内容詳細

お気持ちに寄り添った
自由な散骨を

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 海洋散骨ナビ
  4. 故人の願いを叶える海洋散骨は穏やかな東京湾で
東京タワーや大きなビル群

故人の願いを叶える海洋散骨は穏やかな東京湾で

近年新しい供養の形として、海洋散骨が広まっています。
シーセレモニーでは、ご遺族様の手で散骨していただけるファミリー散骨プランをご提供しています。
今回は、海洋散骨とはどのようなものか、またプランの内容や東京にある乗船可能な桟橋をご紹介いたします。

海洋散骨がどのようなものか知っていますか?

日本ではご葬儀後、お墓に納骨するというのが一般的ですが、最近では海へ散骨する葬送も聞かれるようになりました。
「海や自然が好き」との理由や、墓守をする必要がなくご遺族様の将来の負担を軽くできることから、生前から希望される方も増えているようです。また、事情により特定のお墓を持たないご遺族様の要望で散骨を選ばれるケースもあります。

故人様の新たな旅立ちの日が、ご遺族様にとっても新しい記念日になってほしいという思いを込めて、シーセレモニーでは海洋散骨を「海洋記念葬」と呼んでいます。

シーセレモニーで行える海洋散骨

デッキに出て海を眺める人たち

シーセレモニーの海洋記念葬にはファミリー散骨と代理散骨の2つのプランをご用意しています。
ファミリー散骨プランは、クルーザーを1隻丸ごとチャーターしてご遺族様のみで葬送セレモニーを行えます。

乗船される人数やどのような内容にするかによって、最適なサイズのクルーザーを選ぶことが可能です。
クルーザーの定員まででしたら、何名様のご利用でも料金は変わりません。
また、故人様をお送りするために必要なサービスは基本プランに全て含まれているのでご安心ください。必要に応じて献花や献酒の追加やお食事のオプションが追加できます。

少人数でのファミリー散骨

少人数での散骨では、8名様でご利用できるアニー号をご用意しています。船内後方のメインフロアはソファータイプのボックスシートで、8名様でもゆったりと座っていただけます。

乗船場所は浜松町桟橋や日本橋桟橋など4か所ありますので、みなさまがご利用しやすい桟橋をご指定ください。アニー号のほかに、10名様まで乗船可能なクエスト号もございます。

10名様以上なら中型船での散骨プラン

10~20名様程度でのファミリー散骨では、ルナ・フェスタ号またはミッドブルー号が最適です。ルナ・フェスタ号は18名様まで乗船でき、船内の両サイドに設置したソファーやテーブルを囲んでみなさまでくつろいでいただけます。2階部分がオープンデッキになっており、東京湾の絶景を堪能できるのも魅力です。

ミッドブルー号は20名様まで乗船可能です。船内にはモニターやマイクも完備していますので、セレモニーイベントを行うこともできます。後方デッキにはボックスソファー席もあります。

食事を追加することも可能

中型・大型船であれば、船内でお食事を楽しんでいただけます。
メニューは、見た目の華やかさにこだわった「シェフおすすめビュッフェ」、シェフが乗船し温かい料理を提供する「アニバーサリービュッフェ」、専用のグリルを使った「本格船上BBQ」の3種類からお選びください。

東京湾の夕焼けや美しいレインボーブリッジといった絶景を眺めながらの食事は、忘れられない思い出となります。故人様の生前の思い出話をしながら、ゆったりとした時間をお過ごしください。

乗船できる桟橋のご紹介

橋の下にある桟橋

東京エリアでの散骨は、羽田空港と東京ディズニーリゾートの沖合を航海します。
東京で散骨する際に利用できる桟橋は5か所です。

―浜松町桟橋(CRIB桟橋)
シーセレモニー専用の乗船場所となっています。船体が低めのアニー号・クエスト号のみ利用可能です。

―朝潮小型船乗り場(勝どき)
都心部からアクセスしやすい桟橋です。黎明橋公園に隣接しているため、待ち合わせやタクシーの利用などでは黎明橋公園を目印にしていただくと良いでしょう。

―日本橋桟橋
日本橋駅や東京駅から徒歩で行ける桟橋で、観光地としても人気です。周辺の橋が低いため小型クルーザーのみご指定いただける桟橋です。

―越中島桟橋
越中島公園の中にあります。越中島や月島、門前仲町といったエリアからご利用の方におすすめです。

―お台場パレットタウン桟橋
パレットタウンからほど近く、散骨の前後に観光が楽しめます。中型・大型クルーザーのみ乗船でき、小型クルーザーでのご利用はできませんのでご注意ください。

プランはご希望に合わせてお選びください

夕日に照らされた海を進む船

乗船される人数やご予算、お食事が必要かどうかなど、ご希望に合わせて最適なファミリー散骨プランをご提案いたします。
クルーザーのサイズによっては指定できない桟橋もありますので、まずは経験豊富なコンシェルジュへご相談ください。心を込めて故人様の新たな旅立ちをサポートさせていただきます。

関連記事