LINEでご相談 お問い合わせ・お申し込み
03-6809-644724時間営業( 年中無休対応 )
海洋散骨ナビ
海洋散骨ホーム 海洋散骨ナビ 墓じまいのあとは樹木葬に!負担を抑えて実現する供養の形とは

墓じまいのあとは樹木葬に!負担を抑えて実現する供養の形とは

2024.01.19
お墓のお悩み
墓じまい
ご夫婦がほほ笑む

墓じまいとは、今あるお墓を撤去し、ご遺骨を新しい場所へ移して供養することです。

一般的に、遠方にあるお墓の管理に行き詰っている方や継承者がいなくなってしまった方が墓じまいを選択します。また、近年の少子高齢化やライフスタイルの変化によって今後墓じまいをする方は増えていくと予想されます。

墓じまい後の供養先はさまざまですが、最近注目されているのが樹木葬です。今回は、樹木葬について、その人気の理由やメリット、基本的な流れについて詳しく紹介します。

樹木葬とはどのような供養方法?

大きな緑の木自分にもしものことがあったとき、「お墓ではなく自然に還してほしい」と思ったことはありませんか。さまざまな方法から比較的自由に葬送方法を選べるようになってきた現代において、ご遺骨を海や山などの自然に還す「自然葬」を選ぶ方が増加しています。

樹木葬は、自然葬と呼ばれる葬送方法の一つです。墓石ではなく樹木や花などを墓標(シンボル)としてご遺骨を埋葬します。

「自然に還す」という点から、これまでのお墓とは異なり、明るく開放的なイメージに好感を持つ方も多いのではないでしょうか。樹木葬の歴史はまだまだ浅いですが、現在では公営・民間ともに樹木葬に対応する霊園も数多く運営されています。

樹木葬の埋葬方法

森林のなかにあるお花樹木葬の埋葬方法には、「合祀型」「共同埋葬型」「個別埋葬型」の3種類があります。ここでは、それぞれの埋葬方法について紹介します。

1.合祀型

合祀型は、複数の人のご遺骨を一つの樹木やエリアにまとめて埋葬する方法です。この方法では、ご遺骨は骨壷から取り出され、土に還されます。

樹木葬の埋葬方法のなかで費用が最も安価で管理の手間がかからないことがメリットです。ただし、一度埋葬すると取り出すことはできません。

2.共同埋葬型

共同埋葬型は、ほかの方のご遺骨と区切って埋葬する方法です。複数人のご遺骨と同じエリアに埋葬する形態で、ご遺骨は骨壷のまま区画ごとに埋葬されます。

共同埋葬型は合祀型よりも費用が高くなる傾向がありますが、ほかの方のご遺骨と混ざってしまうことがないというメリットがあります。

3.個別埋葬型

個別埋葬型は、一つの樹木やエリアに一人分のご遺骨を埋葬する方法です。それぞれのご遺骨は個別に区別され、別々の場所に埋葬されます。これにより、一般的なお墓と同じようにお墓参りが可能です。

これらの埋葬方法については、それぞれの特徴を把握したうえで、故人様やご遺族様の意見を尊重して選択するようにしましょう。

樹木葬を選択することで得られるメリット

公園で笑う夫婦近年、人気が高まっている樹木葬には、さまざまなメリットがあります。

まず、墓石を使った一般的なお墓と比べて経済的な負担が軽い点は大きなメリットです。墓石を購入する必要がないだけでなく、維持費や管理費もかかりません。

次に、家族単位のお墓とは違い、継承者を必要としないこともメリットです。寺院が経営する樹木葬の墓地では、永代供養がついていることも少なくありません。

そのほかにも、次のような多くのメリットがあります。

  • 故人様の思いを尊重できる
  • お参りしやすい
  • ペットと一緒に埋葬が可能な場合がある

樹木葬を選択する際の注意点

手を合わせるカップルメリットの多い樹木葬ですが、選択する際は、いくつか注意点もあります。

故人の意思を尊重する

供養方法を決める際には故人様の意思を尊重することが大切です。

仮に故人様が樹木葬ではない別の方法を希望していた場合は、できる限りそちらを選択するのが望ましいです。故人様が樹木葬を希望していなかった場合は、ご遺族様で話し合ってご遺族様の意思に沿った葬送方法を選ぶようにしましょう。

お参りのしやすさを考慮する

樹木葬を選ぶ場合、埋葬先の寺院・霊園の立地や足の運びやすさも大切です。

特に高齢者や足腰が不自由な方がお参りをする場合、アクセスの良い場所を選ぶ必要があります。道が整備されているか、駐車場や歩道が整備されているかなど、総合的な利便性を確認しましょう。

遺族でよく話し合う

樹木葬は墓石の購入や管理などの費用は必要ありませんが、墓地・霊園の使用料や樹木の剪定・手入れなどの費用はかかります。そのため、家族や親族で費用を負担する割合を話し合っておく必要があります。その際、樹木葬の種類や埋葬方法なども決めておくと安心です。

樹木葬を申し込むまでの流れ

カレンダーとえんぴつ樹木葬を申し込む際には以下のような流れが一般的です。

  1. 情報収集と施設の選定
  2. 施設の見学
  3. 申し込み手続き

樹木葬は、ご自身の気に入る場所を探して生前予約できます。お住まいの周辺から希望エリアにある樹木葬の施設をネットで検索したり、石材店に相談したりすることから始めます。

その後、樹木葬に関するパンフレットを取り寄せて価格や希望条件などを比較し、候補を絞ります。候補を絞ったあとは、できればご家族と一緒に現地まで見学に行きましょう。

その場へ足を運ばなければ分からない雰囲気や周辺の環境、アクセスなどを確認します。気に入った施設が見つかったら、契約、入金の流れとなります。

樹木葬の費用と人気が高まる散骨

木に囲まれた場所樹木葬の費用相場は埋葬方法によって異なります。

埋葬方法費用相場
合祀型5~30万円
共同埋葬型15~60万円
個別埋葬型20~80万円

樹木葬にかかる費用相場には幅がありますが、約5〜80万円といわれています。また、年間約5千~2万円の維持管理費が必要ですが、一般的なお墓に納骨するよりも長期的に見て経済的な負担は軽くなります。

なお、樹木葬と同じ自然葬のなかには「散骨」という葬送方法もあります。そのうち、海洋散骨は粉状にしたご遺骨を海に撒いて故人様を供養します。こちらも樹木葬と同じように、継承者が不要なうえに経済的負担は樹木葬よりもさらに軽くなる場合が多く、近年注目されています。

関連記事:散骨とは?種類や費用、流れなどの基礎知識を解説

ご家族の心に残るシーセレモニーの海洋記念葬

夫婦でクルーザーに乗るシーンシーセレモニーでは、故人様とご遺族様のお別れの日をサポートする海洋散骨プランを提供しています。東京や横浜、千葉、大阪、高松、沖縄、ハワイなど幅広い海域から散骨場所をお選びいただけます。

散骨プランは、ご家族だけでクルーザーを貸切にできるファミリー散骨プランや、ご遺族様に代わってスタッフが散骨を行う代理散骨プランなどをご用意しています。

また、ご遺骨の一部を散骨せずに手元供養品として保管することや、散骨したエリアを年忌法要のタイミングで再び訪れることも可能です。海洋散骨に興味をお持ちの方は、お気軽にシーセレモニーにお問い合わせください。


監修者 | 島田 快

散骨ディレクター・終活カウンセラーを務めております島田です。皆さまからいただきました疑問の声にお応えしながら、少しでも海洋散骨のご不安を和らげるお手伝いを出来ればと思っています。海洋散骨に限らず、終活や墓じまいに関してのお悩みなどもお気軽にお寄せください。

この監修者の記事一覧

この記事が気に入ったら
「いいね!」
散骨プランはこちら散骨プランはこちら

お問い合わせ・お申し込み

ご料金のことやご日程など、お客様のご要望に沿って海洋散骨の詳細を決めていきます。
ご不明点やご相談も弊社のコンシェルジュが丁寧に対応させていただきますので、お気軽にお問合せ下さい。
お電話でのお問い合わせ
03-6809-644724時間営業( 年中無休対応 )
LINEでのご相談
お問い合わせ・お申し込み