内容詳細

お気持ちに寄り添った
自由な散骨を

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 海洋散骨ナビ
  4. 散骨をする前に分骨するなら、どのような手続きが必要?
海から見える都会の街並み

散骨をする前に分骨するなら、どのような手続きが必要?

故人様を供養する方法として徐々に浸透してきた散骨ですが、全ての遺骨を散骨せず分骨し、一部を手元に残して供養したいという方もいらっしゃいます。今回は、分骨に必要な手続きやシーセレモニーが行う海洋散骨について解説します。ぜひ参考にしてみてください。

遺骨を分けて別々の場所で供養する分骨

分骨とは、故人様の遺骨を分けて別々の場所で管理または供養することです。
お墓やご自宅で管理する、もしくは海や山へ散骨するなど、遺骨の行き先はご遺族様によって異なります。

分骨の手続きについて

小さな骨壺や数珠、お供え物

分骨の手続きは大きく2つに分けられます。

ひとつは葬場での分骨するパターン。そしてもうひとつが納骨後の遺骨を分骨するパターンです。それぞれ必要となる手続きが異なるため注意しましょう。

火葬場で分骨する場合

火葬場で分骨を行う場合、管理者に分骨する人数分の火葬証明書(分骨用)を発行してもらえるよう依頼しましょう。火葬証明書は、納骨先に提出しなければならない書類です。火葬を行う際に発行される火葬許可証とは別物のため注意が必要です。

納骨後に遺骨を分骨する場合

納骨を終えた遺骨を分骨する場合には、納骨先であるお墓または納骨堂を管理する管理会社や寺院に「分骨証明書」を発行してもらえるよう依頼しましょう。その後、遺骨を取り出してもらい、分骨先の管理者に分骨証明書を提出し、納骨します。

分骨した遺骨はどこで供養する?

白い花とろうそく

「分骨した遺骨をどこに納骨し供養するのか」、「そもそも納骨するのか」どうかはご遺族様によってさまざまです。仮に分骨後の遺骨を新しく埋葬する場合は、火葬証明書と分骨許可書を提出しましょう。

一方、自然散骨や手元供養を行う場合には火葬証明書や分骨許可書は必要ありません。とはいえ、手元供養の場合、いずれ納骨する可能性を考えて証明書は大切に保管しておくのが良いでしょう。

シーセレモニーの海洋散骨

東京の海から見た都会の街並みと東京タワー

シーセレモニーでは、分骨した遺骨を海へ散骨できるファミリー散骨・代理散骨のプランをご用意しています。

ファミリー散骨プラン

ファミリー散骨プランでは、クルーザーを貸切って故人様をお見送りいただけます。クルーザーの定員までであれば何名様でも金額は変わらないのが特徴です。

クルーザーで海洋散骨を行う際、ご遺族様のご希望に合わせ、海上で食事したり、故人様のお気に入り音楽をかけたりできます。お食事オプションは中型もしくは大型のクルーザー専用ですが、ぜひご遺族のみなさまでビュッフェやBBQスタイルのお食事をお楽しみください。

ファミリー散骨プランはこちら

代理散骨プラン

代理散骨プランでは、ご遺族様そろっての散骨が難しい場合やコストを抑えたい方に向け、弊社スタッフが代理で散骨を行います。

また、散骨後の遺骨をご自宅、または身近な場所で管理し供養したい方に向け手元供養品もそろえています。小さなポットからソウルジュエリーまでさまざまな種類があるため、ぜひお好みの商品をお選びください。

代理散骨プランはこちら

分骨の理由はさまざま お気持ちに合わせた供養を

お墓に手を合わせる父と子

「両家のお墓に埋葬したい」「散骨したい」「先祖のお墓が遠いから手元で供養したい」など、分骨を行う理由は実にさまざまです。分骨を行うにあたっては、宗教的な制限や法律上の問題もないため、故人様の生前の希望またはご遺族様の意向に合う供養をするための手段として検討してみても良いでしょう。

シーセレモニーでは、海洋散骨や代理散骨、年忌法要クルージングなど、故人様を供養するためのさまざまなプランをご用意しています。海洋散骨プランの詳細や予算、手元供養品など、疑問や気になる点があればいつでもご相談ください。

関連記事