内容詳細

お気持ちに寄り添った
自由な散骨を

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 海洋散骨ナビ
  4. お墓を持たない選択肢、年忌法要もできる海洋散骨に注目
海辺にベンチが置いてある

お墓を持たない選択肢、年忌法要もできる海洋散骨に注目

近年、ご遺骨を海にまく海洋散骨が注目されています。お墓を持たないご家族が増えている一方で、手元供養や海洋散骨を希望する方は増えているようです。
今回は、年忌法要もできる海洋散骨について詳しくご紹介します。

お墓を持たない人が増えている

日本では、亡くなったら家族が代々守ってきたお墓に入るというのが一般的です。しかし、近年では少子高齢化にともないお墓を持たないご家族が増えています。

「お墓を守る後継者がいない」「高齢になりお墓の管理が大変になった」「お墓が自宅から遠い」などの理由から墓じまいを考える方もいます。

供養方法の多様化

ピンクの花
お墓を持たない場合、ご遺骨はどのように供養すれば良いのでしょうか。「お墓がないから供養できない」と思う方もいるかもしれませんが、実はお墓がなくても故人様を供養できます。

永代供養を利用する

永代供養とは、ご遺族に代わって寺院や霊園にご遺骨の管理や供養をしてもらうことです。
子どもに将来的な負担をかけたくない、墓守の後継者がいないという理由で永代供養を選ばれる方は多いようです。

十七回忌、あるいは三十三回忌までなど決められた期間は個別のお墓で供養してもらい、時期が来たら合同のお墓や納骨堂、永代供養塔などで供養されます。寺院・霊園によって異なりますが、初めから合同のお墓などで供養する場合もあります。

手元供養をする

手元供養とは、ご遺骨をご自宅で管理する方法です。ご遺骨を粉の状態にした後、小さな骨壷に入れて自宅で供養します。手元供養では、故人様をいつも身近に感じられることが大きな特徴です。

ペンダントといった身に着けられるアクセサリーにご遺骨を入れて、肌身離さず持ち歩く方もいます。ほかにもご遺骨をすべて自宅に持ち帰る以外に、分骨して寺院や霊園に一部を納骨するという方法もあります。

自然葬にする

川沿いの桜

自然葬にはお墓の代わりに木や植物を植えてそこに埋葬する「樹木葬」や、パウダー状にしたご遺骨を海や山などにまく「散骨」、カプセルに入れたご遺骨をロケットで宇宙空間に打ち上げる「宇宙葬」などがあります。これらは、故人様を大自然に還すという形の供養方法です。

樹木葬や散骨をする場所はどこでも良いというわけではなく、法律や条例に従って定められた場所で行う必要があります。近年では、樹木葬のためのスペースを設けた寺院や霊園もあります。

注目されるのは海洋散骨

海の上を飛ぶかもめ

「美しい海が大好き」「海を眺めることでリフレッシュできる」という方は多いのではないでしょうか。亡くなったあとは、お墓に入るよりも大好きな海に散骨してほしいと生前に希望する方もいます。

海洋散骨が注目される理由として、以下が挙げられます。

・散骨後の管理が必要ないため、家族に将来的な負担がかからない
・海を見ればいつでも故人を偲ぶことができる

船で沖合数キロの場所まで行き、水に溶ける袋におさめたご遺骨をお花やお酒などとともに海に流すというのが一般的です。また、散骨後の年忌法要では、ご親族様一同で散骨した場所まで船で行きご供養することも可能です。

お墓はなくとも海を眺めればいつでも故人様を思い出せます。節目には散骨をした場所で手を合わせることができるため、心おだやかに供養ができる方法です。

海洋散骨には3つの方法がある

夕日に照らされた東京湾と船

海洋散骨には、代理散骨(委託散骨)、合同散骨、個別散骨の3つの方法があります。

1つ目の代理散骨(委託散骨)とは、ご遺族様に代わって専門の会社が散骨を行う方法です。散骨証明書や散骨の様子をおさめた写真が送られてきます。

2つ目の合同散骨は、1隻の船に複数のご家族が乗り合わせて行う散骨です。費用を抑えられることがメリットです。

3つ目の個別散骨では、家族や友人など近しい人たちだけで船を貸切り、散骨します。マナーを守りながらであれば、比較的自由な散骨が可能です。

シーセレモニーで心を込めた海洋散骨を

海を見つめる人たちの後ろ姿

シーセレモニーでは故人様とのお別れの日がご遺族様にとって特別な日になるようにとの思いから、「海洋記念葬」と呼んでいます。

故人様と最後の時間をゆっくりと過ごせる「ファミリー散骨プラン」や、さまざまな事情で立ち会えないご遺族に代わりスタッフが真心を込めて行う「代理散骨プラン」をご用意しています。

また、散骨した海域を巡りながら故人様を偲ぶ「年忌法要クルーズ」もできます。お別れが寂しい方のために、手元供養品のご用意もありますのでご相談ください。

関連記事