LINEでご相談 お問い合わせ・お申し込み
03-6809-644724時間営業( 年中無休対応 )
海洋散骨ナビ
海洋散骨ホーム 海洋散骨ナビ 海洋散骨は法律上に問題ないのか?基本知識・法律・マナーを解説

海洋散骨は法律上に問題ないのか?基本知識・法律・マナーを解説

2023.01.04
海洋散骨
東京湾とビル群

日本における従来の埋葬方法といえば、先祖代々のお墓に入ることが当たり前でした。しかし、ライフスタイルの多様化に伴って、最近ではさまざまな埋葬方法を自由に選べる時代になってきています。
例えば、墓石に納骨するという弔い方だけでなく、樹木を墓標とした樹木葬や海での散骨など、さまざまな形の弔い方を選ぶ方が増えています。

しかし、海洋散骨や樹木葬などの新しい供養方法を近年希望する方が増えている一方で、「法律的に問題はないのか?」と疑問に思われる方も多いようです。結論からいえば、国内での海洋散骨は、法律的な意味合いにおいて基本的に問題ありません。しかし、いくつかのルールやマナーは存在しているため、これらに則る必要があります。

そこで今回は、海洋散骨におけるさまざまなトラブルを回避するために、知っておきたい基礎知識や海洋散骨の法律・マナーについて詳しく解説していきます。

海洋散骨は法律上問題ない行為であること

青い海と砂浜

ご遺骨を海に撒くという行為は、日本の法律上において現在問題はありません。その理由として、以下のようなものが挙げられます。

海洋散骨について明文化されていない

これまで一般的に行われていたご遺骨の埋葬の場合、国が定めた「墓地、埋葬に関する法律」が基準となります。

そのため、それに従わない場合は法律違反として罰せられる可能性がありました。しかし、これらの法律のなかに、海洋散骨を禁止している一文がないことから、法律違反には当たりません。そして、総務省からは「節度を持って葬送のひとつとして行われる限り違法ではない」との見解も示されています。

こういった背景により、「いくつかの例外」を除き、日本国内では自由に海洋散骨が行えるというわけです。

業者向けのガイドライン制定

最近では散骨方法も種類が増えてきており、海洋散骨をはじめ、山への散骨、宇宙葬といったサービスを取り扱う事業者も増えてきました。その結果、散骨に関する知識が浅い事業者や、高額な料金を請求する悪質な事業者が出てくる可能性も高くなってしまっているようです。

そういった経緯もあり、散骨に関するトラブル回避のために、2021年3月には散骨事業者に向けた『散骨に関するガイドライン』が公表されました。業者に依頼する場合には、このガイドラインに則ったプランとなっているか確認をすることで、適正な事業者を選べるはずです。

総務省が提示する「節度を持って行なう」散骨とは

富士山が見える湖

海洋散骨は「節度を持って行われる限り」自由に行えると、総務省は提示しています。では、具体的に散骨に関してどのような行動が「節度」といえるのでしょうか。

節度を持って行なう散骨とは

粉骨とは、ご遺骨の元の形が分からないように細かく砕く作業です。先程紹介した『散骨に関するガイドライン』では、一辺の長辺が2mm以下を目安にパウダー状にまで砕くことを推奨しています。粉骨作業は個人が行うことも可能です。

しかし、その作業は精神的にも肉体的にもつらいといいます。また、時間が掛かったり、上手に砕けなかったりすることもあるため、強いこだわりがなければ、粉骨専門業者に依頼するのが得策です。

散骨前に必ず粉骨をする

火葬直後のご遺骨や一度納骨をしてお墓から取り出したご遺骨を、そのままの状態で海へ撒くことは禁止されています。

それを無視して撒いてしまうと、最悪の場合、死体遺棄という法律に抵触することになります。そのため、散骨をする前には、必ず粉骨という作業を行う必要があります。

散骨する場所に配慮する

海洋には個人の所有権がないため、どこにご遺骨を撒いてもいいと思いがちですが、他の人のことを考えた配慮が必要です。

例えば、海水浴場や観光スポット、漁場・養殖場のように、多くの人が集まる生活に密着した海域での散骨は、たとえ生前に故人様が望んでいた場所であったとしても、避けるべきです。

このような理由から、漁業権のない沖合や人目につかない場所で行うことが、総務省が提示する「節度を持って行なう」散骨だといえます。

海洋散骨の注意点、気を付けなければならないこと

長く続く道

海洋散骨という供養方法は、完全に周知されたものではないため、注意点や気を付けなければならないことがあります。

自治体の条例を確認する

国で定められた法律はないものの、自治体の条例で散骨を禁止していたり、許可が必要であったりする場合があります。条例を制定した理由として、近隣住民とのトラブル防止や観光地のイメージを守るためという背景があります。

現在では、静岡県熱海市や伊東市で海洋散骨に関するガイドラインが策定されているようです。全国的に見ると、散骨を禁止している自治体は多くありませんが、不要なトラブルを避けるためにも条例について必ず確認しておきましょう。

海洋散骨時の服装にも注意

通常、法事に関する場所では、喪服を着用します。それに倣って海洋散骨をする場合も、喪服を着るべきだと思いがちですが、実はマナーとして喪服ではなく普段着が望ましいといわれています。

当日は、散骨場所まで船に乗って沖合へ行きますが、その時利用する乗船場には観光やレジャーを楽しむ一般客が大勢います。そういった方への配慮として、喪服ではなく普段着にします。

また、散骨する海域までは船に乗っていきますが、当日の波の高さによっては足元が不安定になるため、女性はヒールのある靴ではなく、スニーカーのような滑りにくい靴を選ぶのが得策です。

環境に配慮した副葬品

粉末化されたご遺骨の成分は大半がリン酸カルシウムのため、散骨したとしても海洋を汚染することはありません。しかし、ご遺骨とともに副葬品を海に撒く場合には注意が必要です。結論からいえば、副葬品は自然に還るものだけを選びます。

例えば、お花を撒く場合、花束を包んでいたビニールは決して海に投げ込んではいけません。花束も、そのまま撒くのではなく、茎や葉を取り除き、花びらだけを海に撒く方が環境に優しい海洋散骨となります。

みなさまに安心していただける海洋記念葬

花を前にほほえむ親子

故人様の生前からの願いや、ご遺族様のご希望により海洋散骨を選ぶ方は増えています。しかし、一般的な供養方法とは違い、今回ご紹介したように、注意しなければならない点も多くなります。そのため、そのため、「海洋散骨に関する知識がなくて不安」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そういった場合は、ぜひシーセレモニーの海洋記念葬を検討してみてください。知識のある経験豊富なスタッフが、心を込めてご遺族様をサポートいたします。

シーセレモニーでは、ご遺族様に寄り添ったプランを数多く提供していますが、そのなかでも特におすすめしたい2つのプランについてご紹介します。

代理散骨プラン

東京のビル群をバックに走るアニー号

代理散骨プランは、遠方の方やご事情により乗船できないご遺族様に代わって、シーセレモニーのスタッフが散骨を行うプランです。散骨エリアは、東京・羽田空港沖、横浜、湘南、大阪、沖縄と全国各地にあり、それぞれリーズナブルな価格で提供しています。

具体的なサービス内容は、散骨・献花・献酒・黙とうといった葬送セレモニーで故人様をお送りいたします。後日、散骨を行った海域を記載した散骨証明書を郵送、年忌法要では故人様の眠る場所でのお参りが可能です。ご遺族様は乗船できませんが、乗船場所までのお見送りができます。

代理散骨プラン

ファミリー散骨プラン

明るい散骨

ファミリー散骨プランは、クルーザーを一隻丸ごと貸切にしてご利用いただくプランです。ご家族やご親戚の方々と乗船し、ご遺族様の手で散骨していただきます。

チャーターしたクルーザーの定員まででしたら、何名様のご利用でも金額は変わりません。エリアは東京・羽田空港沖以外に、横浜・湘南・大阪・沖縄・ハワイでの散骨も可能です。

自分たちだけでクルーザーを貸切にできることから、ご遺族様の希望に合わせたセレモニーが行えます。例えば、故人様との思い出の品を持ち込んだり、故人様が好きだった音楽を流したりと、散骨エリアに到着するまでの時間を、思い思いにお過ごしいただけます。

ファミリー散骨プラン

散骨エリア

オプションを追加できる散骨プラン

代理散骨プラン、ファミリー散骨プランともに、オプションを追加することが可能です。

例えば、オンライン乗船オプションの場合、ご自宅にいながらにして当日の散骨の様子を確認していただけます。他にも、個人様のお写真や動画をもとにしたオリジナルムービーの作成も承っています。

散骨後のお食事会も可能

中型以上のクルーザーであれば、お食事のオプションが追加できます。ビュッフェコースや本格船上BBQなど、メニューも豊富です。散骨後に船上で故人様の思い出を語り合いながら、ご会食をお楽しみください。

オプションを複数組み合わせた世界に一つだけのオリジナルの散骨プランは、故人様との最後の時間を、忘れられない思い出に変わるはずです。

安心の葬送セレモニーをプランニング

船から海を見つめる女の子

海洋散骨は、許可された場所と方法で節度を持って行われる限り違法ではないため、安心して散骨できます。

シーセレモニーでは、乗船される人数やご希望のセレモニー内容によって、最適なクルーザー選びから散骨方法までお客様に最適なプランをご提案いたします。

散骨クルーズをよりイメージしていただけるよう、経験豊富なスタッフが些細なご質問にも丁寧に回答いたします。もし、不安なことや疑問点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。


この記事が気に入ったら
「いいね!」
お問い合わせ・お申し込み
ご料金のことやご日程など、お客様のご要望に沿って海洋散骨の詳細を決めていきます。
ご不明点やご相談も弊社のコンシェルジュが丁寧に対応させていただきますので、お気軽にお問合せ下さい。
お電話でのお問い合わせ
03-6809-644724時間営業( 年中無休対応 )
LINEでのご相談
お問い合わせ・お申し込み