内容詳細

お気持ちに寄り添った
自由な散骨を

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 海洋散骨ナビ
  4. 海や山で行う自然散骨、場所を選ぶときの基準やポイントは?
青く広がる海に船が浮かぶ

海や山で行う自然散骨、場所を選ぶときの基準やポイントは?

葬送方法を調べていると目にする自然散骨。「聞いたことはあるけど、どのような場所でどのように執り行えば良いのかわからない」方も多いのではないでしょうか。散骨の際や散骨後にトラブルに巻き込まれないためにも散骨を行う場所は慎重に選ぶ必要があります。

散骨をする場合は周辺環境へ配慮をしましょう

散骨とは海や山などの自然にご遺骨を散骨し、葬送する自然葬のひとつです。

「海や山に散骨して良いの?」と思われるかもしれませんが、法律では違法とされておらず総務省から「節度を守って行うこと」とされています。そのため、どこでも散骨して良いのではなく、散骨する場所の周辺環境への配慮が必須です。

散骨ができる場所はどこ?

青い空と海

散骨する場所選びの基準やポイントを理解しておくことも個人で散骨をする場合は非常に重要です。
どのような場所であれば散骨して良いとされているか、具体的に解説します。

ご自身の私有地で散骨することが可能

ご自身が所有している山や自宅の庭は基本的に散骨が可能です。しかし、ご自身の私有地で散骨をする場合でも、十二分に散骨のルールやマナーを確認してから行う必要があります。

山で散骨をする場合は、自治体で禁止されていないかの確認や水源近くは避ける、人目につく場所は避けるなど注意点があります。庭で散骨をする場合も、自治体のルールや近隣の住民への配慮(時間帯や服装)などを忘れず散骨のマナーを留意して行いましょう。

海の沖合で散骨することが可能

海は所有者がいないため基本的に散骨が可能な場所とされていますが、漁場や海水浴場岸など避けるべき場所がいくつも存在しています。

観光産業のイメージを守るためや海産物への風評被害に配慮して、漁場や人目のつかない沿岸から離れた沖合で散骨をする必要があります。遠い沖合へ行くためには、クルーザーを使用しなければいけないため専門の企業に依頼をすると散骨場所のルールは安心でしょう。

専門の企業が管理している場所で散骨することが可能

散骨を請け負う会社は自社で散骨場所を管理・所有している場合もあるため安心して任せることができます。海洋散骨に関する専門の知識を持っているため、ご遺族様が抱く散骨に関するさまざまな不安や疑問を解決することもできるでしょう。

シーセレモニーではファミリー散骨と、代理散骨のプランをご用意しております。
どちらのプランも全国海洋散骨船協会が定めた海域にて散骨を執り行っています。

わからないことだらけの海洋散骨についての不安や些細な疑問も、経験豊富なスタッフが丁寧にお答えさせていただきますのでお気軽にご相談ください。

散骨できない場所はどこ?

他人が所有している土地や許可のない公共施設、漁場や養殖場、海上交通経路周辺・・・など散骨できない場所は多くあります。権利者が存在する場合は、権利者の散骨許可が必要です。

また、場所によっては条例により散骨そのものを禁止している自治体もあるので、個人で散骨をする場合は自治体の散骨に関するガイドラインを確認しましょう。

ルールやマナーを守って散骨を行いましょう

白い切り花と数珠

散骨に適している場所は、ご自身が所有する土地または沿岸から距離のある沖合とされています。近隣住民や事業者とのトラブルを避けるためにも、決められたエリアでルールとマナーを守って散骨することが大切です。そのため、個人で散骨を検討される場合の場所選びは慎重に行いましょう。

シーセレモニーでは全国海洋散骨船協会が定める東京(羽田空港と東京ディズニーリゾートの沖合)・横浜(大黒ふ頭の沖合)・湘南(江ノ島の西側の海域)の所定のエリアで散骨を執り行っています。故人様のお気持ちに寄り添った供養をシーセレモニーで行ってみてはいかがでしょうか。

関連記事