内容詳細

お気持ちに寄り添った
自由な散骨を

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 海洋散骨ナビ
  4. 家族葬や直葬の後は海洋散骨で故人様を弔おう
青い海と空

家族葬や直葬の後は海洋散骨で故人様を弔おう

葬儀と一口にいっても一般葬や家族葬、直葬などさまざまな種類があります。また、葬儀の後に故人様をどう見送るかというのも、ご遺族様の意見や故人様の生前の要望によって異なります。
ここでは、家族葬と直葬の特徴、そしてシーセレモニーが提供する貸切のファミリー散骨プランについてご紹介します。

現代に合わせた葬儀の形

近年、葬儀の形はご遺族様や故人様の生前の希望により、さまざまな形で執り行われています。
そのうち家族葬では、ご家族の皆様が葬儀にお呼びする方を親しい方々に限定し、少人数でゆっくりとお別れができます。

家族葬はご友人や親戚なども参列できます

家族葬という呼び方からご遺族であるご家族様だけで執り行われるものと思われるかもしれませんが、決してそうではなく、故人様のご友人やご親戚の方々にも参列いただけます。

家族葬の場合、ご近所の方や仕事関係の方はお呼びしないため、だいたい10人以上20人以下で執り行われることが多いでしょう。

直葬は儀式を行わずに火葬のみ

一方、直葬とはお通夜や告別式などの儀式を行わず、ごく限られた親しい方のみで火葬場へ行き、最低限の火葬のみを行うという最もシンプルな葬儀形式を指します。

直葬の場合、故人様がいらした病院や施設、または自宅から会館安置所へ運ばれ、その後納棺。火葬場で火葬が執り行われた後にご遺骨のお預かりといった流れが一般的です。

家族葬や直葬のメリット

切り花と数珠

家族葬のメリットは、少人数で行うため一人ひとりの思いや希望を反映しやすいという点があります。規模の小さな葬儀にしたい方や、故人様の生前の希望で身内や近親者のみで見送りたいという方の希望も比較的実現しやすいのが特徴です。

反対に、直葬のメリットとしてはコストを抑えられるという点です。祭壇を飾ったり、会葬者を招いたりしない分、葬儀にかかる費用を軽減できます。

家族葬も直葬も、ご遺族様の心理的負担を減らせるという点は共通のメリットと考えられるでしょう。

貸切にした船での散骨

海と桟橋

直葬を行う際、業者やプランによっては、火葬の後に散骨を一緒に行うことも可能です。

シーセレモニーでは、貸切クルーザーでのファミリー散骨プランをご用意しています。火葬後はご遺族様を海洋散骨で見送りたいという方は、ぜひ検討してみてください。

ファミリー散骨で故人様を見送ろう

白いクルーザー

シーセレモニーがご用意するファミリー散骨プランでは、ご遺族様の人数に合わせてクルーザーを選んでいただき散骨クルージングに参加していただきます。
クルーザーは、アニー号とシーレイ42号などの種類があり、人数が定員に達するまでは費用が変わらないのが特徴です。

粉骨にも対応

海洋散骨を行う際のルールとして、ご遺骨は必ず粉末状にしなければなりません。

シーセレモニーでは、3万円より粉骨作業を承っています。

お預かりしたご遺骨は異物を除去し、専用の機器で2mm以下のパウダー状に粉骨いたします。その後、ご乗船予定の人数分を水溶性の紙袋に収め、散骨当日に故人様をみなさまの元へお連れします。

粉骨についてはこちら

オプションで希望に合わせたセレモニー

ファミリー散骨プランでは、献酒や献花のサービスが含まれています。

その際、故人様のお好きだったお酒やお花にしたいという方は、オプションにて弊社がお酒やお花を追加でご用意いたします。(季節によってはご希望に添えない場合もございます。)

そのほか、生花で作った祭壇をクルーザー内にご用意するオプションやお食事、お飲み物など、さまざまなサービスを追加していただけます。

オプションはこちら

形式にとらわれないアットホームなお別れの形

夕日が水平線の向こうへ沈む様子

家族葬や直葬、ファミリー散骨は、故人様の生前の希望を反映しやすく、故人様をより身近に感じられるお別れの形ともいえます。

火葬後に、故人様を大切なご家族や近親者の方々で見送りたい、という方は、海洋散骨という形式にとらわれないアットホームなお別れの形を検討してみてはいかがでしょうか。使用するクルーザーやプラン、オプションなど、気になることがございましたら、まずは気軽にお問い合わせください。

関連記事