LINEでご相談 お問い合わせ・お申し込み
03-6809-644724時間営業( 年中無休対応 )
海洋散骨ナビ
海洋散骨ホーム 海洋散骨ナビ 東京都内で墓じまいをする際の費用や注意点を解説

東京都内で墓じまいをする際の費用や注意点を解説

2023.01.11
墓じまい
お墓に布をかぶせるイメージ

東京都内が生活基盤となっている方のなかには、後継者不足や経済的な負担や労力を考えて墓じまいを検討している方も多いのでないでしょうか。

しかし、「具体的にどういった手続きが必要になるのか」「費用はどれくらいかかるのか」といった問題に直面することもあるようです。

そこで今回は、東京都内で墓じまいをする際に必要となる費用の相場や、注意したいポイントについて解説していきます。また、墓じまい後の供養方法についても紹介するので、ぜひ参考にしてください。

東京都内で墓じまいをする際の費用相場

電卓とお金

墓じまいをする場合、いくつかの手順があり、それぞれに費用が掛かってきます。

檀家を離れる時の費用

墓じまいをするお墓が寺院にある場合、その檀家を離れることになります。

これまでお世話になった寺院に対して感謝の気持ちを表すために、お布施が必要です。相場は、付き合いの長さにもよりますが、5~20万円程度といわれています。

墓石の撤去費用

墓じまいでは墓石を撤去した上で区画を更地にして返す必要があります。石材店に撤去作業を依頼するのが一般的で、費用相場は1平方メートルあたり8~15万円です。

墓じまいの書類手続き費用

墓じまいをする場合、改葬許可証が必要になります。

この書類がないと、墓石撤去の依頼ができない石材店がほとんどです。書類手続きの費用は高くても3,000円以内です。市区町村によっては無料で手続きができることもあります。

閉眼供養で渡すお布施

墓じまいをする際に、仏様の魂を抜く儀式のことを閉眼供養と呼び、僧侶に読経を上げてもらいます。そのようなときに渡すお布施の費用は、3~10万円程度が相場です。

はっきりとした金額が決まっているわけではなく、地域によっても差があるため、可能であれば事前に住職と話し合って金額を決めておきましょう。

東京都内で墓じまいをするときの注意点

お墓の前で僧侶がお経を唱える

東京都内で墓じまいを行う際に注意したいポイントは、事前に親戚一同に対して墓じまいを行うことの了承を得ておくことです。

自分が故人と最も縁が深い立場だったとしても、独断で墓じまいを決めてしまうと、後々トラブルを引き起こす可能性が高くなります。

墓じまい後の供養方法

お経を唱える

墓じまい後のご遺骨の供養方法としては、近くに新しくお墓を購入したり、管理維持が楽になる永代供養墓を利用したり、さまざまな方法があります。

特に、お墓を持たない供養方法として、最近注目を集めているのが『海洋散骨』です。

ファミリー散骨シーン

※クルーザーに乗船して散骨と献花するシーン

粉末状にしたご遺骨を海に撒くことで、故人の供養をします。死後は自然に還りたいという思いを持っている方におすすめの供養方法です。

シーセレモニーの海洋散骨

シーセレモニーでは、故人様やご遺族様に寄り添った海洋散骨プランを提供しています。

ご家族やご親戚だけでクルーザーをチャーターして散骨ができる「ファミリー散骨プラン」、何らかの事情で散骨に参加できないご遺族様に代わってスタッフが丁寧に散骨を行う「代理散骨プラン」など、ご遺族様の希望に合わせた最適な海洋散骨をしていただけます。

海洋散骨に興味を持たれましたら、お気軽にお問い合わせください。


この記事が気に入ったら
「いいね!」
お問い合わせ・お申し込み
ご料金のことやご日程など、お客様のご要望に沿って海洋散骨の詳細を決めていきます。
ご不明点やご相談も弊社のコンシェルジュが丁寧に対応させていただきますので、お気軽にお問合せ下さい。
お電話でのお問い合わせ
03-6809-644724時間営業( 年中無休対応 )
LINEでのご相談
お問い合わせ・お申し込み