内容詳細

お気持ちに寄り添った
自由な散骨を

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 海洋散骨ナビ
  4. 大切なペットの供養方法。自然へ還す散骨も視野に
白い犬と家族

大切なペットの供養方法。自然へ還す散骨も視野に

大切なペットが亡くなってしまった後は、家族と同じように供養してあげようと考える方も多いのではないでしょうか。しかし、「どのようにペットを供養したらよいか」「自分で供養する方法はあるのか」など、具体的な方法が分からなく悩まれる方も多いはずです。

そこで今回は、万が一に備えて今から知っておきたいペットの供養方法とシーセレモニーが手掛けるペット散骨プランについてわかりやすく解説します。現在ペットの供養について調べている方はぜひ参考にしてみてください。

ペットの供養に決められたルールはない

女性が子犬を抱くシーン

家族の誰かが亡くなってしまったとき、お墓を建てる、樹木葬や海洋散骨葬などの自然葬にするなどいくつもの選択肢があります。どの供養方法を選んだとしても一定の決まりや注意すべき点が存在します。

一方、ペットの供養に関しては決められた法律やルールは存在しません。そのため、飼い主様がペットとどのようなお別れの仕方を選ぶかによって選択肢が異なります。たとえば、長く過ごした自宅の庭に散骨する方もいます。

ペットの供養はどのような方法がある?

ペット霊園

ペット供養の場合、人と違い風習などがありません。具体的に「こうしなければならない」といったルールや決まりがないため、宗教などにとらわれず自由に供養することが可能です。実際にどのようなものがあるのか、代表的な供養方法を詳しくご紹介します。

自宅で手元供養

小さな犬が上を見上げる

大切なペットを亡くした悲しみから立ち直るために、できるだけ自分に近い場所で供養したいという飼い主様には「手元供養」という方法があります。

手元供養は大きく2つに分けられます。1つ目は自宅にペット専用の仏壇を置いて供養する方法。そして2つ目がペンダントのようなアクセサリーにペットの遺骨を入れて身に着けるという方法です。いずれも、亡くなったペットに対して身近に供養できる方法といえます。

ペット霊園・納骨堂

山奥のお寺

ペットの供養方法には、人間のように合同墓や個別墓への埋葬、納骨堂での供養という方法もあります。

さらに飼い主様と一緒に入れるお墓に埋葬できるところもあります。納骨堂に関しては、お参りできる時間やお供え物に制限がある場合があるため、事前に確認しておく必要があります。

海や山への散骨

海を背景に笑う柴犬

さらに人間と同様、海や山へ散骨するという自然葬の方法もあります。ペットの骨をパウダー状にしてから海や山へ還さなければならない点も人間と同じです。

自然散骨はペットのお墓を建てたり、管理したり、飼い主様が高齢になれば子供や孫の代まで受け継ぐ心配もなくコストを抑えつつ、しっかりと供養したいと考える飼い主様におすすめです。ペットを自然に還すことはとても自然な供養の方法ともいえます。

ペットの海洋散骨はシーセレモニーへ

船から見える広々とした海と青空

シーセレモニーでは、かけがえのない大切な家族の一員であるペットを大自然に還して、しっかりと供養してあげたいという飼い主様に向けたペット散骨プランをご用意しています。

ペット散骨のプランは飼い主様ご家族の手で散骨する方法と、弊社スタッフが心を込めて散骨を行う代理散骨という方法の2種類。散骨の際、飼い主である故人様と同時に散骨できるプランもございます。

ペットの海洋散骨は人気が高くなってきています。景観のよい海へ散骨すると、ペットも安らかに永眠できます。

ペット散骨は主に2通り

女性に抱き上げられた大型犬

ペット散骨のプランは飼い主様ご家族の手で散骨する方法と弊社スタッフが心を込めて散骨を行う代理散骨という2つの方法があります。

遠方にお住まいの方やご多忙なご家族やさまざまな理由で乗船できない方などは代理散骨を選ばれるのもよいでしょう。

ほかにも、散骨の際に亡くなられた飼い主様のご遺骨とペットのご遺骨と一緒に散骨出来るプランもあります。ペット散骨プランも通常の故人様の散骨プランと同じように献花や献酒でお見送りする散骨セレモニーが執り行われます。

各種証明書等も完備

海岸に置かれた美しい3輪の花

飼い主様ご家族が乗船する場合や弊社スタッフが代理散骨を行う場合のいずれも散骨を行った海域の緯度経度を記載した散骨証明書を発行いたします。

年忌法要などもご検討中でしたら散骨した海域で行うことができます。思い出の海域で年忌法要を行うことでペットを弔い、思いを馳せるよい機会につながります。

散骨する際は、海水浴場など多くの人が集まる場所、漁場、養殖場などを避けて散骨するマナーがありますので、十分に配慮しながら行います。

ご家族に負担のない供養をすることが大切

波打ち際を走る犬

ご家族と大切な時間を過ごしてきたかけがえのないペットを供養する際、ご家族の負担にならない方法で供養することが大切です。お墓にかかる費用を抑えつつ、ご家族全員でペットを見送ることのできる海洋散骨は、ペットの供養方法にお悩みの方にぴったりの手段ではないでしょうか。

また、これからもペットの存在を身近に感じつつ供養し続けたいというご家族様には、プチポットやソウルジュエリーにペットのご遺骨を入れて存在を常に身近に感じられる手元供養を行うこともおすすめです。

家族の一員としてさまざまな思い出を共に過ごしてきたペットをしっかりと供養し、見送りたいという方は、ぜひ一度シーセレモニーへご相談ください。

代理散骨に関する疑問やお悩み、散骨エリアやオプションにお答えしながら、ご家族様の希望に沿ったペット散骨プランをご提案します。

関連記事