内容詳細

お気持ちに寄り添った
自由な散骨を

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 海洋散骨ナビ
  4. 川の散骨はNG?散骨をする場所には注意しましょう
スカイツリーと街並み

川の散骨はNG?散骨をする場所には注意しましょう

海への散骨は広く知られていますが、川や山への散骨を希望する方もいるはずです。普段、川や山に散骨したという話を耳にすることは少ないですが、実際に行うことは可能でしょうか。今回は、散骨ができる場所やルールについて詳しくお伝えします。

散骨にはさまざまなルールがある

散骨とは、細かくしたご遺骨を自然環境にまいて供養することをいいます。ご遺骨はお墓に納めて供養するのが当たり前だと考える方にとっては、散骨は違法ではないのかと心配になるかもしれません。

しかし、現在の日本での散骨は違法ではありません。「葬送のための祭祀として、節度を持って行われる限り、遺棄罪には当たらない」という1991年の法務省のコメントに準じて、さまざまなルールを定めたうえで広く行われています。

散骨場所におけるルールやマナー

夕方の東京湾

散骨は違法ではありませんが、どこにでも自由にできるというわけではありません。

散骨場所としてまず考えられるのは、海や川、山などの自然環境ですが、散骨できる場所とできない場所を知っておくことでトラブル防止につながります。

基本的には所有者のいる土地に散骨する場合は許可が必要になるほか、散骨を禁止している市区町村もあるので注意が必要です。ルールやマナーを守って、周囲の方々への配慮を忘れないようにしましょう。

川への散骨

日本には美しい川が数多くあります。思い出のあるふるさとの川で散骨できたらとお考えの方もいるかもしれません。

しかし、基本的に日本ではどのような川でも散骨は許されていません。その理由として、多くの川の水は私たちの大切な生活用水として利用されていることが挙げられます。また、農業や工業用水としての利用、漁場としての利用のためにも川の水は大量に使われており、もし個人的な散骨を行えば、多くの方へと大変な迷惑をかけることになってしまいます。

山への散骨

彼岸花が咲いている

登山が好きな方は山への散骨を自然に考えるのではないでしょうか。川と同じく、ふるさとの山や有名な山へ散骨を希望する方は多く存在します。

山への散骨は、その山が自分の所有地である場合や土地の所有者に許可を得た場合に限って可能。また、そのような場合は、水質保全のため水源から遠いかどうかの確認が必要です。国保有の山や自然保護区などでは散骨できません。

海への散骨

海は散骨場所として人気の高い場所です。特に許可を取る必要もなく散骨が可能ですが、周りの方々に配慮することを考えると、海ならばどこでも良いというわけではありません。漁場や海水浴場、船の航路など、一般の方が多く利用する場所は避ける必要があります。

また、観光地では、独自の散骨ガイドラインを定めているところもあるため注意が必要です。散骨の際には、船で人目につかない沖合まで出ることが一般的です。

シーセレモニーで安心の海洋散骨

白い雲と青い海

川や山への散骨に比べて、海への散骨は制限が少なく、多くの方にとって実施しやすいものです。しかしながら、初めての散骨はどこでどのように行えばよいのかと戸惑う場合がほとんどではないでしょうか。

シーセレモニーでは、全国海洋散骨船協会が定める所定のエリアで散骨を行っているため、散骨場所に関するトラブルの心配はありません。アクセスのよい、東京・横浜・湘南の各エリアからご希望の場所を選べ、海上で思い出に残るセレモニーを行えます。

初めてのことには不安がつきものですが、必要な情報を得ながらひとつずつ決断していくことで、きっと温かなお見送りを実現できるはずです。

関連記事