内容詳細

お気持ちに寄り添った
自由な散骨を

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 海洋散骨ナビ
  4. 散骨は海外でも可能?知っておきたい手続きやルール
波打ち際から見える水平線

散骨は海外でも可能?知っておきたい手続きやルール

旅行で訪れた思い出の国やいつか行きたかった憧れの海外の地で散骨してほしいと願う方は多いかもしれません。日本から海外へ出かけて散骨を行うことは可能でしょうか。知っておきたい手続きやルールについて詳しくお伝えします。

海外の散骨事情

日本と違い、海外では土葬が一般的です。キリスト教(カトリック教会)では、死者は復活すると考えられているため、かつては肉体を火葬することは禁止されていました。カトリック信者は世界中に約12億人以上おり、いかに多くの人々が土葬をしてきたかが想像できます。

しかし1965年にカトリック教会は、火葬は教義に反しないと許容しました。そのため、現在では海外でも火葬を選ぶ方が増え続けている状況です。それに伴い、供養方法として散骨を選ぶ方も増えています。

海外での散骨に必要な手続き

海外のビル群

日本から海外に遺骨を運んで散骨を行うためには手続きが必要です。さらに相手国へ遺骨を持ち込むための手続きが必要なケースもあります。

国や地域によって必要な手続きは異なるため、事前に正しい情報を集めることが大切です。現地のルールに違反してしまうと罰金を課されてしまう可能性もあるため、注意しましょう。

飛行機にご遺骨を持ち込むことは可能

海の上を飛ぶ飛行機

海外での散骨を考えるとき、パウダー状にしたご遺骨を手荷物として飛行機に持ち込めるのかどうかについて心配される方は多いですが、その点は問題ありません。持ち込み方に特に決まりはないものの、さまざまな人が利用する場所なので一目でご遺骨と分からないようにする配慮は必要です。

国や地域で異なるルールやマナーを知ろう

海の見える丘にたつ展望台

海外で散骨を希望する場合は、訪れる場所の法律や規制についてよく調べる必要があります。

散骨に関するルールやマナーは、その国や地域によってさまざま。同じ国でも、その州や地域によって全く違うルールがある場合もめずらしくないので注意が必要です。

例えば、日本人が散骨に多く訪れるハワイでは散骨は陸地から3マイル以上離れた場所で行わなければならないという州の法律が定められています。

日本と同様にルールやマナーを守った散骨が大切

野原に座っている家族

かつては主に宗教的理由により、土葬が一般的であった海外でも最近では火葬・散骨を選ぶ人が増えてきています。美しい海が広がるハワイをはじめ、アメリカ本土、イギリスなどに日本から出かけて散骨することは十分可能です。

暮らしている国や文化は違っても、大切な人へ心を込めて送りたいという思いは万国共通のものに違いありません。海外で散骨を希望する場合は、日本で行うのと同様、その土地のルールやマナーをよく理解したうえで行うことがとても大切です。

関連記事