内容詳細

お気持ちに寄り添った
自由な散骨を

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 海洋散骨ナビ
  4. 海洋散骨で船をチャーター!どのような船を選べば良いのか解説
夕方の海を進む船

海洋散骨で船をチャーター!どのような船を選べば良いのか解説

一口に船と言っても、ボート、小舟、漁船、遊覧船、大型豪華客船などさまざまな種類があり、使用目的によって選ぶ船は違います。

では、ご遺骨を海にまく海洋散骨のために船をチャーターする場合、適しているのはどのような船なのでしょうか。また、チャーターした船ではどのような散骨のセレモニーができるのでしょうか。今回は、海洋散骨における船の選び方について詳しくお伝えします。

散骨に適した船とは

運河を走るクルーザー

さまざまな種類の船のなかで海洋散骨を行う場合に適しているのはデッキと船内空間のあるできるだけ大きな船です。

散骨のセレモニーでは、散骨、献酒、献花を行うため、参列者がデッキの一か所に集まることが多く、小さな船では船体が傾いてしまう危険性があります。また、海洋散骨を行うときは生活圏から離れたかなり沖合に出る必要があるため、波もより荒くなります。そのため、船体が大きい方がより安定感があり、揺れも少なく安心です。

船体が大きいということだけでなく、デッキの広さがあることも重要です。参列者がゆったりと集える程度の広さがあると、思い通りのセレモニーを自由に行いやすいでしょう。細長い船体のものより、横幅のある船がおすすめです。

シーセレモニーはさまざまなクルーザーをそろえている

東京湾

海洋散骨は自由度の高い葬送方法であり、ご遺族様によってご利用の仕方やご希望の形もさまざまです。シーセレモニーではご遺族様のご希望に添えるよう、豊富な種類のクルーザーをご用意しています。

乗船される方の人数やセレモニーで行いたいプランなどに応じて、適切なクルーザーをご提案可能です。また、定員人数までなら何名乗船しても料金は変わらないため、人数の増減がある場合も安心して利用できます。ご遺族様にとって大切な記念日となる、故人様が海に還る日。故人様とゆかりのあるみなさまで、特別なひとときをゆっくりとお過ごしください。

中型以上のクルーザーがおすすめ

船に乗っている親子

クルーザーは、一般的に小型・中型・大型というように大きさで分類されます。

ご遺族様で散骨セレモニーを行う場合は、中型以上のクルーザーがおすすめです。船内は広めのつくりになっているため、セレモニーをゆったりとした空間で行えるのはもちろん、かけがえのないひとときを落ち着いた空間で過ごせます。船が沖合まで行く間、デッキに立って風を感じるもいいのでしょう。

また、10名様以上でのご利用も可能なのでご遺族様だけでなく多くのご親族様にも乗船していただけます。中型以上のクルーザーであれば、セレモニーを終えたあとに会食をご希望される場合にも対応可能なため、事前に乗船者全員が着席できるかどうかも確認しておくと良いでしょう。

ババリア42号

中型クルーザーの外観

スタイリッシュな船体が美しいババリア42号は、定員12名の中型クルーザーです。乗船桟橋は日の出ふ頭小型船ターミナル、竹芝小型船発着所など、ファミリー散骨に対応しています。

ババリア42号の室内

船内のメインフロアは、上品な木目調のインテリアに白いソファー席が設置され、温かみがある落ち着いた空間です。

高い位置に多くの窓があり、外の光を取り込めるよう設計されているため船内にいても十分な明るさを感じられます。また、モニターもあるためDVDの上映も可能です。

ババリア42号の詳細

ミッドブルー号

ミッドブルー号

ミッドブルー号は、定員20名のやや大きめな中型クルーザーで、運航エリアは東京と横浜です。乗船場所としては、みなとみらいのぷかり桟橋、朝潮小型船乗り場、竹芝小型船発着所、日の出ふ頭小型船ターミナルの4か所を利用できます。

ミッドブルー号の後方デッキ

ミッドブルー号の最大の特長は、後方デッキにある特注のボックスソファー席です。広々としたソファーには最大10名様が腰掛けられ、この場所での飲食も可能。ラウンジのような船内には個室やソファー席が多数あり、最大20名様まで着席して会食を楽しめます。

ほかにも、モニターやマイクも完備しているので、催し物やレクリエーションの企画といったご要望にもお応えできます。

ミッドブルー号の詳細

ルーカス号

ルーカス号

故人様のご親族様、関係者様など多くの方が出席されるセレモニーでは、定員70名の大型クルーザー、ルーカス号がおすすめです。運航エリアは東京と横浜。乗船桟橋は、みなとみらいのぷかり桟橋、お台場パレットタウン桟橋、朝潮小型船乗り場を利用できます。

ルーカス号の船内

船内は最大70名様まで着席可能でゆったりとした広さ。クルーザーの2階部分がすべて屋上デッキになっているため、広々とご利用いただけるのが特長です。

多くの方が参加される場合でも、デッキで集合写真を撮影できます。マイクやモニターのほか、最新式のLED照明による非日常的な演出も可能です。大型クルーザーならではのゆったりとした空間で、華やかに故人様をお見送りいただけます。

ルーカス号の詳細

中型以上のクルーザーでできること

ビュッフェ料理

船内やデッキの空間に余裕のある中型以上のクルーザーでは、散骨セレモニーを終えたあと、みなさまでゆっくりと会食をお楽しみいただけます。

オードブルプラン

シーセレモニーでは、お食事メニューとしてシェフおすすめビュッフェ、アニバーサリービュッフェという2種類のビュッフェプランと本格船上BBQのプランをご用意。BBQプランでは、火起こしや片付けをスタッフがお手伝いしますので、安心してお楽しみいただけます。

また、海洋散骨と会食がセットになった「精進落としプラン」もご用意しています。食事の内容は、軽めのフィーンガーフード、国産和牛A5等級会席弁当など、クルーザーによって異なります。そのほか、ご希望のお食事を用意することも可能なため、ぜひご相談ください。

スペースが広い中型以上のクルーザーなら、生花をふんだんに用いた生花祭壇も設置可能。故人様のお好きだった花のご用意もできますので、事前にご相談ください。

安心・安全に運航するために

花を持つ手

海洋散骨でチャーターする船はどのようなタイプがよいかをご紹介してきました。セレモニー向きの船を選ぶことはもちろん、海洋散骨を行うためには、何より安心・安全な環境を整えることが必要です。

シーセレモニーでは、お客様により安心していただけるよう、3つの保険に加入しています。船の運航中の事故やけがに対応できる船客保険、運航中以外の事故に対応する旅行業保険、食中毒といった不慮の事故に対応する事業活動包括保険です。

また、散骨プランをご利用の際にかかる費用には、すべて保険料が含まれています。安心してご利用いただくために、ご不明な点はどのようなことでもお気軽にご相談ください。

関連記事