内容詳細

お気持ちに寄り添った
自由な散骨を

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 海洋散骨ナビ
  4. 墓じまいにかかる費用はどのぐらい?費用や名目を解説
ボヤけたお墓

墓じまいにかかる費用はどのぐらい?費用や名目を解説

「お墓の継承者がいなくて困っている」「経済的にお墓の維持ができない」などのさまざまな理由でお墓を管理・維持するのが難しくなり、墓じまいを考えているという方は年々増加傾向です。

しかし、実際に墓じまいをするためにかかる費用を把握している方は多くありません。墓じまいにかかる費用についての知識がないと、思わぬトラブルが起きてしまう可能性もあります。

そこで今回は、墓じまいにかかる費用について詳しく内訳を解説します。墓じまいを検討している方は費用も必ず確認しておくようにしましょう。

墓じまいには「費用」がかかる

いくつかの墓石

墓じまいは、お墓のあった土地を更地にして土地の使用権を所有者に返還することです。

「借りていた場所をきれいにして返す」というイメージからなんとなく「それほどの費用はかからない」と思い込んでいる方も多いのではないでしょうか。

お墓とお花

しかし、実際には費用がかかり、無料で行うことはできません。

墓地の管理者や菩提寺(ぼだいじ)に支払うお金をはじめ、墓石の撤去や土地を更地に戻すためにかかる作業費用、手続きのために必要な証明書発行など、さまざまな経費がかかります。

ある程度まとまったお金が必要になるため、しっかりと事前に計画を立てることが大切です。スムーズに墓じまいを行うためには、具体的にどのような費用が必要なのかを順に説明します。

【費用1】遺骨の取り出し作業

墓石と墓誌

墓じまいをする際には、納められているご遺骨を取り出す作業が欠かせません。ご遺骨をお墓から取り出すには「墓地、埋葬等に関する法律」に基づき、市町村長の申請・許可が必要です。手続きをしっかり行った上であれば、法律的には問題はありません。

ご遺骨の取り出し作業を行うためには一般的に約3〜5万円ほどかかるといわれています。作業を依頼する業者によっても料金は変化するので、事前に見積もりと相場を調べておくと安心です。

※地域や業者によって作業費用は変動しますので、お墓がある地域の相場は必ず確認してください。

【費用2】埋葬証明書や改葬許可証などの発行にも費用が発生

墓じまいに必要な書類を見る女性

墓じまいを行うためにはさまざまな書類が必要です。その書類を発行するには数百円から数千円の費用が発生します。

  • 現墓地の管理者から発行してもらう「埋葬許可証
  • 新たなご遺骨の受け入れ先から発行される「受入証明書
  • お墓のある自治体に申請する「改葬許可申請書」など

市区町村によっても様式が異なるため、事前の確認が必要です。行政手続きは暮石を撤去するまでに終わらせておくのが良いでしょう。

【費用3】墓石の撤去や墓所の更地費用

霊園のお墓

ご遺骨を別の場所に移したら、墓石を撤去し、墓所を更地に戻す作業が必要です。この作業にかかる費用は、一般的には敷地面積1平方メートル当たり10〜20万円ほどが相場だといわれています。

しかし、墓石といってもさまざまな種類や大きさのものがあり、撤去にかかる費用は異なります。また、お墓のある立地によっては作業方法や使用する機材も変化するため、費用が変動します。

【費用4】離檀料(りだんりょう)

女性がお墓をお掃除

離檀とは、お寺からお墓を移転して檀家を離れることをいいます。お墓に菩提寺(ぼだいじ)がある場合は、離檀料を払うのが一般的です。

離檀料はこれまでお墓を守ってもらった感謝を表すためのもので、金額はお寺によって違いますが一般的には3〜30万円が相場だといわれています。

【費用5】その他、お布施など

数珠

ご遺骨をお墓から取り出す際には、墓石から故人様の魂を抜くための閉眼法要が欠かせません。

閉眼法要では、僧侶の方が読経(どきょう)してくれますので、そのお布施が必要です。お布施自体は感謝の気持ちを表すものなので、数千円〜5万円が相場だといわれています。

墓じまい後のさまざまな選択肢

青い海

実際に墓じまいを行う際は、紹介したさまざまな費用に加えて、ご遺骨を移す先でかかる費用も必要です。ご遺骨の新たな供養先としては、永代供養墓のほかに樹木葬、納骨堂、手元供養などの幅広い選択肢があります。

「永代供養」を簡単に知る

永代供養墓とは他の人のご遺骨と一緒に供養するお墓のことです。

継承者がいない方や複数のご遺骨を納骨したい人に向いています。

「墓じまい」したあとに行う供養の方法とは? 海洋散骨・永代供養・納骨堂について

「樹木葬」を簡単に知る

樹木葬とは樹木や花などをシンボルにしたお墓のことです。

一般的には樹木葬は永代供養であることが多いようです。

「納骨堂」を簡単に知る

納骨堂は、室内でご遺骨を個別に安置できる施設・建物のことです。

他の人のご遺骨と合同のお墓に入れることに抵抗がある方におすすめ。

納骨堂、手元供養について

「手元供養」を簡単に知る

手元供養はご遺骨を自宅で保管し供養する方法です。

ご遺骨の半分はお墓に入れ、残りは自宅で保管するといった方法が用いられています。

納骨堂、手元供養について

ほかにも「海洋散骨」が選択肢の一つに

青い空と海

最近では供養方法の一つとして「散骨」も人気になってきました。散骨はご遺骨を細かい粉状にして自然に還す供養方法です。

主に海や山にご遺骨を撒きます。生前海が好きだった人や、自然に還ることにロマンを感じる人に向いている方法ではないでしょうか。

シーセレモニーではご遺族のお気持ちに寄り添った海洋散骨を行っております。気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

関連記事