内容詳細

お気持ちに寄り添った
自由な散骨を

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 海洋散骨ナビ
  4. 密葬とは? お葬式と一緒に考えておきたい知識
葬儀の段取り

密葬とは? お葬式と一緒に考えておきたい知識

従来、お葬式といえば、家族や親族はもちろん、故人と生前交流のあったさまざまな人を広く招く「一般葬」という形式で執り行うことが当たり前でした。

しかし、最近では家族や親族、友人といった親しい間柄の人たちだけの小規模なお葬式を執り行う方も増えています。小規模で執り行うお葬式には「家族葬」や「密葬」と呼ばれるものがあります。

どちらも似た形態のお葬式ですが、その違いがよくわからないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、密葬とはどのような葬儀なのか、家族葬との違いなど、詳しくご紹介します。

密葬とは

葬儀の段取り2

密葬とは、後日改めて本葬やお別れの会を行うことを前提として、家族や親族など親しい人たちだけで行う葬儀のことです。

たとえば、故人様が会社の社長や著名人など交際範囲が広い方の場合、お葬式を行うとお知らせや準備だけでも相当な時間がかかります。

また、多くの会葬者の対応にも追われ、故人様との最後のお別れがゆっくりできなくなってしまいます。そこで、日を改めて本葬やお別れの会を行うことを前提に、家族や親族だけで心おきなくゆっくりと行う葬儀が密葬です。

密葬と家族葬との違い

造花とフォトフレーム

密葬と同じように、家族や親族を中心とした少人数の葬儀形式に家族葬があげられます。

家族葬との大きな違いは、密葬は本葬やお別れの会を開催するに対して、家族葬では本葬やお別れ会を開催することはありません。

一般的な密葬の流れ

造花

ここでは一般的な密葬の流れをご紹介します。

1.ご逝去
亡くなったら葬儀会社へ連絡をして迎えに来てもらいます。

2.ご安置
自宅、または葬儀社や斎場の霊安施設に安置します。

3.通夜
僧侶に読経をお願いし、焼香で供養します。

4.葬儀・告別式
葬儀では、僧侶が故人に引導を渡し、戒名を授けます。家族は通夜と同じように、焼香で供養します。

5.火葬
火葬場で遺体を火葬します。

6.初七日法要
斎場や寺院に戻って初七日法要を執り行います。

7.お別れ会など
厳密な時期は決まっていませんが、落ち着いたらお別れ会を開催します。

密葬の費用相場

きれいなお花

密葬の費用は40~100万円が相場といわれています。

金額が大幅に異なるのは、葬儀の形式がさまざまであることが主な理由です。通夜や葬儀・告別式を省略して火葬のみを行う場合の費用は20~40万円、高くても50万円程度です。

密葬は近親者のみで葬儀を執り行った後に、本葬やお別れ会を実施しますので費用が高くなるケースもあります。

密葬と一緒に考えておきたい供養

お花

密葬のメリットは、ご遺族だけでゆっくりとお別れができることです。そして、その後の本葬やお別れの会の準備にも時間をかけられます。ご遺族様の負担をなるべく減らし、故人様の遺志や希望に沿ったお葬式を行いたいという方は密葬も選択肢のひとつです。

また、葬儀形式と同様に価値観や考え方の多様性に伴い、供養方法も変化しています。ご遺族の負担をなるべく減らし、故人様の遺志や希望に沿った供養方法として、海や川、山などに自然埋葬する自然葬を行う人も増えています。

海洋散骨に興味のある方はお気軽にシーセレモニーにご相談ください。経験豊富なスタッフが些細なご質問にも丁寧にお答えいたします。

関連記事