内容詳細

お気持ちに寄り添った
自由な散骨を

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 海洋散骨ナビ
  4. お墓を大切に守っていく跡継ぎがいなくなったら?海洋散骨は選択肢のひとつ

お墓を大切に守っていく跡継ぎがいなくなったら?海洋散骨は選択肢のひとつ

お墓の跡継ぎとなる子どもや親戚がいなかったり、迷惑をかけたくなかったりと、さまざまな事情により今あるお墓をどのように管理していこうかとお悩みの方はいらっしゃいませんか。将来、お墓が誰にも管理されず放置される前に行うべき対策方法をご紹介します。

跡継ぎのいないお墓はどうなる?

お墓を守る後継者がいなくなったら、放置され続けるかというとそうではありません。お墓のある墓地や霊園には管理費を支払う必要がありますので、跡継ぎがいなくなれば管理費が支払われず放置されている墓、「無縁墓」となります。

管理者から無縁墓とみなされると、墓石もご遺骨もすべて処分されるのが一般的です。ご遺骨は無縁仏として供養されることになります。

お墓の跡継ぎがいない場合の選択肢

高台から眺めた広大な海

お墓の跡継ぎがいないことが理由で、これまで大切に守られてきたお墓と先祖様のご遺骨が悲しい結末を辿らないように、事前に対策しておくことが必要です。対策方法としては、永代供養や手元供養、散骨などが挙げられます。お墓をどうしたらよいかと悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

永代供養

1つ目は永代供養といって寺院や霊園、自治体などがご遺骨を供養し、管理する方法です。跡継ぎがいない、子どもに迷惑をかけたくない、お墓を建てる費用がないなどの理由で永代供養を選ぶ方も増えています。

「永代」と付いていますが、永久に管理してもらえるわけではありません。管理している寺院や霊園などによって期間が異なり、一般的に33回忌までを期間として設定しているところが多いです。永代供養を検討している人は、管理してもらえる期間についても事前に知っておくと良いでしょう。

散骨

2つ目は、故人様やご遺族様のご希望で山や海へ散骨して供養する方法です。山がお好きで登山が趣味だった方は、よく登っていた山への散骨。または、サーフィンやスキューバダイビングなどを趣味として嗜み、海が好きだった方の場合は、通っていた海へ散骨することで、故人様に喜んでもらうという供養方法です。

一般的には海へ散骨する「海洋散骨」が主流になっています。散骨を行う場合は、どの場所でも散骨して良いわけではありません。自治体の条例やマナーに従って、気持ちよく故人様を見送りましょう。東京や横浜で散骨を考えている方は、シーセレモニーの海洋散骨サービスをご利用いただくことができます。

手元供養

3つ目は、ご遺骨を自宅に保管したり、持ち歩いたりする手元供養の方法です。故人様の存在を近くで感じていたいという方は手元供養が良いでしょう。

すべてのご遺骨を自宅に保管すると環境によっては傷んでしまう場合もありますので、分骨するのもおすすめです。一部はペンダントやブレスレットなどのアクセサリーにしたり、小さな骨壷に入れたりして手元供養とし、残りは永代供養や散骨にするといった選択肢もあります。

海洋散骨のメリットとは

お線香

海洋散骨のメリットは、お墓の跡継ぎがいなくても管理する必要がなく、宗教や宗派を気にせず供養できることです。

シーセレモニーでは、ご遺族様の心に残るような「海洋記念葬」をご提供しております。船を貸し切って行う「ファミリー散骨プラン」、事情があって散骨できない、またはご乗船いただけないご遺族様に代わって散骨を行う「代理散骨プラン」の2つのプランをご用意しております。

ご乗船される人数に合わせて、最適なクルーザーを選ぶことも可能です。さらに、貸切の場合は故人様のお好きだったお酒を海へまいたり、音楽を流したりすることもできます。

故人様をいつも近くに感じられる手元供養品

青く広い海が広がる

シーセレモニーでは、手元供養品もご用意しておりますので、故人様のイメージに合わせたカラーやデザインのものをお選びください。大切な故人様のご遺骨を保管できるアイテムがそろっています。

【ソウル プチポット】シンプルモダン 参考価格:21,600円(税込)
【ソウル プチポット】パレットエッグ 参考価格:13,824円(税込)
自宅で保管したい方におすすめのミニ骨壷タイプです。自宅に大きな仏壇がない場合でも、スペースをとらずに置けます。

【ソウル プチポット】ポポ 参考価格:12,960円(税込)
ミニ骨壷タイプよりもさらに小さい手のひらサイズの持ち運び用アイテム。いつも故人様を近くに感じていたいという方に最適です。持ち運びやすいようにケースも一緒にお付けします。

手元供養品はこちら

海洋散骨なら海に手を合わせていつも故人様を偲ぶことができます

海洋散骨は、お墓を必要としない供養方法として近年人気が高まっています。散骨した場所まで行かずとも、海はつながっていますので海に向かって手を合わせれば供養になると考えられています。

お墓の跡継ぎがいなくてどうしようとお悩みの方は、海洋散骨も選択肢のひとつとしてご検討ください。シーセレモニーでは、散骨サービスだけでなく年忌法要クルーズもご用意しております。

関連記事