内容詳細

お気持ちに寄り添った
自由な散骨を

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 海洋散骨ナビ
  4. 海洋葬とは?知っておきたい費用の目安や特徴を詳しく解説
松の木と海

海洋葬とは?知っておきたい費用の目安や特徴を詳しく解説

海洋葬に興味はあるけれど、「海へ散骨をするという漠然としたイメージしかない」と思っている方は多いのではないでしょうか。今回は、実際に海洋葬を行う場合にかかる費用の目安や、海洋葬の特徴について詳しくお伝えします。

海洋葬は自然葬のひとつ

砂浜に座る男女の後ろ姿

海洋葬とは、ご遺骨を海にまく葬送の方法で自然葬のひとつです。
故人様の火葬を終えた後、ご遺骨を細かい粉状にしたうえで海にまき、献花や献酒などをして供養します。

海洋葬のほかにも樹木葬といって、シンボルになる木の周りに遺骨を埋めて供養する方法や宇宙へロケットを打ち上げて散骨する宇宙葬などがあり、それらを総称して自然葬と呼びます。

自然葬は、遺骨を自然の循環のなかに回帰させたいという思いで行われる葬送の方法です。

どのような方に向いている?

海岸線

海洋葬とはどのような方に向いているでしょうか?

例えば、最期は母なる海へ還りたい、なるべく自然な形で永遠の眠りにつきたい、と考える方に向いています。

また、現在お墓を持っているけれど継承者がいない方や、お墓のことで子どもや孫に苦労をかけたくない、とお考えの方にも海洋葬は向いていると言えるでしょう。ご自身の経済的な不安から海洋葬を選ばれる方もいます。さらに、従来の形式にとらわれず、自由な雰囲気の葬儀をしたい方にも海洋葬はおすすめです。

費用の目安

海洋葬には、大きく分けて3つの方法があり費用の目安にも幅があります。

まず、ご遺族が乗船しない委託散骨は、3.5〜10万円程度です。また、2~3組のご遺族が貸切船に同乗する合同散骨の場合だと、10〜20万円程度です。そして、家族やご親族のみで1隻の船をチャーターして行う個別散骨の場合、費用は一般的に15〜40万円程度です。

シーセレモニーでは、この個別散骨を9万円から行えます。

海洋葬のメリット・デメリット

切り花と数珠

実際に海洋葬を選択するには、そのメリットとデメリットの両方をしっかり理解しておく必要があります。

ご本人が生前に希望している場合はもちろん、さまざまな理由でご遺族が検討している場合なども、事前に海洋葬についての知識を持っておくと、より納得のいく供養を行えるはずです。
興味はあるけれど周りに海洋葬を行った知人がいないため不安という方も、メリットとデメリットを理解することで、少しでも安心につながるかもしれません。

メリット

海洋葬のメリットとしてまず挙げられるのは、一般的な葬送方法に比べて安い費用で行えることです。お墓を購入し、維持・管理していくよりも経済的に行えます。

もしお墓があっても、後継者がいないという将来の不安を抱えている方も安心できる葬送方法です。また、海洋葬は形式にとらわれず自由に行える葬送方法のひとつであるため、故人様の思いを尊重し、好みの音楽や服装を取り入れるなど、それぞれの価値観で行えることもメリットだと言えます。

デメリット

一方デメリットとしては、ご遺骨のすべてを散骨してしまった場合に墓標やご遺骨、ご親族など供養のよりどころとなるものが何も残らないことが挙げられます。

また、散骨場所には規定があるため、必ずしも希望の場所で散骨できるとは限りません。そして、ルールやマナーを守れていない場合は、トラブルに発展してしまう可能性もあります。

しかし、海洋葬を行う際にご遺骨は分骨し、一部は手元供養にする、配慮を忘れずルールやマナーをしっかりと守るといった行動でデメリットもカバーできるでしょう。

海洋葬は故人様・ご遺族様に寄り添った葬送

夕日が沈む海

人によって海洋葬を選ぶ理由はさまざまです。しかし、従来のお墓に入る形ではなく散骨を選ぶのには、故人様の思いを尊重したい、人類が生まれた大自然に還してあげたいというご家族の切なる願いが込められているのではないでしょうか。

シーセレモニーでは、海洋葬を海洋記念葬と呼び、故人様とご遺族のきずなをよりいっそう深められるような儀式を行っています。海洋葬、海洋散骨など気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

関連記事