内容詳細

お気持ちに寄り添った
自由な散骨を

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 海洋散骨ナビ
  4. また会いに行ける散骨、花びらの揺れる海で故人を偲ぶ
東京湾を進むクルーザー

また会いに行ける散骨、花びらの揺れる海で故人を偲ぶ

少子化や過疎化といった時代の流れを受けてお墓に対する考え方や埋葬方法が多様化するなか、新しい供養の形として徐々に広まりつつあるのが海洋散骨です。

「死んだら自然に還りたい」「大好きだった海で眠りたい」といった故人様のご意思やお墓の維持に不安を抱えている方など、さまざまな事情から散骨を選ぶ方が増えています。海洋散骨は故人様の新しい旅立ちです。シーセレモニーでは海洋記念葬として、貸切で行う散骨プランをご提案しています。

今回は海洋散骨を選択するメリットや散骨の際のマナー、ファミリー散骨プランについてご紹介します。

海洋散骨は自然に還ることを願う葬儀・供養

女性がお墓をきれいにしている

海洋散骨はご遺骨を海へ散骨し、故人様が自然に還ることを願うものです。お墓への埋葬が一般的な日本でも、新しい供養の形として少しずつ希望される方が増えてきているようです。

シーセレモニーでは、ご遺族様の手で海へ散骨していただく日が特別な思い出となるよう、「海洋記念葬」と呼んでいます。

海洋記念葬を選ぶメリット

穏やかな海と青空

海洋記念葬を選ぶ大きなメリットは、お墓を持つ場合に比べて費用が安く済むことです。お墓の管理も必要ないため、地元を離れている方にとっては選択肢のひとつに挙がるのではないでしょうか。

また、「海や自然が好き」、「子どもや孫に将来的な負担をかけたくない」といった理由で生前から希望する方もいます。

ほかにも、海洋散骨は宗教・宗派に縛られないため、希望通りのセレモニーを行えるというメリットもあります。たとえば、仏教における葬式ではお通夜・読経・出棺などの手順を踏んで進められますが、海洋散骨では儀式的な手順が必要ないため、希望を組み込んだ形式にとらわれない葬送セレモニーを執り行えます。

ご遺族や親しい方のみで故人を送り出す

てのひらに乗せた桜の花びら

シーセレモニーでは、クルーザーを一隻チャーターして行う「ファミリー散骨プラン」をご用意しています。貸切にすることで、ご遺族様や生前親しくしていたご友人などの少人数から葬送セレモニーが可能です。

「遺族だけで静かに故人を送りたい」、「故人が好きだった曲を流しながらクルージングしたい」など、散骨プランにご希望がありましたら、ファミリー散骨プランを検討してはいかがでしょうか。ご遺族様の想いや故人様のご意思に合わせ、柔軟に対応いたします。

選べるクルーザー

小型クルーザーSC-30

クルーザーは、8名様まで乗船可能な小型のものから70名様ほどが乗れる大型クルーザーまで豊富にご用意しています。

船の定員まででしたら何名様のご利用でも料金は変わりません。ご遺族様や親しい方々の皆様ご一緒に故人様をお見送りいただけます。10名様まででしたら、アットホームな雰囲気が演出できる小型クルーザーがおすすめです。

また、中型・大型のクルーザーでは、ビュッフェやバーベキューといったお食事のオプションが追加できます。海洋記念葬では親族一同が集まる機会でもありますので、ぜひ故人様の思い出話をしながらみなさんでお食事を楽しんでください。

クルーザーによって利用できる桟橋や散骨できる場所が異なりますので、コンシェルジュへご相談ください。ご遺族様のご希望に合わせてクルーザーをご提案いたします。

葬送セレモニーで花を捧げる

遺骨を東京湾に散骨する女性と見守る家族

ファミリー散骨には、故人様をお送りするため献酒や献花といったサービスが基本プランに含まれています。

また、ご遺族様が手紙を読み上げたり、故人様の好きだった音楽を流したりすることも可能です。献花や献酒を追加するオプションもあります。故人様の好きだった花をたくさん海面に浮かべて、在りし日の姿に思いを馳せるのも良いでしょう。

散骨の際に気を付けるマナー

川にある桟橋

散骨するにあたり、気を付けなければならないマナーがあります。ご遺骨はパウダー状に細かく粉骨し、水溶性の紙や袋に包んでから散骨します。ご遺骨をそのまま海へまいてしまうと、事件と勘違いされトラブルになる可能性があります。

また、献花する場合は花びらだけを海へまきます。花を包んであるビニールやセロファンは海へ流してはいけません。海へまいて良いものは自然に還るもののみです。

ほかにも、服装にもマナーがあります。貸切にしたクルーザーに乗船する場合であっても、乗船場には一般のお客様もいらっしゃいますので、喪服は避けてください。

散骨することができるエリア

夕焼けの海

故人様が海の中で安らかに眠れるよう、散骨は他人に迷惑のかからない場所で環境に配慮し行うことが大切です。

シーセレモニーでは、散骨場所を全国海洋散骨船協会が定める所定のエリアで行っています。東京の場合は羽田空港と東京ディズニーリゾートの沖合、横浜の場合は本牧ふ頭沖の海域です。

東京の散骨エリアマップ

※東京散骨エリア

横浜の散骨エリアマップ

※横浜散骨エリア

湘南エリアの散骨マップ

※湘南散骨エリア

開放感のある広々とした海域になりますので、故人様との思い出を懐かしみながら、ゆっくりとお別れの時間をお過ごしいただけます。

海洋散骨を実施された後も、故人様のご供養は続いていきます。ご遺骨を散骨した海域の緯度経度を正確に記した散骨証明書をお渡ししますので、散骨ポイントに何度でも訪れて故人様を弔うことが可能です。

故人様とご遺族様の希望をかなえる海洋記念葬

きれいな海と砂浜。そして快晴の空

貸切で行うファミリー散骨プランは、故人様やご遺族様のご希望を反映させやすいです。「自分たちらしい葬送セレモニーにしたい」とお考えでしたら、ぜひ一度ご相談ください。

シーセレモニーでは、ご予算やご希望を聞き、さまざまなプランのなかから最適なものをご提案させていただきます。

関連記事