LINEでご相談 お問い合わせ・お申し込み
03-6809-644724時間営業( 年中無休対応 )
海洋散骨ナビ
ホーム 海洋散骨ナビ 墓じまい後の遺骨への対応と手元供養について

墓じまい後の遺骨への対応と手元供養について

2022.07.20
墓じまい
お墓のイメージ

これまで先祖代々守ってきたお墓を、家族形態や時代の変化により、墓じまいするご家庭が増えているといいます。

しかし、墓石の撤去や土地を霊園に返却することはスムーズにできても、そこに埋葬されていた遺骨をどうすればいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、墓じまいをした後の遺骨の対応や供養方法について紹介していきます。ご自身に合った供養方法を探すのにお役立てください。

墓じまい後の遺骨はどうする?

骨つぼのイメージ

墓じまいの大まかな手順は墓石や石碑など、上物の撤去を行います。

その場所を更地に戻した後、寺院や霊園の所有者に返還します。しかし、最も重要となるのが埋葬されていた遺骨を取り出して移動させる必要があるという点です。

そして、墓じまい後の遺骨は主に以下が3つの方法が主流です。

  •  別の墓地や霊園に改葬する
  •  お寺や霊園の永代供養に申し込む
  •  手元供養や散骨を行う

勝手に遺棄するのは法律違反

取り出した遺骨を勝手に遺棄してしまうのは絶対行ってはなりません。遺骨の形が残った状態で捨てることは、「刑法」第190条により禁止されています。

(死体損壊等)
第百九十条 死体、遺骨、遺髪又は棺に納めてある物を損壊し、遺棄し、又は領得した者は、三年以下の懲役に処する。

引用:刑法 | e-Gov法令検索

また、墓地として認められた区域以外への埋葬も、「墓地、埋葬に関する法律」第4条によって禁止されていることも留意します。

海洋散骨は一つの選択肢

広い海

近年では、「墓じまいの後は、お墓を作らずに故人を供養したい」と考える方が多くなっているようです。そういった方に人気の供養方法が『海洋散骨』です。

海洋散骨は、遺骨を粉末状になるまで砕いた上で海に撒くという供養方法です。海洋散骨のメリットは、散骨後にお墓の管理をする必要がなくなる点です。将来、子孫に迷惑を掛けたくないからという理由で、海洋散骨を希望する方もいらっしゃいます。

しかし、新しい供養方法のため、人によってはすぐに受け入れられないこともあります。したがって、海洋散骨を行う前には親族同士でしっかりと話し合いの場を設けて意思疎通を図る必要があります。

海洋散骨のルール

散骨クルーズで女性が献花するシーン

海洋散骨では遺骨の形が残っていないため、遺棄にはあたりません。だからといって、どこにでも散骨していいというわけではありません。

例えば、海水浴場や観光地にもなっている海岸のような人がよく訪れる場所、漁場や養殖場付近などの散骨は不可です。

また、遺骨の成分の大半はリン酸カルシウムなので散骨しても海洋汚染を引き起こすことはありませんが、遺骨と一緒に遺品を撒く場合は、それが海を汚さない物かどうか確かめるのもルールの一つだといえます。

故人様を近くに感じられる手元供養

手元供養品

墓じまいの後に、故人を身近に感じたいという方は手元供養を選ぶケースが多いようです。

シーセレモニーでは、部屋に飾っても違和感のない陶器製ミニ骨壷や肌身離さず持ち歩けるご遺骨ペンダントなど、ご遺族の気持ちに寄り添った手元供養品を取り揃えています。

海洋散骨や手元供養に興味を持たれましたら、気軽にお問い合わせください。


この記事が気に入ったら
「いいね!」
お問い合わせ・お申し込み
ご料金のことやご日程など、お客様のご要望に沿って海洋散骨の詳細を決めていきます。
ご不明点やご相談も弊社のコンシェルジュが丁寧に対応させていただきますので、お気軽にお問合せ下さい。
お電話でのお問い合わせ
03-6809-644724時間営業( 年中無休対応 )
LINEでのご相談
お問い合わせ・お申し込み