内容詳細

お気持ちに寄り添った
自由な散骨を

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 海洋散骨ナビ
  4. 自然へ還ることを願う海洋散骨は法律的に大丈夫?
東京湾とビル群

自然へ還ることを願う海洋散骨は法律的に大丈夫?

故人様が自然に還ることを願って行われる海洋散骨。近年希望する方が増えている一方で、「法律的に問題はないの?」と疑問に思われる方もいらっしゃるでしょう。そこで、今回は海洋散骨の法律・マナーについてご紹介します。

海洋散骨は違法ではない

ご遺骨の埋葬については、国が定めた「墓地、埋葬に関する法律」があります。この法律において、海洋散骨を禁止している一文はありません。
また、総務省からは「節度を持って葬送のひとつとして行われる限り違法ではない」との見解が示されています。

「節度を持って行う」とは

海洋散骨は「節度を持って行われる限り」自由に行えます。では、散骨に関してどのような行動が「節度」と言えるのでしょうか。

例えば、粉骨をすること、許可されている場所で行うことなどが、節度ある行動として挙げられます。粉骨とは、ご遺骨と分からないよう、一辺の長辺が2mm以下を目安にパウダー状にすることです。ご遺骨をそのまま海へまくことはできませんので、散骨前に必ず粉骨をする必要があります。

場所に関しても、配慮が必要です。故人様が望む場所であったとしても、海水浴場や観光地、漁場・養殖場で散骨するのは避けましょう。漁業権のない沖合や人目につかない場所で行います。

気を付けなければならないこと

国で定められた法律はないものの、自治体の条例で散骨を禁止していたり、許可が必要であったりする場合があります。条例を制定した理由として、近隣住民とのトラブルや観光地のイメージを守るためという背景があります。

全国的に見ると、散骨を禁止している自治体は多くありませんが、不要なトラブルを避けるためにも条例について必ず確認しておきましょう。

また、マナーとして喪服ではなく普段着が望ましいです。海洋散骨では船に乗って沖合まで行きますが、乗船場には一般の方もいらっしゃるため、周りの方への配慮を忘れてはいけません。

みなさまに安心していただける海洋記念葬

花を前にほほえむ親子

故人様の生前からの願いやご遺族様のご希望により海洋散骨を選ぶ方は増えていますが、一般的な供養方法とは違うため不安に思う方も多いでしょう。

そのようなときは、シーセレモニーの海洋記念葬を検討してはいかがでしょうか。知識のある経験豊富なスタッフが、心を込めてご遺族様をサポートいたします。

ここではシーセレモニーがご提供する2つのプランについてご紹介します。 

代理散骨プラン

遠方の方やご事情により乗船できないご遺族様に代わり散骨を行うプランです。散骨エリアは東京・羽田空港沖のみで、日時の指定もできませんが、リーズナブルな価格設定となっています。

具体的な内容は、散骨、献花・献酒、黙とうといった葬送セレモニーで故人様をお送りいたします。

後日、散骨を行った海域を記載した散骨証明書を郵送いたしますので、年忌法要では故人様の眠る場所でのお参りができます。

ご遺族様は乗船できませんが、乗船場所までのお見送りは可能です。事前にご相談ください。

ファミリー散骨プラン

ファミリー散骨プランでは、貸切のクルーザーにご家族やご親戚の方々と乗船し、ご遺族様の手で散骨していただきます。エリアは東京・羽田空港沖以外に、横浜での散骨も可能です。

遺族様だけの貸切ですので、思い出の品を持ち込んだり、故人様が好きだった音楽を流したりと、ご希望に合わせたセレモニーが行えます。また、中型以上のクルーザーであれば、お食事のオプションが追加できます。

オリジナルのプランで、故人様との最後の時間が忘れられない思い出に変わるでしょう。

安心の葬送セレモニーをプランニング

船から海を見つめる女の子

海洋散骨は違法ではありませんのでご安心ください。

シーセレモニーでは、乗船される人数やご希望のセレモニー内容によって、最適なクルーザー選びからプランの内容までをご提案いたします。もし不安なことや疑問点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

関連記事