洗浄や乾燥などの工程が必要であったり、個人で粉砕するには難しい場合がありますので、専門の業者に依頼するのが良いでしょう。

シーセレモニーではご遺骨のお引取りから、異物の除去や洗浄、乾燥、粉骨、そして海洋散骨ができるよう人数分に個包装まで行うサービスをご用意しております。(ご遺骨の洗浄・乾燥はオプションとなります)

シーセレモニーでは故人様を温かく見送るお手伝いをいたします

ご遺骨を散骨するタイミングに決まりはありません。故人様やご遺族様が希望されるタイミングで散骨を行いましょう。

シーセレモニーでは、ご遺族様が安心して故人様をお見送りできるよう、さまざまなサービスやプランをご用意しております。海洋散骨に関して、お悩みやご不明な点がございましたらいつでもお問い合わせください。

関連記事